エラー原因解明!三菱電機エコキュートの故障と対処・修理方法

三菱電機エコキュートの故障でお困りですか?お湯が出ない、お湯がたまらない、お湯が止まらない、沸き上げができない、水漏れ・湯漏れなどの代表的な故障から、貯湯タンクが湯切れした場合やエラーコード「c03」「c19」「c20」などの対処方法も詳しく解説。

66,171view

最終更新:

エラー原因解明!三菱電機エコキュートの故障と対処・修理方法

目次

三菱電機エコキュートからお湯が出ない

三菱電機エコキュートを使用中に突然お湯が出なくなってしまった場合、主に凍結やお湯の使いすぎなどの原因が考えられます。

三菱電機エコキュートからお湯が出ない場合の詳しい原因や対処方法については、こちらの記事をご覧ください。

三菱電機エコキュートでシャワーからお湯がでない

三菱電機エコキュートを使用中、シャワーからお湯が出なくなってしまった場合の対処方法についてご紹介します。

シャワー以外もお湯が出ていない場合

台所などシャワー以外からもお湯が出ていない場合、エコキュート側の凍結やお湯の使いすぎによる湯切れなどの原因が考えられます。詳しい原因や対処方法はこちらの記事をご覧ください。

シャワーのみお湯が出ない場合

シャワーのみお湯がでない場合は、次のような原因が考えられます。

エコキュートの設定温度が低い

シャワー(混合水栓)側の温度を高くしても、エコキュート側の設定温度以上には熱くなりません。一度、エコキュート側の設定温度を見直してみましょう。

水側の水圧が高い

混合水栓で水側の水圧が高すぎると、お湯の混じりが少なくなり冷たくなってしまう場合があります。水圧が高いと感じたら、水側の止水栓をすこし閉めるなどして調節しましょう。なお、止水栓はマイナスドライバーなどを使用し、右(時計回り)にまわすと閉めることができます。

サーモバブルやシャワーヘッドの故障

それ以外ですと、混合水栓内部のサーモバブルや、シャワーヘッドの故障などが考えられます。水道業者による点検・修理を検討しましょう。

三菱電機エコキュートでお風呂のお湯がたまらない

三菱電機エコキュートでお風呂のお湯が溜まらない・お湯張りができない場合の原因には、以下のようなことが考えられます。

そもそもエコキュートからお湯が出ない

三菱電機エコキュートでお風呂のお湯が溜まらない・お湯張りができない原因として、凍結や断水などの原因により、そもそもエコキュートからお湯が出ていない場合が考えられます。台所などからもお湯が出ない場合は、こちらの対処方法を参考にしてください。

お湯を使いすぎて貯湯タンクが湯切れを起こしている

三菱電機エコキュートを使用中にエラーコード「u04」「u05」と共に、お風呂のお湯が溜まらない・お湯張りできない場合は、貯湯タンクの湯切れが原因として考えられます。貯湯タンクが湯切れをしてしまった場合、以下の方法で貯湯タンク内のお湯を沸かしてください。

貯湯タンクが湯切れした時の対処方法

三菱電機エコキュートの貯湯タンクがお湯切れした場合や、普段よりも多めにお湯を使うことがわかっている場合は、リモコンの【満タン】ボタンを押して「満タンわき増し」を行うことで、お湯を沸き上げることができます。

また、その際は以下の点にも注意しましょう。

  • 「わき上げ休止」を設定中の場合、「わき上げ休止」を解除する。
  • 「節電モード」を設定中の場合、「節電モード」を解除する。
  • 「ピーク停止」を設定中の場合、「ピーク停止」を解除する。

なお、沸き上げ設定が「少なめ」「おまかせ」の場合で、湯切れが頻繁におこる場合、沸き上げ設定を「多め」にすることをオススメします。

三菱電機エコキュートで沸き上げができない

三菱電機エコキュートにて【満タン】ボタンを押して「満タンわき増し」を行おうとしても、沸き上げがすぐに止まってしまう場合や、夜間わき上げ設定をしているにも関わらず、朝になっても沸き上げが行われていない場合の原因と対処方法をご紹介します。

貯湯タンク内にお湯が十分にある

貯湯タンク内にお湯が十分にある場合に【満タン】ボタンを押して「満タンわき増し」を行っても、それ以上お湯を沸かす必要はありませんので、すぐに停止されます。

エコキュートから水漏れ・湯漏れしている

夜間わき上げ設定をしているにも関わらず、朝になっても沸き上げが行われていない場合、エコキュートから水漏れ・湯漏れが発生している可能性があります。(お湯を沸かしても外に漏れ出してしまうため、溜まっていない)

エコキュートからの水漏れ・湯漏れについては、次の項目で詳しく説明していますのでご覧ください。

三菱電機エコキュートが水漏れ・湯漏れしている

三菱電機エコキュートを使用中に水漏れ・湯漏れが発生してしまった場合の原因や確認方法・対処方法をご紹介します。

エラーコード「F08」(漏水検知)が表示される場合

三菱電機エコキュートのリモコンにエラーコード「F08」(漏水検知)が表示される場合、エコキュート内部の水漏れ・湯漏れを検知した合図ですので、三菱電機へ点検・修理を依頼する必要があります。

ヒートポンプと貯湯タンクを繋ぐ配管からの水漏れ・湯漏れも

エラーコード「F08」が出ていない場合でも、ヒートポンプ(エアコン室外機のような外観)と貯湯タンク(エコキュート本体である大きな箱)を繋いでいる配管が劣化などにより破損して水漏れが発生している場合があります。もし、配管などからの水漏れ・湯漏れを発見した場合は、三菱電機へ点検・修理を依頼する必要があります。

水漏れ・湯漏れしているかどうかの確認方法

水漏れ・湯漏れしているかどうかの確認として、水道の蛇口を閉じた状態で水道メーターのパイロット(銀色で丸い部品)が回っているかどうか確認してください。パイロットは水道メーターの中を水が流れているときに回転する部品ですので、パイロットが回っている場合は漏水していることになります。

三菱電機エコキュートのお湯が止まらない

三菱電機エコキュートで浴槽のお湯をためた際、お湯が止まらずに浴槽からあふれてしまう場合の原因と対処方法をご紹介します。

浴槽循環口(フィルター)や配管内部にゴミなどが詰まっている

浴槽循環口(フィルター)や浴槽の水量を検知する水位センサー本体付近、配管内部にゴミや入浴剤の汚れなどが詰まっている場合、エラーコード「u03」が表示される場合があります。これは、水位センサーが正常に水圧を検知できなくなり、お湯が設定水位どおりに溜まらず浴槽からあふれてしまう状態です。

エラーコード「u03」が表示される場合、以下の方法をお試しください。

浴槽内部や浴槽循環口(フィルター)を掃除する

浴槽の底から15cmほど上に設置されている浴槽循環口(フィルター)を掃除して、ゴミなどを取り除きましょう。

【洗浄】ボタンを押して配管内部を洗浄

浴槽リモコンの【洗浄】ボタンを数回押すことで、配管内部の汚れを注水洗浄することができます。※洗浄ボタンが無い機種も存在します。

ジャバなどの洗浄剤を使用して配管を洗浄する

ジャバなどの洗浄剤を使用して配管を洗浄することも有効です。

上記のいずれを試しても、お湯が止まらず浴槽からあふれてしまう現象が改善されない場合は、エコキュートの故障が考えられますので、三菱電機へ点検・修理を依頼する必要があります。

「c03」「c19」「c20」等のエラーコードが出て沸き上げできない(三菱電機エコキュート)

三菱電機エコキュートを使用中に「c03」「c19」「c20」「c21」「c27」「c30」といったエラーコードが表示され沸き上げができない場合、以下の原因と対処方法を試したあと、エラーの強制解除を行ってください。

ヒートポンプ配管の水抜き(空気抜き)が不充分

ヒートポンプ配管の水抜き(空気抜き)を行っていなかったり、不十分だったりする場合、沸き上げが正しく行われない場合があります。以下の記事を参考にして、ヒートポンプ配管のエア抜きを行ってください。

ヒートポンプ配管に水漏れ・つぶれ・つまりが発生している

ヒートポンプ配管に水漏れ・つぶれ・つまりが発生している場合は、三菱電機へ点検・修理を依頼する必要があります。

ヒートポンプ配管の流れが止水栓などによって阻害されている

止水栓が閉まっていたら開けます。その他、ヒートポンプ配管の流れを阻害している物があれば、取り除きます。

エコキュートのストレーナーが詰まっている

ヒートポンプユニット下部に取り付けられているストレーナー(フィルター)がゴミなどで詰まっている場合、水が正しく循環されず沸き上げが行われない場合があります。

エコキュートのストレーナー清掃方法

  1. 止水栓を右回しをして閉める
  2. 脚部カバーが装着されている場合、ネジを回して脚部カバーを外す
  3. エコキュート本体(貯湯タンク)の下部が見えたら、ストレーナー(出っ張っているつまみ)を左に回す(多少、水が出ます)
  4. ストレーナーが外れるので、水洗いなどで汚れを落とす
  5. ストレーナーを元の場所へ戻し、右回しで装着する
  6. 止水栓を左回しで開ける
  7. 脚部カバーを装着して元に戻す

※ご自身での清掃が不安な場合は、三菱電機へ点検依頼を行ってください。

貯湯タンクへ給水されていない

貯湯タンク下部にある「給水専用止水栓」が閉じていたり、断水していないか確認してください。もし「給水専用止水栓」が閉じている場合は開けてください。

冬場にはヒートポンプ配管の凍結も

沸き上げができない原因として、冬場にはヒートポンプ配管の凍結も考えられます。

凍結したヒートポンプ配管を解凍するには、以下の方法をお試しください。

  • 翌日の昼まで待つ。(気温が上がって自然解凍)
  • 給湯栓(お湯の蛇口)を少し開いて解凍するまで待つ。
  • 凍っている配管の保温材が巻かれていない部分に、10~20度のぬるま湯をゆっくりかける。お湯が出たら配管にかかった水をタオル等で拭き取る。

※タオル等を巻いてぬるま湯をかけるとより効果的です。熱湯をかけると配管が破裂する可能性があるので注意してください。

また、ヒートポンプ配管の凍結を防ぐためには、以下の方法があります。

  • 給湯栓(お湯の蛇口)を少し開いて糸引き状に水を出しておく。
  • 凍結防止ヒーターが設置されている場合は、プラグをコンセントに差し使用する。
  • 凍結予防運転を「入」にする。
    ※入浴後、お湯をアダプターの中心から10cm以上溜めて残してください。
    ※凍結予防運転は、追いだき保温機能が無い機種にはついていません。

以上を確認して原因を解消後、表示されているエラーコードを強制解除します。

三菱電機エコキュートのエラーコード強制解除方法

三菱電機エコキュートを使用中にエラーコードが表示された場合、

【給湯温度▼】ボタン(下げるボタン)+【時計合わせ】ボタン

を、同時に3秒以上長押しすることで、エラーを強制解除することができます。

なお、上記に挙げた原因にひとつも当てはまらない場合は、エコキュートの故障が考えられますので、三菱電機へ点検・修理を依頼しましょう。

「c24」のエラーコードが表示される(三菱電機エコキュート)

三菱電機エコキュートを使用中に、エラーコード「c24」が表示された場合、インバータ異常(制御回路異常)が考えられます。インバータ基板・ヒートポンプ基板の交換が必要になりますので、三菱電機へ点検・修理を依頼する必要があります。

「c26」のエラーコードが表示される(三菱電機エコキュート)

三菱電機エコキュートを使用中に、エラーコード「c26」が表示された場合、コンプレッサ・サイクル系異常が考えられます。インバータ基板・ヒートポンプ基板の交換が必要になりますので、三菱電機へ点検・修理を依頼する必要があります。

「E06」「E07」のエラーコードが表示される(三菱電機エコキュート)

三菱電機エコキュートのリモコンに「E06」「E07」など「E+数字2桁」のエラーコードが表示された場合は、エコキュートの故障が考えられます。給水配管専用止水栓を閉じて使用を中止し、三菱電機へ点検・修理を依頼する必要があります。

「p00」のエラーコードが表示され、ふろ給湯温度が調節できない(三菱電機エコキュート)

三菱電機エコキュートを使用中に、エラーコード「p00」「p10」「p11」が表示された場合、ふろ給湯用電動混合弁異常が原因でふろ給湯温度の調節ができなくなっている状態です。三菱電機へ点検・修理を依頼する必要があります。

「p01」のエラーコードが表示され、給湯温度が調節できない(三菱電機エコキュート)

三菱電機エコキュートを使用中に、エラーコード「p01」「p20」「p21」が表示された場合、給湯用電動混合弁異常が原因でシャワーや蛇口からの給湯温度を調節できなくなっている状態です。三菱電機へ点検・修理を依頼する必要があります。

「u00」のエラーコードが表示される(三菱電機エコキュート)

三菱電機エコキュートを使用中に、エラーコード「u00」(給水高温エラー)が表示される場合、以下の原因と対処方法があります。

  • ソーラー温水器で作成したお湯を使用している場合は、三菱電機または販売店(据付工事店)へ点検・修理をご依頼ください。
  • 夏場などに太陽熱で給水配管が温まった場合に一時的に表示される場合があります。しばらく蛇口からお湯を出すことで解消される場合があります。
  • 冬場に給水配管が凍結した場合にも表示されることがあります。配管が解凍されることでエラーは解除されます。
  • 断水している場合に表示されることがあります。断水が終了すればエラーは解除されます。

上記のいずれにも該当しない場合、エコキュートの故障が考えられますので、三菱電機へ点検・修理を依頼する必要があります。

三菱電機エコキュート故障時の点検・修理連絡先

三菱電機修理受付センター

電話番号:0120-56-8634(無料)
携帯電話・PHS:0570-01-8634(有料)
FAX:0570-03-8634(有料)
受付時間:365日24時間受付

エラー原因解明!三菱電機エコキュートの故障と対処・修理方法

目次