エコキュートが故障?!お湯が出ない時などの対応と修理

エコキュートが故障?!お湯が出ない時などの対応と修理

エコキュートが故障して突然お湯が出なくなってしまった時の原因と対処方法や、お湯が貯まらない、お湯がぬるいなど、エコキュートのトラブルを徹底解説いたします。エコキュートが故障して、お風呂に入れない・シャワーが使えない方は必見の内容です。

94,640view

最終更新:

エコキュートが故障?!お湯が出ない時などの対応と修理

目次

エコキュートからお湯が出ない時の原因と対処方法

突然エコキュートからお湯が出なくなってしまう原因は、凍結、断水、水漏れ、貯湯タンクのお湯切れなど様々な可能性があります。ここではエコキュートからお湯が出ない原因の対処方法を、発生しやすい順番にご紹介していきます。

エコキュート配管の凍結により、お湯が出ない

まず、冬場にエコキュートからお湯が出なくなる原因として最も多いのが、エコキュート貯湯タンクの給水・給湯配管の凍結です。特に寒い地域に住んでいる方や冬場は、凍結によってお湯が出なくなることが多いです。

凍結してしまったエコキュート配管の解凍方法や凍結の予防策は、以下の通りです。

  • 給湯栓(お湯の蛇口)を少し開き、時間経過とともに解凍されるのを待つ。
  • 翌日の昼まで待つ。(気温が上がって自然解凍)
  • 凍っている配管の保温材が巻かれていない部分に、10~20度のぬるま湯をゆっくりかける。お湯が出たら配管にかかった水をタオル等で拭き取る。※タオル等を巻いてぬるま湯をかけるとより効果的です。熱湯をかけると配管が破裂する可能性があるので注意してください。

次にエコキュート配管の凍結予防についてですが、以下のような対策が効果的です。

  • フルオート機種に搭載されている、凍結防止運転機能を使用する。※浴槽の残り湯が循環口より10cm以上必要です。
  • リモコンの給湯温度を水にした状態で、給湯栓(お湯の蛇口)を開き、一分間に200cc程度の水を出し続ける。
  • 凍結防止ヒーターが設置されている場合は、プラグをコンセントに差し使用する。

凍結防止運転機能とは

凍結防止運転が備わったエコキュートは、自動で外気温を測定し、凍結のおそれがある場合は配管の中の水を循環させて凍結することを防ぎます。そのとき、浴槽の中に残り湯があれば、その残り湯を使って配管内を循環させますが、残り湯がない場合はポンプ内の水を少量つかって循環をおこない、凍結を防ぎます。ただし、機種やメーカーによっては凍結防止運転が備わっていない場合や、動作が異なる場合がございます。お使いのエコキュートに凍結防止運転ついているかどうかや、動作につきましては、説明書を参照するか、メーカーへお問い合せください。

お湯の使いすぎにより、タンクがお湯切れを起こしている

日中にお湯を使いすぎた場合、貯湯タンク内のお湯を使い切り、お湯が出なくなってしまう場合があります。この場合は、貯湯タンク内のお湯を沸きましする必要があります。

メーカー別!貯湯タンク湯切れ時の沸きまし方法

  • 三菱電機……リモコンの【満タン】ボタンを押す。
  • パナソニック……リモコンの【沸き増し】ボタンを押す。
  • 日立……リモコンの【沸き増し】または【タンク沸き増し】ボタンを押す。
  • ダイキン……リモコンの【沸き増し】ボタンを押す。
  • コロナ……リモコンの【タンク湯増し】または【沸増し】ボタンを押す。
  • 東芝……リモコンの【沸増し】ボタンを押し「少量/全量」いずれかを選択。

断水が発生している

地域で断水が発生している場合、お湯も水も出すことができません。地域の断水スケジュールを確認して、断水が終了するまで待ちましょう。

止水栓が閉まっている

止水栓が閉まっている場合、お湯も水も出すことができません。止水栓が開いているかどうか確認しましょう。

エコキュートの電源を入れてから一晩経過していない

エコキュートは夜間時間帯の安い電力でお湯を沸かす設定になっているのが一般的ですので、購入直後など電源を入れてから一晩経過していない場合は湯沸かしは行われていません。すぐにお湯を使用したい場合は、貯湯タンク湯切れ時の沸きまし方法をお試しください。

混合水栓が故障している

上記の原因どれにも当てはまらない場合、お使いの混合水栓が故障していてお湯が出ない場合も考えられます。混合水栓の調子が悪いと感じたら、水道業者へ点検・修理を依頼しましょう。

エコキュート自体が故障している

上記の原因どれにも当てはまらない場合は、エコキュートの故障が考えられますので、お使いのエコキュートメーカーへ点検・修理を依頼しましょう。

その他にもある!エコキュートの故障事例と修理方法

エコキュートから突然お湯が出なくなってしまう故障以外にも、エコキュートを使っていると様々な故障があります。実際にエコキュートを使っている方々が体験した故障事例と、どうやって解決したのかを見ていきましょう。

パナソニックエコキュートでエラーコードF40(吐出管サーミスター異常)が出た

突然リモコンに「F40」と表示され、ブレーカーをオン・オフしても数時間後にまた表示されてしまい、メーカーへ問い合せても明確な解答を得られませんでした。困ってエコキュート業者を呼んでみてもらうと、室外機コンプレッサーの温度を検知しているサーミスターの不具合により、コンプレッサーが高温であると誤認識して動作を停止してしまっているようでした。結果的には、2万円程度のサーミスター交換だけで済みましたが、場合によっては20万円以上かかる室外機自体の修理・交換をしなくてはなりませんでした。

今回のエラーコードF40(吐出管サーミスター異常)の内容

  1. 貯湯タンクからコンプレッサーへ貯湯・集熱指示が下る
  2. コンプレッサーの温度異常を室外機がタンクへ伝達
  3. 貯湯タンクの集熱動作が停止する
  4. 上記1~3の動きが5回程度くりかえされる
  5. エコキュート自体が動作を停止する

今回のエラーコードF40(吐出管サーミスター異常)の解決方法

  • コンプレッサーの温度検知を行っているサーミスターの交換

熱交換器配管の根詰まりによるエラー

水道水に鉄や砂などの不純物が混じって水質が悪いときに起こる症状です。特に水道水を山から引いている地域のご家庭で発生しやすいです。該当する地域にお住まいの方は、定期的に配管を掃除するようにしましょう。

湯はりが途中で止まらず浴槽からお湯があふれる

大家族だったり入浴剤を使用している家庭では、浴槽循環口が汚れやすく水位センサーが誤作動を起こすことがあります。誤作動を起こしてしまうと湯はりが自動で止まらない状態になってしまうので、心当たりのある方は浴槽循環口の清掃をこまめに行うようにしましょう。

足し湯をしても水しか出てこない

基盤の劣化が考えられます。初期の頃のエコキュートに多く見られる症状で、購入メーカーに問い合わせて修理してもらう必要があります。

エコキュートの故障発生率には寿命(耐用年数)が大きく関係

ご存知かもしれませんが、エコキュートの寿命(耐用年数)は10~15年と言われています。寿命である10年に近づけば近づくほど、故障するパーツが増えてくるのです。特に8年目以降は急に故障頻度が高くなるという話もあります。もちろん、こまめにメンテナンスをすることで寿命を伸ばせることも、覚えておいてください。

故障と間違えやすいエコキュートの事例

一見するとエコキュートの故障かな?と思うことでも、故障ではない場合があります。そんなエコキュートで故障と間違えやすい事例をまとめました。

貯湯タンクから水やお湯が漏れている・・・

炊き上げ運転中のエコキュートは、タンク内の膨張したお湯を常に排水しています。そのため、貯湯タンクから水やお湯がポタポタ漏れますが、故障ではありません。

ヒートポンプユニットから水が漏れている・・・

背面に空気熱交換器があるヒートポンプユニットは、低温になると外気との温度差によって結露水が発生し、ヒートポンプユニット下部から排水されますが、故障ではありません。

次ページでは、エコキュート主要メーカー別エラーコードの解説と対応方法についてご紹介していきます。

エコキュートが故障?!お湯が出ない時などの対応と修理

目次