症状・メーカー別!ウォシュレット修理費用や自分で出来る対処法

「ウォシュレットが動かない」「水漏れ」「水が出ない」「温水が出ない(冷たい)」「ノズルが出てこない・戻らない」「水が止まらない」「便座が冷たい」「リモコンのボタンが反応しない」等、故障の症状別に修理費用の相場を紹介。メーカー別の修理費も。

876view

最終更新:

症状・メーカー別!ウォシュレット修理費用や自分で出来る対処法

目次

ウォシュレットが動かない時の修理費用

ウォシュレットが動かない場合、電装基盤や人感センサーの故障が考えられます。

電装基盤や人感センサーの修理費用の相場については、以下をご覧ください。また、設定の確認や掃除などを行うことで、症状を改善できる場合があります。

電装基盤の修理費用相場

15,250円~28,000円(税別)

メーカー別の修理費用

メーカー別のウォシュレット修理費は、以下のとおりです。

  • LIXIL「シャワートイレ」の修理費用:13,500円~39,000円
  • パナソニック「ビューティ・トワレ」の修理費用:17,000円
  • TOTO「ウォシュレット」の修理費用:要問合せ

※修理費用は目安です。(技術料・部品代・出張料含む)
※修理総額は実際の故障原因・修理箇所により異なります。
※修理費用は税抜き価格です。

>>メーカーへ修理依頼

>>修理して大丈夫?修理で損してしまう場合も…。

>>ウォシュレット故障中でもお尻を洗える「携帯ウォシュレット」

人感センサーの修理費用相場

15,570円~27,550円(税別)

メーカー別の修理費用

メーカー別のウォシュレット修理費は、以下のとおりです。

  • LIXIL「シャワートイレ」の修理費用:14,140円~38,100円
  • パナソニック「ビューティ・トワレ」の修理費用:17,000円
  • TOTO「ウォシュレット」の修理費用:要問合せ

※修理費用は目安です。(技術料・部品代・出張料含む)
※修理総額は実際の故障原因・修理箇所により異なります。
※修理費用は税抜き価格です。

>>メーカーへ修理依頼

>>修理して大丈夫?修理で損してしまう場合も…。

>>ウォシュレット故障中でもお尻を洗える「携帯ウォシュレット」

簡単なチェックで直ることも

ウォシュレットが動かない場合、機器の故障以外に

  • コンセントが抜けている
  • スイッチが入っていない
  • 便器にしっかりと設置されていない
  • ブレーカーが落ちている(停電)
  • 漏電保護プラグが作動している
  • 漏電しゃ断器が落ちている
  • リモコンの電源が切れている

といった原因が考えられます。設定や使い方を見直すことで、修理をしなくても解決するかもしれません。

ウォシュレットが動かない原因や対処法について、さらに詳しくは以下の記事をご覧ください。

ウォシュレットから水漏れする時の修理費用

ウォシュレットから水漏れする場合、温水タンク(給水フィルター付水抜栓)や洗浄バルブ(給水管や分岐金具)の故障が考えられます。

温水タンクや洗浄バルブの修理費用の相場については、以下をご覧ください。また、設定の確認や掃除などを行うことで、症状を改善できる場合があります。

温水タンクの修理費用相場

14,250円~24,000円(税別)

メーカー別の修理費用

メーカー別のウォシュレット修理費は、以下のとおりです。

  • LIXIL「シャワートイレ」の修理費用:13,500円~29,000円
  • パナソニック「ビューティ・トワレ」の修理費用:15,000円~19,000円
  • TOTO「ウォシュレット」の修理費用:要問合せ

※修理費用は目安です。(技術料・部品代・出張料含む)
※修理総額は実際の故障原因・修理箇所により異なります。
※修理費用は税抜き価格です。

>>メーカーへ修理依頼

>>修理して大丈夫?修理で損してしまう場合も…。

給水フィルター付水抜栓を交換する

水漏れが原因で床が濡れている場合、貯湯式ウォシュレットの貯水タンクに凍結防止として取り付けられている給水フィルター付水抜栓から、水が漏れている可能性があります。給水フィルター付水抜栓が劣化して水漏れが起こる場合は、給水フィルター付水抜栓を交換する必要があります。

給水フィルター付水抜栓の交換は、既設の部品をマイナスドライバーで左に回して緩めることで比較的に簡単に外すことができます。また、給水フィルター付水抜栓はメーカーに型番を伝えれば送ってもらうことができます。

洗浄バルブの修理費用相場

14,250円~24,000円(税別)

メーカー別の修理費用

メーカー別のウォシュレット修理費は、以下のとおりです。

  • LIXIL「シャワートイレ」の修理費用:13,500円~29,000円
  • パナソニック「ビューティ・トワレ」の修理費用:15,000円~19,000円
  • TOTO「ウォシュレット」の修理費用:要問合せ

※修理費用は目安です。(技術料・部品代・出張料含む)
※修理総額は実際の故障原因・修理箇所により異なります。
※修理費用は税抜き価格です。

>>メーカーへ修理依頼

>>修理して大丈夫?修理で損してしまう場合も…。

洗浄バルブ接続部のナットを締め直す

ウォシュレットの洗浄バルブ(給水管や分岐金具)から水漏れする場合は、洗浄バルブ接続部のナット(六角形で筒状のネジ)が緩んでいる可能性があります。モンキーレンチなどでナットを締め直せば水漏れが改善する場合があるので試してみましょう。

また、それでも水漏れが治らない場合は、給水管内部のパッキンが劣化している可能性があります。パッキンが劣化している場合は交換が必要になりますが、パッキンを交換するためには給水管をモンキーレンチで取り外す必要があり、素人には難しい作業になります。メーカーへ修理依頼をするのが確実でしょう。

ウォシュレットから水が出ない時の修理費用

ウォシュレットから水が出ない場合、人感センサーの故障が考えられます。

人感センサーの修理費用の相場については、以下をご覧ください。また、設定の確認や掃除などを行うことで、症状を改善できる場合があります。

人感センサーの修理費用相場

15,570円~27,550円(税別)

メーカー別の修理費用

メーカー別のウォシュレット修理費は、以下のとおりです。

  • LIXIL「シャワートイレ」の修理費用:14,140円~38,100円
  • パナソニック「ビューティ・トワレ」の修理費用:17,000円
  • TOTO「ウォシュレット」の修理費用:要問合せ

※修理費用は目安です。(技術料・部品代・出張料含む)
※修理総額は実際の故障原因・修理箇所により異なります。
※修理費用は税抜き価格です。

>>メーカーへ修理依頼

>>修理して大丈夫?修理で損してしまう場合も…。

>>ウォシュレット故障中でもお尻を洗える「携帯ウォシュレット」

人感センサーの掃除などで直ることも

ウォシュレットから水が出ない場合、

  • 人感センサーの掃除
  • 断水している
  • 水道の元栓が閉まっている
  • 寒い日に水圧が低めに設定されている
  • 水道の配管が凍結している
  • ノズルが汚れなどで詰まっている
  • ウォシュレットの給水フィルターが詰まっている

といった原因が考えられます。設定や使い方を見直すことで、修理をしなくても解決するかもしれません。

人感センサーの具体的な掃除方法や、設定などの確認方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

ウォシュレットから温水が出ない時の修理費用

ウォシュレットから温水が出ない場合、貯湯式ウォシュレットの場合は温水タンク、瞬間式ウォシュレットの場合はサーモスタットの故障が考えられます。

温水タンクやサーモスタットの修理費用の相場については、以下をご覧ください。また、設定の確認や掃除などを行うことで、症状を改善できる場合があります。

温水タンクの修理費用相場

16,250円~24,000円(税別)

メーカー別の修理費用

メーカー別のウォシュレット修理費は、以下のとおりです。

  • LIXIL「シャワートイレ」の修理費用:13,500円~29,000円
  • パナソニック「ビューティ・トワレ」の修理費用:19,000円
  • TOTO「ウォシュレット」の修理費用:要問合せ

※修理費用は目安です。(技術料・部品代・出張料含む)
※修理総額は実際の故障原因・修理箇所により異なります。
※修理費用は税抜き価格です。

>>メーカーへ修理依頼

>>修理して大丈夫?修理で損してしまう場合も…。

サーモスタットの修理費用相場

6,000円~20,000円(税別)

※修理費用は目安です。(技術料・部品代・出張料含む)
※修理総額は実際の故障原因・修理箇所により異なります。

>>メーカーへ修理依頼

>>修理して大丈夫?修理で損してしまう場合も…。

設定や使い方を見直すことで直ることも

ウォシュレットから温水が出ない場合、機器の故障以外に

  • 温水の温度設定が低温になっている
  • 温水を使い切った直後(貯湯式ウォシュレット)

といった原因が考えられます。設定や使い方を見直すことで、修理をしなくても解決するかもしれません。

ウォシュレットから温水が出ない原因や対処法について、さらに詳しくは以下の記事をご覧ください。

ノズルが出てこない・戻らない時の修理費用

ノズルが出てこない・戻らない場合、ノズルユニットの故障が考えられます。

ノズルユニットの修理費用の相場については、以下をご覧ください。また、設定の確認や掃除などを行うことで、症状を改善できる場合があります。

ノズルユニットの修理費用相場

13,475円~22,500円(税別)

メーカー別の修理費用

メーカー別のウォシュレット修理費は、以下のとおりです。

  • LIXIL「シャワートイレ」の修理費用:9,950円~28,000円
  • パナソニック「ビューティ・トワレ」の修理費用:17,000円
  • TOTO「ウォシュレット」の修理費用:要問合せ

※修理費用は目安です。(技術料・部品代・出張料含む)
※修理総額は実際の故障原因・修理箇所により異なります。
※修理費用は税抜き価格です。

>>メーカーへ修理依頼

>>修理して大丈夫?修理で損してしまう場合も…。

>>ウォシュレット故障中でもお尻を洗える「携帯ウォシュレット」

ノズル掃除で直ることも

ノズルが出てこなかったり戻らない場合、ノズルに汚れが詰まっている可能性があります。ノズルを掃除することで解消する場合があるので、修理依頼をする前に行ってみましょう。

ノズル掃除の詳しいやり方は、以下の記事をご覧ください。

ノズルから水が止まらない時の修理費用

ノズルから水が止まらない場合、メインバルブユニットの故障が考えられます。

メインバルブユニットの修理費用の相場については、以下をご覧ください。

メインバルブユニットの修理費用相場

13,640円~18,500円(税別)

メーカー別の修理費用

メーカー別のウォシュレット修理費は、以下のとおりです。

  • LIXIL「シャワートイレ」の修理費用:10,280円~20,000円
  • パナソニック「ビューティ・トワレ」の修理費用:17,000円
  • TOTO「ウォシュレット」の修理費用:要問合せ

※修理費用は目安です。(技術料・部品代・出張料含む)
※修理総額は実際の故障原因・修理箇所により異なります。
※修理費用は税抜き価格です。

>>メーカーへ修理依頼

>>修理して大丈夫?修理で損してしまう場合も…。

>>ウォシュレット故障中でもお尻を洗える「携帯ウォシュレット」

コンセントの抜き差しで直ることも

ウォシュレットのノズルから水が止まらない場合、修理依頼をする前に、一度ウォシュレットの電源プラグをコンセントから抜き、再度差し直してみてください。

このコンセント抜き出しを行うことで、症状が改善する場合があります。

自動お掃除機能などが働いているだけかも?

自動でノズル洗浄を行ってくれる「ノズルきれい」機能などが搭載されたウォシュレットを使用している場合、誰も使用していなくても定期的に自動で水が流れます。

そのため、ウォシュレットの機能をよく分かっていないと、「水が止まらない故障」だと勘違いしてしまうケースも存在します。

もし、「たまにノズルから水が勝手に出ている」程度のものであれば、ウォシュレットの機能が働いているだけの可能性があるので、説明書などを確認してみましょう。

ウォシュレットの便座が冷たい時の修理費用

ウォシュレットの便座が冷たい場合、便座の故障が考えられます。

便座の修理費用の相場については、以下をご覧ください。また、設定の確認や掃除などを行うことで、症状を改善できる場合があります。

便座の修理費用相場

17,000円~33,000円(税別)

メーカー別の修理費用

メーカー別のウォシュレット修理費は、以下のとおりです。

  • LIXIL「シャワートイレ」の修理費用:13,000円~45,000円
  • パナソニック「ビューティ・トワレ」の修理費用:21,000円
  • TOTO「ウォシュレット」の修理費用:要問合せ

※修理費用は目安です。(技術料・部品代・出張料含む)
※修理総額は実際の故障原因・修理箇所により異なります。
※修理費用は税抜き価格です。

>>メーカーへ修理依頼

>>修理して大丈夫?修理で損してしまう場合も…。

設定の見直しで直ることも

ウォシュレットの便座が冷たい場合、機器の故障以外に

  • 便座の温度設定がOFFになっている
  • 節電設定がONになっている
  • 着座センサーが汚れている
  • 便座に1時間以上座っている

といった原因が考えられます。設定や使い方を見直すことで、修理をしなくても解決するかもしれません。

ウォシュレットの便座が冷たい原因や対処法について、さらに詳しくは以下の記事をご覧ください。

リモコンを押しても反応しない時の修理費用

ウォシュレットのリモコンを押しても反応しない場合、リモコンの故障が考えられます。

リモコンの修理費用の相場については、以下をご覧ください。また、設定の確認や掃除などを行うことで、症状を改善できる場合があります。

リモコンの修理費用相場

13,450円~24,800円(税別)

メーカー別の修理費用

メーカー別のウォシュレット修理費は、以下のとおりです。

  • LIXIL「シャワートイレ」の修理費用:9,900円~32,600円
  • パナソニック「ビューティ・トワレ」の修理費用:17,000円
  • TOTO「ウォシュレット」の修理費用:要問合せ

※修理費用は目安です。(技術料・部品代・出張料含む)
※修理総額は実際の故障原因・修理箇所により異なります。
※修理費用は税抜き価格です。

>>メーカーへ修理依頼

>>修理して大丈夫?修理で損してしまう場合も…。

>>ウォシュレット故障中でもお尻を洗える「携帯ウォシュレット」

電池切れなどの確認で直ることも

ウォシュレットのリモコンを押しても反応しない場合、リモコンの故障以外に

  • 電池切れ
  • 送受信センサー部の汚れ

といった原因が考えられます。設定や使い方を見直すことで、修理をしなくても解決するかもしれません。

ウォシュレットのリモコンを押しても反応しない原因や対処法について、さらに詳しくは以下の記事をご覧ください。

新しいリモコンを購入して自分で設置することも可能

ウォシュレットの壁リモコンが故障してしまった場合、新しいリモコンを自分で購入し取り付けることも可能です。その際は、必ず使用中のウォシュレットに対応したリモコンかどうかご確認ください。

TOTOウォシュレット壁リモコン

TOTO

ウォシュレット壁リモコン

LIXILシャワートイレ壁リモコン

LIXIL

シャワートイレ壁リモコン

また、現在と同じリモコンを購入する場合、既に設置してあるハンガー(壁にネジ止めしてある土台)に、新しいリモコンをそのまま設置できると思いますが、現在とは違うリモコンを購入する場合は新しく取付作業が必要になる場合もあります。

自力での取付け方法については、以下の記事で詳しく解説していますので参考にしてください。

修理?買い替え?使用年数と修理金額で考える

寿命が近いウォシュレットは故障しやすい

ウォシュレットの寿命は、使用する環境によっても前後しますが、一般的に7~10年程度と言われています。ご使用中のウォシュレットが7年以上経過している場合は、動かないや水が出ないなどの故障が発生する確率が高まってしまいます。また、長く使用している間に溜まった汚れも、ウォシュレットが故障してしまう原因のひとつです。

7年以上使用したウォシュレットが故障してしまった場合、修理を依頼しても保証期間外のことがほとんどだと思いますので、有料修理になってしまいます。さらに寿命が近いため、一度修理してもすぐにまた故障してしまうリスクもあります。

寿命が近いウォシュレットは修理よりも買い替えがお得

ウォシュレットの寿命が近づいてきたら、買い替えを検討してみてはいかがでしょうか。安い機種では1万円代からありますし、思い切って機能が豊富な上位機種へ交換してみるのも良いかもしれません。「故障は買い替えへのサイン」と捉えることで、ウォシュレットが壊れても前向きに乗り越えられると思います。

ウォシュレットの買い替えをご検討の際は、こちらの記事を参考にしてください。


また、最近ではウォシュレット本体と工事費がセットになった「工事費込セット」も、インターネット通販で購入することができます。商品と工事を別々で手配する手間が省けるうえに、価格もお得になっているのでオススメです。

おすすめ基本工事費込みセットウォシュレット!

おすすめ基本工事費込みセットウォシュレット!

参考価格:23,500円(税込)~(2018年9月4日時点)

加入した保証によって変わる故障時の連絡先

ウォシュレット故障時の連絡先は、加入した保証によって変わります。

1年以内の故障で、故障内容がメーカーが定める保証の対象であれば無償で修理・交換してもらえますが、殆どの場合が1年以上経過した後の故障になると思います。購入から経過した年数と、加入した保証により連絡先が異なりますので下記を確認してみましょう。

ウォシュレット設置後、1年以内の故障の場合

保証対象であればメーカーに連絡することで修理・交換の対応をしてもらえます。

ウォシュレット設置後、2~10年以内の故障の場合

メーカー独自の延長保証、または販売店舗による無料・有料延長保証に加入している場合、メーカー延長保証の場合はメーカーへ、販売店による延長保証の場合はウォシュレットを購入した販売店に連絡しましょう。保証対象内であれば修理・交換の手配をしてもらえます。また、「延長保証は加入したけど、どれか分からない」という方はまずは購入したお店に問合せをすれば案内してもらえるはずです。

購入時延長保証に加入していない場合はメーカー保証期間が過ぎているため、故障内容に応じて修理費用が発生します。自力で解決できない故障の場合、メーカーへの連絡が必要になります。購入したメーカーを確認して、各メーカーの修理センターへ連絡しましょう。メーカーごとに受付時間が違うので注意が必要です。

>> 各メーカーの修理連絡先はコチラ

ウォシュレット設置後、10年以上の故障の場合

残念ながら延長保証に加入していたとしても保証期間が過ぎていますので、無償での修理・交換は出来ません。修理したい場合はメーカーに連絡することで案内はして頂けると思いますが、故障内容によっては10年前の修理部品は置いていない場合があり、寿命も近いため買い替えがオススメです。

ウォシュレットの買い替えをご検討の際は、こちらの記事を参考にしてください。


また、最近ではウォシュレット本体と工事費がセットになった「工事費込セット」も、インターネット通販で購入することができます。商品と工事を別々で手配する手間が省けるうえに、価格もお得になっているのでオススメです。

おすすめ基本工事費込みセットウォシュレット!

おすすめ基本工事費込みセットウォシュレット!

参考価格:23,500円(税込)~(2018年9月4日時点)

ウォシュレット主要メーカーの修理連絡先

損をしないために!修理連絡前の最終確認!

ウォシュレットの修理連絡前には、

  • 保証期間
  • 使用年数

の2つを必ず確認しておきましょう。

ウォシュレットの保証期間が過ぎていませんか?

保証期間は、ウォシュレットを無償修理してもらえる保証期間になります。ウォシュレットのメーカー保証は、どのメーカーも通常ですと1年保証ですが、延長保証に加入していれば最大10年間は無償で修理が可能です。

保証期間外で有料修理する場合、修理する部品によっては数万円以上かかってしまうこともあります。ウォシュレットの修理費用を抑えるためにも、延長保証に加入しているかどうかを必ず確認するようにしましょう。

ウォシュレットを10年以上お使いではないですか?

メーカーがウォシュレット部品を保有している期間は、製造打切後「6年」(TOTOの場合)です。そのため、7年以上使用しているウォシュレットは、修理しようと思っても部品が無くて修理できない場合があります。
このように古いウォシュレットで修理部品が無い場合は、新しいウォシュレットに買い替えるしかありません。

修理すると損する場合もある

上記で紹介したように、保証期間が過ぎてしまったウォシュレットや、7年以上使用して修理部品が無くなってしまったウォシュレットは、修理をすると逆に損してしまうこともあります。

また、ウォシュレットの寿命は7年~10年です。7年以上使用して故障してしまったウォシュレットは、修理しても再び故障してしまう可能性が高いでしょう。

以上のことから、使用年数が7年以上経過して故障したウォシュレットは、新しいウォシュレットに買い替えたほうが経済的でしょう。最近では、ウォシュレット取り付け工事費がセットになった「基本工事費込みセット」でも2万円台の商品も存在します。

ウォシュレットの買い替えをご検討の際は、こちらの記事を参考にしてください。


また、最近ではウォシュレット本体と工事費がセットになった「工事費込セット」も、インターネット通販で購入することができます。商品と工事を別々で手配する手間が省けるうえに、価格もお得になっているのでオススメです。

おすすめ基本工事費込みセットウォシュレット!

おすすめ基本工事費込みセットウォシュレット!

参考価格:23,500円(税込)~(2018年9月4日時点)

TOTO「ウォシュレット」の修理連絡先

  • 電話番号:0120-1010-05
  • 365日年中無休
  • 修理受付時間:8:00~19:00
  • 訪問修理時間:9:00~18:00
  • FAX番号:0120-1010-02
  • インターネットからの修理申し込みも可能です。

LIXIL(INAX)|シャワートイレの修理連絡先

  • 電話番号:0120-179-411
  • 365日年中無休
  • 修理受付時間:9:00~20:00

パナソニック「ビューティ・トワレ」の修理連絡先

  • 電話番号:0120-878-554
  • 修理受付時間(月~土):9:00~20:00
  • 修理受付時間(日・祝日・年末年始):9:00~17:30
  • インターネットからの修理申し込みも可能です。

ウォシュレット故障中でもお尻を洗える「携帯ウォシュレット」

なお、ウォシュレットが故障などで使用できない場合や、修理や買い替えまでに時間がかかる場合は、「携帯ウォシュレット」を使用してみてはいかがでしょうか?携帯ウォシュレットは持ち運びもできる小型のウォシュレットで、通常のウォシュレットと比べても負けないほどの水圧や洗い心地を実現しています。詳しくは、以下の記事をご覧ください。


症状・メーカー別!ウォシュレット修理費用や自分で出来る対処法

目次