携帯ウォシュレット・おしり洗浄器の人気おすすめ17選

最新のおすすめ携帯式ウォシュレット・おしり洗浄器を、電動式と手動式、加圧式、バネ式に分けて紹介。商品のおすすめポイントや注意点、スペック、口コミ・評判も掲載。TOTOやパナソニックのメーカー製品から、千円以内で買えるペットボトル接続式まであらゆる製品を網羅

116,908view

最終更新:

携帯ウォシュレット・おしり洗浄器の人気おすすめ17選

目次

携帯ウォシュレットってなに?

「携帯ウォシュレット」とは、カバンなどに入れて携帯できる持ち運び式のおしり洗浄器のことで、温水洗浄便座が設置されていない公衆トイレなどでも、おしりを洗うことができる機器のことです。

「携帯ウォシュレット」には、「携帯おしり洗浄器」「ハンディウォシュレット」「ポータブル型ウォシュレット」「持ち運びウォシュレット」「簡易ウォシュレット」「簡易ウォシュレット」など、さまざまな呼び方が存在しています。

携帯ウォシュレットの利用シーン

携帯ウォシュレットを利用する機会としては、以下の例が挙げられます。

温水洗浄便座が設置されていないトイレ

公衆トイレや会社のトイレなど、ウォシュレット(温水洗浄便座)が設置されていないトイレでは、携帯ウォシュレットが重宝します。また、賃貸物件などでトイレに温水洗浄便座の取り付け工事ができない場合にも有効です。

これまでウォシュレットが無くて不便をされてきた方は、携帯ウォシュレットを利用してみてはいかがでしょうか。

国内・海外への旅行時や出張時

旅行や出張、合宿などで国内や海外のホテルに泊まる際は、トイレにウォシュレットが設置されていない場合があります。こういったケースの場合も、携帯ウォシュレットがあれば快適に過ごせます。

特に海外へ行く場合は、ウォシュレットはほとんど普及していませんので、携帯ウォシュレットを持っていったほうが安心でしょう。

携帯ウォシュレットを海外へ持っていく時の注意点

海外への旅行や出張時に携帯ウォシュレットを持参する場合、飛行機に搭乗するときは必ず水は入れない状態で持っていきましょう。携帯ウォシュレットに水を入れたまま飛行機に乗ろうとすると、手荷物検査の液体制限により没収されてしまうこともあります。

また、海外では携帯ウォシュレット自体が珍しい機器なので、空港の係官に説明を求められたりする場合もあります。電池式の場合は、電池を外して持っていったほうが無難かもしれません。

なお、飛行機内で携帯ウォシュレットを使用したい場合は、水を入れない状態で機内へ持っていってから、トイレの水やお湯を入れて使用すると良いでしょう。使用後は、必ず水をすべて捨てておくようにしてください。

他にも、海外の水はほとんどがカルシウムやマグネシウムが多い硬水のため、携帯ウォシュレットに使用すると石灰などのミネラル分がタンク内に溜まってしまう場合があるので注意しましょう。海外で携帯ウォシュレットを使用する場合の水は、水道水ではなくミネラルウォーターを利用するほうが無難です。

山登りなどのアウトドア時

山登りなどのアウトドア時はトイレがなかったり簡素なトイレしかない場合も多くあると思います。そんなとき、携帯ウォシュレットを使用することで、用を足すときの苦労が大きく軽減されます。

赤ちゃんのおむつ替えやペットのおしり洗浄

携帯ウォシュレットは、赤ちゃんのおむつ替えでも活躍します。取れにくい赤ちゃんの排泄物も、携帯ウォシュレットなら簡単に洗い流せるので、デリケートな赤ちゃんの肌を清潔に保つことができます。

また、ペット(犬)の散歩中に持ち歩けば、ペットが排泄したときにすぐおしりを洗うこともできます。

介護のポータブルトイレ

介護でポータブルトイレ(部屋の中で用を足せるトイレ)を使用している場合、携帯ウォシュレットを使用することで、おしりの洗浄が簡単に行えます。

不特定多数の人が利用するトイレ

また、携帯ウォシュレットを利用する機会は、温水洗浄便座が無いトイレや海外旅行だけに限定されません。たとえば、公衆トイレや会社のトイレなど、不特定多数の人間が使用するようなトイレに設置されているウォシュレットを使用するのに抵抗を感じる人は、携帯ウォシュレットを持ち歩くのがオススメです。

防災用の備品

手動式携帯ウォシュレットであれば、電池が要らないため、防災用の備品としてストックしておくこともできます。災害時は、エコキュートなどの生活用水を携帯ウォシュレットに利用することで、おしりを清潔に保つことができます。

電動式携帯ウォシュレット

電動式携帯ウォシュレットは、電気の力で動く携帯ウォシュレットで、単3電池や単4電池、充電式などがあります。

電動式のメリットは水圧の強さ

電動式携帯ウォシュレットの最大のメリットは、「水圧の強さ」です。その水圧は、トイレに備え付ける通常ウォシュレット(温水洗浄便座)の水圧と比べても遜色ないと言ってもいいレベルで、部屋の中であれば天井まで届くほど。

もし水圧の強い携帯ウォシュレットをお探しであれば、電動式がオススメです。

電動式携帯ウォシュレットのメリット

  • 携帯ウォシュレットの中で、一番水圧が強い
  • 水が無くなるまで、一定の水圧と水量をキープできる
  • ボタンを押すだけで使用できるので、操作が簡単
  • 洗浄水の「強/弱」切り替えなど機能が豊富

電動式のデメリットは水を入れたまま携帯できないこと

デメリットは、水を入れたまま携帯することができないので、使用する直前に水を入れないといけない点です。そのため、公衆トイレや会社のトイレなどで使用するときは、水を入れているところを誰かに見られてしまう可能性があります。

しかし、空のペットボトルなどにあらかじめ水を入れて持ち歩けば、トイレの個室内でペットボトルから携帯ウォシュレットに水を入れることができるため、誰かに見られる心配がなくなります。

電動式携帯ウォシュレットのデメリット

  • 水を入れたまま持ち運びできない
  • 手動式等に比べると、価格が高い
  • 本体代とは別に電池代がかかる
  • 電池が切れると使用できない
  • 人によってはモーター音が気になる場合も
  • 手動式等に比べて少し重い

電動式の使い方

電動式携帯ウォシュレットの使い方は、以下の順序で行ってください。なお、TOTO「YEW350」、パナソニック「ハンディトワレDL-P300」以外の製品の使い方は、取扱説明書をご覧ください。

TOTO「YEW350」

  1. フタを開け、本体を引き出す
  2. 本体に水またはぬるま湯(40度まで)を入れる
  3. ノズルを引き出し、おしりに向ける
  4. ボタンを押して洗浄スタート

パナソニック「ハンディトワレDL-P300」

  1. 本体の少し回し、タンクを引き抜く
  2. タンクの給水線まで水またはぬるま湯(40度まで)を入れる
  3. 本体をタンクに戻し、ロックする
  4. ノズルを引き出し、前方または斜め後方から洗浄する

手動式携帯ウォシュレット

手動式携帯ウォシュレットは、水を入れたタンクを手で押し込むことで、ノズルから水を噴射させておしりを洗うことができます。

手動式のメリットはリーズナブルな価格

手動式携帯ウォシュレットのメリットは、価格がリーズナブルなことと、軽いので持ち運びしやすい点でしょう。

電動式であれば最低でも2,000円程度はかかりますが、手動式携帯ウォシュレットですと数百円から購入することができます。そのため、旅行などちょっとしたときにだけ使用したいときや、予備として購入したい場合にオススメです。

また、電動式は電池を入れたりモーターが内蔵してあるため、どうしても重くなってしまいますが、手動式携帯ウォシュレットはプラスチック製の容器だけなので軽く、畳むことでコンパクトにできるタイプもあるので、持ち運びしやすいのが特徴です。

手動式携帯ウォシュレットのメリット

  • 価格がリーズナブル
  • 電動式に比べて軽く持ち運びしやすい
  • 電池や充電が不要なので、いつでも使える
  • 常に水を入れて持ち運べるタイプも存在する
  • 構造が単純なので壊れにくく長持ちしやすい

手動式のデメリットは水圧の弱さ

手動式携帯ウォシュレットのデメリットは、電動式などと比べて「水圧が弱い」点でしょう。手で押し込んで水を出す手動式携帯ウォシュレットの水圧は、モーターで水を噴射する電動式や、空気の圧力を利用する加圧式などに比べると、どうしても劣ってしまいます。

また、押し込む際の本体タンク部分が硬い場合、手が疲れてしまうこともありますので、できるだけ本体タンクが柔らかいタイプの商品を選びましょう。

手動式携帯ウォシュレットのデメリット

  • 水圧が弱い
  • 使用中に手が疲れやすい
  • ワンタッチの電動式に比べると、使用が面倒
  • 慣れていないと、水が手にかかってしまうこともある
  • 劣化すると水漏れする危険がある

手動式の使い方

  1. ノズル一体型のフタを取り外す
  2. 本体タンクに水またぬるま湯(40度まで)を入れる
  3. フタを装着する
  4. 本体タンクを手で押し込んで水を出し、洗浄する

加圧式携帯ウォシュレット

加圧式携帯ウォシュレットは、手動で動かすタイプの携帯おしり洗浄器で、空気の圧力を利用して水を噴射させるタイプの電池不要携帯ウォシュレットです。

加圧式のメリットは水圧の強さ

加圧式携帯ウォシュレットのメリットは、手動式と比べて大幅に強くなった「水圧」の威力です。電源が不要なのはそのままに、手動式の欠点だった水圧の弱さを補っています。

加圧式携帯ウォシュレットのメリット

  • 電動式と同じくらい水圧が強い
  • 電動式と比べて価格が安い
  • 電動式に比べてコンパクトで持ち運びしやすい
  • 電池や充電が不要なので、いつでも使える
  • 水を入れたまま持ち運びできる
  • 構造が単純なので壊れにくく長持ちしやすい

加圧式のデメリットは使用前の手間

加圧式携帯ウォシュレットのデメリットは、使用前にポンプを上下し、加圧を行う必要があることです。そのため、他の携帯ウォシュレットに比べて、手間を感じるかもしれません。

加圧式携帯ウォシュレットのデメリット

  • 使用前にポンプを上下する必要があり、手間がかかる
  • タンクの容量が少ない(100ml)
  • 慣れていないと、水が手にかかってしまうこともある
  • 劣化すると水漏れする危険がある

加圧式の使い方

  1. 本体のタンクに水またはぬるま湯(40度まで)を入れる
  2. ポンプを20回ほど上下して加圧する(ポンプの加圧回数は、お好みの強さに調節可能)
  3. ボタンを押して洗浄水を噴射し、おしりを洗う

バネ式携帯ウォシュレット

バネ式携帯ウォシュレットは、手動で動かすタイプの携帯おしり洗浄器で、バネ(スプリング)の力を利用して水を噴射させるタイプの電池レス携帯ウォシュレットです。

バネ式のメリットは水圧の強さ

バネ式携帯ウォシュレットのメリットは、普通の手動式と比べて「水圧」の威力が強い点でしょう。また、電源不要のポータブルウォシュレットなので、「肝心なときに電池切れになって使えない」といった心配もありません。

バネ式携帯ウォシュレットのメリット

  • 普通の手動式に比べて水圧が強い
  • 電動式と比べて価格が安い
  • 電動式に比べてコンパクトで持ち運びしやすい
  • 電池や充電が不要なので、いつでも使える
  • 水を入れたまま持ち運びできる

バネ式のデメリットはバネの経年劣化

バネ式携帯ウォシュレットのデメリットは、水を押し出すバネの力が弱まってくる点です。同じ手動タイプの加圧式などに比べると、使用を開始した当初の水圧は強くても、使用回数を重ねるたびにネジが経年劣化し、だんだん水圧が弱くなってしまう、といったことが懸念されます。

バネ式携帯ウォシュレットのデメリット

  • 経年劣化でバネの力が弱まり、水圧が弱くなってしまう
  • 使用する前に本体を操作してバネを圧縮させる手間がある
  • 慣れていないと、水が手にかかってしまうこともある
  • 劣化すると水漏れする危険がある

バネ式の使い方

  1. ポンプダイアル(本体底面)を回してバネを圧縮させる
  2. タンクのフタを外して、水またはぬるま湯(40度まで)を注水する
  3. 洗浄スイッチをスライドさせ、バネを戻す
  4. ノズルから噴射する水でおしりを洗う

100均(ペットボトル)携帯ウォシュレット

100均(ペットボトル)携帯ウォシュレットは、100円均一ショップで購入できる携帯ウォシュレットで、ペットボトルに装着して使用するタイプの簡易ウォシュレットです。

100均タイプのメリットはコスパの良さ

100均タイプ携帯ウォシュレットのメリットは、なんと言っても価格の安さ、そして持ち運びの手軽さでしょう。価格は100円(+税)なので、予備としての購入やお試し購入もできますし、使い捨てとしても利用するのもオススメです。ペットボトルに装着しないときは、バッグの中に入れていてもスペースを取りませんし、邪魔になりません。

また、他の携帯おしり洗浄器の容量が多くても300ml程度なのに対して、500mlペットボトルに装着できる100均タイプの携帯ウォシュレットは、洗浄時に水をたっぷり使用できるという利点もあります。

100均(ペットボトル)タイプ携帯ウォシュレットのメリット

  • コスパ最高!
  • 圧倒的に価格が安い(100均ショップで購入した場合)
  • ペットボトルに装着していないときは、コンパクトで持ち運びしやすい
  • 洗浄時に使える水量が多い
  • 電池や充電が不要なので、いつでも使える

100均タイプのデメリットはペットボトルの携帯が必要なこと

100均タイプ携帯ウォシュレットのデメリットは、当然ながら空のペットボトルが無いと利用できないことと、水を押し出す原理は手で押し込む手動式と同じなので水圧にはあまり期待できない点です。

また、海外のペットボトルでは規格が合わずに使用できない場合もあるので、海外旅行で使用しようと思っている場合は、日本のペットボトルを持っていくのが良いでしょう。

100均(ペットボトル)タイプ携帯ウォシュレットのデメリット

  • 使用するために空のペットボトルが必要
  • 水圧が弱い
  • 海外のペットボトルでは使えない場合も
  • 使用中に手が疲れやすい
  • ワンタッチの電動式に比べると、使用が面倒
  • 慣れていないと、水が手にかかってしまうこともある

100均タイプの使い方

  1. 空のペットボトルに水を入れる(500ml推奨)
  2. 100均タイプの簡易ウォシュレットを装着する
  3. ノズルを引っ張りだす
  4. ペットボトルを握って洗浄水を出し、おしりを洗う

100均タイプのラインナップ

ペットボトル装着型 携帯用おしり洗浄具BotLLet

ペットボトル装着型 携帯用おしり洗浄具

BotLLet

電動式のおすすめ携帯ウォシュレット・おしり洗浄器

TOTO携帯ウォシュレット「YEW350」

まず初めにオススメしたい電動式のおすすめ携帯ウォシュレット・おしり洗浄器は、TOTO「YEW350」です。
そもそも、「携帯ウォシュレット」という言葉はTOTOが商標登録しているものなので、TOTO「YEW350」は携帯ウォシュレットの代名詞と言っても過言ではありません。

TOTO 携帯ウォシュレットYEW350

TOTO 携帯ウォシュレット

YEW350

おすすめポイント

TOTO携帯ウォシュレット「YEW350」のおすすめポイントですが、まずは「TOTOブランド」の確かな実績と信頼性です。ウォシュレットの先頭を走る企業ですから、携帯ウォシュレットも利用者のことを第一に考えて設計していることは言うまでもありません。

デザインはシンプルで持ちやすく、水圧は室内であれば天井に届くほど強力です。洗浄水の「強/弱」切り替えもワンタッチで行えるので手間いらず。ノズルから噴射する洗浄水の精度も高いので、慣れればすぐ狙った場所に飛ばせるでしょう。

ただし、濡れたまま袋に入れて持ち歩いていると、機器の内部が錆びて故障してしまうこともあるそうなので注意が必要です。故障予防のために、使用後は必ず本体に付いた水分を拭き取ったほうが良いでしょう。

電動式携帯ウォシュレットをはじめて購入する人でどの機種にしたらいいか迷っている場合や、とにかく使いやすい電動式携帯ウォシュレットを求めている人にオススメです。

また、次に紹介するパナソニック「ハンディトワレ」と比べると、TOTO「YEW350」のほうが容量が50ml多いため、「できるだけタンク容量は多いほうが助かる」という人にも向いています。

注意ポイント

  • 水を入れたまま持ち運びできない
  • 本体代とは別に電池代がかかる
  • 電池が切れると使用できない
  • 洗浄中にモーター音が鳴る
  • 手動式等に比べて少し重い

機能紹介

  • タイプ:電動式(単三電池1個)
  • タンク容量:約180ml
  • シャワー吐水量(毎秒):標準/約8ml、ソフト/約9ml
  • 吐水持続時間:約23秒
  • サイズ:W6.7×D29.8×H4.6cm(使用時)/W6.7×D13.0×H4.6cm(携帯時)
  • 重量:250g
  • 楽天最安値:税込5,940円(2022年7月9日時点)

口コミ・評判

20年来この機種を旅行のお供に使っていましたが、水漏れにより壊れたので購入しました。
給水ボトルが小さめですが、トイレのウォシュレットと同じような感じで使えます。ポーチと電池も付属していました。

出典元:楽天市場

パナソニック携帯おしり洗浄器「ハンディトワレ」

次にご紹介する電動式のおすすめ携帯ウォシュレット・おしり洗浄器は、パナソニック携帯おしり洗浄器「ハンディトワレ」です。
パナソニック「ハンディトワレ」は、TOTO「YEW350」と同じくらい有名で人気があります。

パナソニック 携帯おしり洗浄器ハンディトワレ DL-P300

パナソニック 携帯おしり洗浄器

ハンディトワレ DL-P300

おすすめポイント

パナソニック携帯おしり洗浄器「ハンディトワレ」のおすすめポイントは、なんといっても「パナソニック」ブランドの実績と安心感でしょう。温水洗浄便座メーカーとしてはTOTOに知名度で遅れをとるものの、その確かな技術力はTOTOに勝るとも劣りません。

パナソニック「ハンディトワレ」の独自機能といえるのが、ペットボトルと直結可能という点でしょう。ハンディトワレの本体部分をタンクから取り外し、ペットボトルのフタ部分に装着することで、ペットボトルから直接給水し吐水することが可能です。これにより、「水の容量が足りない」といった不満を解消することができます。

その他、ワンタッチで行える洗浄水の「強/弱」切り替えやコンパクト収納など、TOTOにも負けない高性能。デザインのカラーリングはTOTOよりも豊富で、全6色の中から選ぶことができます。

パナソニック「ハンディトワレ」は、電気式でもペットボトルから直接給水して水をたっぷり使いたい人や、携帯ウォシュレットの見た目にもこだわりたい人にオススメです。

注意ポイント

  • 水を入れたまま持ち運びできない
  • 本体代とは別に電池代がかかる
  • 電池が切れると使用できない
  • 洗浄中にモーター音が鳴る
  • 手動式等に比べて少し重い

機能紹介

  • タイプ:電動式
  • 電源:単4形アルカリ乾電池2個
  • タンク容量:約130ml
  • シャワー吐水量(毎秒):HI時/約5.8ml、LO時/約3.8ml
  • 吐水持続時間:約20秒
  • サイズ:高さ38×幅4.5×奥行4.5cm(使用時)/高さ15.4×幅4.5×奥行4.5cm(携帯時)
  • 重量:230g
  • 楽天最安値:税込6,633円(2022年7月9日時点)

口コミ・評判

ペットボトルに取り付けて使用することが出来るので購入しました。水の量を気にせずに使用できるので、とても便利です。付いている容器の量は、私には少し少ないと感じました。

出典元:楽天市場

Viaes(ビアエス)携帯おしり洗浄器

続いてご紹介する電動式のおすすめ携帯ウォシュレット・おしり洗浄器は、エコマルネットから発売されているViaes(ビアエス)携帯おしり洗浄器で、こちらもかなり人気のある商品です。

電動式携帯ウォシュレットViaes(ビアエス)

電動式携帯ウォシュレット

Viaes(ビアエス)

おすすめポイント

Viaes(ビアエス)携帯おしり洗浄器は、初期のモデルから改良が加えられた新モデルで、デザインが大幅チェンジされてオシャレになりました。カラーバリエーションも3種類あるので、選ぶ楽しみもありますね。

また、水の強さがちょうどいいのも特徴で、水圧が強すぎて洗浄水が手にかかってしまう心配もありません。そのため、使用中の水で携帯ウォシュレットが汚れることを心配している人にはオススメできます。

価格面も、TOTO・パナソニックの半額程度で購入することができるので、コストを抑えたい人にもオススメです。

注意ポイント

  • 水を入れたまま持ち運びできない
  • 本体代とは別に電池代がかかる
  • 電池が切れると使用できない
  • 洗浄中にモーター音が鳴る
  • 手動式等に比べて少し重い

機能紹介

  • タイプ:電動式
  • 電源:単4乾電池2本
  • タンク容量:140ml
  • シャワー吐水量(毎秒):標準/約3.4ml、ソフト/約2.5ml
  • サイズ:9.2x20x5.4cm
  • 重量:280g
  • 楽天最安値:税込3,380円(2022年7月9日時点)

口コミ・評判

引っ越したアパートにウォシュレットがないため購入しました。
もう少し安いものも検討しましたが、評価がよいこちらを勇気を出して購入してみましたが、結果大正解でした。
付属タンクの水量でも今のところ問題ないですが、ペットボトルにも接続することができるので、もの足りなくなったらペットボトルに接続して使おうと思っています。

出典元:楽天市場

TO LAFF 携帯シャワートイレ

TO LAFF 携帯シャワートイレも評判のある電動式のおすすめ携帯ウォシュレット・おしり洗浄器です。

電動式おしり洗浄器TO LAFF 携帯シャワートイレ

電動式おしり洗浄器

TO LAFF 携帯シャワートイレ

おすすめポイント

楕円形の手のひらサイズで、バックにも収納できるコンパクトサイズの携帯型のお尻洗浄器です。
重量も約200gと軽量で、カラーもホワイト・ピンク・グリーンの落ち着いた3色と、トイレ用品として気になることなく持ち運びができます。(専用袋付属)

洗浄モードは「強(40秒)」「弱(60秒)」の切替がワンプッシュで簡単に操作でき、海外や公衆トイレなど幅広い場所で対応可能。

注意ポイント

  • 水を入れたまま持ち運びできない
  • 本体代とは別に電池代がかかる
  • 電池が切れると使用できない
  • 洗浄中にモーター音が鳴る
  • 手動式等に比べて少し重い

機能紹介

  • タイプ:電動式
  • 電源:単4乾電池2本(別売)
  • タンク容量:140ml
  • 吐水持続時間:強モード40秒/弱モード60秒
  • サイズ:幅4.7×長さ15.6cm(携帯時)
  • 重量:約204g(本体のみ)
  • 楽天最安値:税込4,794円(2022年7月9日時点)

口コミ・評判

今、住んで居る古いアパートにはお便所と風呂が一緒でコンセントがなく、ウオシュレットが使えないので、この商品で本当に助かっています。今はこれがないとようが足せません。私はお水ではなく、ぬるま湯を入れて使用しています。強さも強弱出来て最高に気持ち良いし、水量も丁度いいです。一度、マイ洗浄器として使ってみて下さい。

出典元:Amazon.co.jp

富士商 電動式シャワーウォッシュ F9469

富士商 電動式シャワーウォッシュも長年販売されている人気の電動式のおすすめ携帯ウォシュレット・おしり洗浄器です。

富士商 電動式シャワーウォッシュF9469

富士商 電動式シャワーウォッシュ

F9469

おすすめポイント

バックにも収納できるコンパクトサイズの携帯型のお尻洗浄器です。「強」「弱」の切替があります。

価格はランキング内でも最安ランクとなっており、コスト重視の方におすすめです。

注意ポイント

  • 水を入れたまま持ち運びできない
  • 本体代とは別に電池代がかかる
  • 電池が切れると使用できない
  • 洗浄中にモーター音が鳴る
  • 手動式等に比べて少し重い

機能紹介

  • タイプ:電動式
  • 電源:単4乾電池2本(別売)
  • タンク容量:不明
  • サイズ:幅5×長さ16cm(携帯時)/幅5×長さ38cm(使用時)
  • 重量:約215g
  • 楽天最安値:税込2,350円(2022年7月9日時点)

口コミ・評判

お尻を拭く時間とトイレットペーパーの消費量が半分以下になりました。「L」を10秒以上使うより「H」を数秒間使う方が効率が良いです。

出典元:Amazon.co.jp

ドリテック ハンディシャワー PW-100WT

ドリテック ハンディシャワーPW-100WT

ドリテック ハンディシャワー

PW-100WT

おすすめポイント

急な災害時への備えや、公衆トイレなどで気になる方におすすめの、ハンドバッグなどに入れて持ち運べるコンパクトサイズです。

旅行用や介護のおむつ替えなど幅広く使用でき、水量は1回の洗浄に十分な140mlです。
すぐ使える電池付きで、携帯用の収納袋付きです。

価格も富士商 F9469と同様、ランキング内でも最安ランクとなっており、コスト重視の方におすすめです。

注意ポイント

  • 水を入れたまま持ち運びできない
  • 電池が切れると使用できない
  • 洗浄中にモーター音が鳴る
  • 手動式等に比べて少し重い

機能紹介

  • タイプ:電動式
  • 電源:単4乾電池2本(付属)
  • タンク容量:140ml
  • シャワー吐水量(毎秒):強/約3.5ml、弱/約2.0ml
  • 吐水持続時間:強・弱モード約60秒
  • サイズ:幅49×奥行49×長さ161mm(収納時)
  • 重量:約240g
  • 楽天最安値:税込2,519円(2022年7月9日時点)

口コミ・評判

商品はかなりしっかりとしていて、良い商品でした。水流もしっかりとしていて、使いやすく、水の補充ができるため何度も使用でき、大変便利な商品です。

出典元:楽天市場

ミヨシ 旅人専科 トラベルトイレシャワー MBK-TW02

ミヨシ 旅人専科 MBK-TW02MBK-TW02

ミヨシ 旅人専科 MBK-TW02

MBK-TW02

おすすめポイント

旅行先などの外出時はもちろん日常でのお手洗いのシーンで使用が可能で、介護・災害時などのいざというときにも便利です。

強・弱の切替が可能となっており、弱モード時は弱めの水流で約55秒間、やさしく洗浄します。騒音も65dB以下で消音使用となっており、公共の場所での使用を考えて最小の音での設計になっています。

価格も富士商 F9469、ドリテック PW-100WTと同様、ランキング内でも最安ランクとなっており、コスト重視の方におすすめです。

注意ポイント

  • 水を入れたまま持ち運びできない
  • 本体代とは別に電池代がかかる
  • 電池が切れると使用できない
  • 洗浄中にモーター音が鳴る
  • 手動式等に比べて少し重い

機能紹介

  • タイプ:電動式
  • 電源:単4乾電池2本(別売)
  • タンク容量:140ml
  • シャワー吐水量(毎秒):HIGH(強)/約5ml、LOW(弱)/約2.4ml
  • 吐水持続時間:HIGH(強)約25秒/LOW(弱)55秒
  • サイズ:幅4.7×長さ43.8cm(使用時)/幅4.7×長さ16cm(収納時)
  • 重量:約215g
  • 楽天最安値:税込2,190円(2022年7月9日時点)

口コミ・評判

この優れものは今や離せない必需品となっています。

出典元:楽天市場

【付属タンク式】手動式のおすすめ携帯ウォシュレット・おしり洗浄器

携帯おしり洗浄器「シュピューラーSP170」

次に紹介する手動式の携帯ウォシュレット・おしり洗浄器は、携帯おしり洗浄器「シュピューラーSP170」です。

シュピューラー 携帯おしり洗浄器SP170

シュピューラー 携帯おしり洗浄器

SP170

おすすめポイント

携帯おしり洗浄器「シュピューラーSP170」は、手動式携帯ウォシュレットの中で圧倒的な人気を誇っています。人気の秘密は、完全な日本製のため耐久性に優れていること(耐用年数5年)や、ボトルが握りやすく水圧を調整しやすい点です。

また、動かすための電源も不要なので、電動式のように「電池切れで動かなくなってしまった」という心配もありません。そのため、災害時の備えとして購入しておく人も多く居ます。

「海外製のよくわからない携帯ウォシュレットを買ったが、すぐに故障したり水漏れした」というような経験をお持ちの方は、しっかりと作られた「シュピューラーSP170」は特にオススメできます。

注意ポイント

  • 電動式に比べると水圧が弱い
  • 使用中に手が疲れやすい
  • ワンタッチの電動式に比べると、使用が面倒
  • 慣れていないと、水が手にかかってしまうこともある

機能紹介

  • タイプ:手動式
  • 容量:170ml
  • サイズ:直径4.5×14cm/ノズル長さ9.5cm
  • 重量:30g
  • 楽天最安値:税込1,600円(2022年7月9日時点)

口コミ・評判

仕事がら出先のトイレにウォシュレットが無い時(和式トイレとか)に備えて購入しました。買って良かったです。早速使う事が有り快適に使用出来ました。1回で使用するには十分な容量で水圧はボトルの握り具合で調節できるので問題なし。電池切れの心配も無いので安心です

出典元:楽天市場

レック「携帯用おしりウォッシュソフト」

手動式携帯ウォシュレットレック「携帯用おしりウォッシュソフト」

手動式携帯ウォシュレット

レック「携帯用おしりウォッシュソフト」

おすすめポイント

レック「携帯用おしりウォッシュソフト」は、シンプルな作りの手動式携帯ウォシュレットです。

容量180mlのタンクは柔らかい素材でできており、女性やご年配の方など、握力が弱い人でも押しやすく作られています。「手動式携帯ウォシュレットは使っている間に疲れてしまう」や「タンクが硬すぎて洗浄水があまり出ない」といった経験をしたことがある人には特にオススメです。

注意ポイント

  • 電動式に比べると水圧が弱い
  • ワンタッチの電動式に比べると、使用が面倒
  • 慣れていないと、水が手にかかってしまうこともある
  • 劣化すると水漏れする危険がある

機能紹介

  • タイプ:手動式
  • 容量:180ml
  • サイズ:6×4×15cm
  • 重量:50g
  • 楽天最安値:税込1,980円(2022年7月9日時点)

口コミ・評判

安いと言う事もありこの製品を使ってみました、なかなか良いですね、最初は狙いがうまくいかないけどすぐに慣れました、あとタンクがソフトになったので押すのがとても楽です。

出典元:Amazon.co.jp

携帯おしり洗浄器「シュピューラー常備用」

携帯おしり洗浄器シュピューラー常備用

携帯おしり洗浄器

シュピューラー常備用

おすすめポイント

携帯おしり洗浄器「シュピューラー常備用」は、手動式の初めにご紹介したシュピューラーSP170のタンクが丸いタイプで、シュピューラーSP170よりも水を出すときに握りやすく水の勢いが強いのが特徴です。タンク容量も200mlあり、1回分の使用に十分たえられるでしょう。

また、すべての部品が日本製のため、耐久性も抜群。毎日つかっても、5年間は劣化せずに使用できます(耐用年数5年)。長く使っていきたいと思っている人には、オススメの逸品です。

注意ポイント

  • 電動式に比べると水圧が弱い
  • 使用中に手が疲れやすい
  • ワンタッチの電動式に比べると、使用が面倒
  • 慣れていないと、水が手にかかってしまうこともある

機能紹介

  • タイプ:手動式
  • 容量:200ml
  • サイズ:直径6.5×12cm/ノズル10.5cm
  • 重量:118g
  • 楽天最安値:税込1,800円(2022年7月9日時点)

口コミ・評判

下痢や生理の時にスッキリします。ボトルに水またはぬるま湯を入れフタを閉めて棒をひっぱり上げて手で押すだけで水が出る。こんな原始的な使い方が気に入りました。注文時に心配だった水圧はピンポイントに当たっても痛くなくゆるくもなくちょうどいい水圧でした。

出典元:楽天市場

携帯用おしり洗浄機「ハンディウォッシュ スーパー」

携帯用おしり洗浄機ハンディウォッシュ スーパー

携帯用おしり洗浄機

ハンディウォッシュ スーパー

おすすめポイント

携帯用おしり洗浄機「ハンディウォッシュ スーパー」は、根強い人気のある手動式携帯ウォシュレットです。手に握りやすいような大きさに設計されています。

ノズルを差し込んで使うなど、扱いに慣れるまではすこし時間がかかるかもしれませんが、2,000円以下という価格を考えれば優秀な携帯ウォシュレットです。

注意ポイント

  • 電動式に比べると水圧が弱い
  • 使用中に手が疲れやすい
  • ワンタッチの電動式に比べると、使用が面倒
  • 慣れていないと、水が手にかかってしまうこともある
  • 劣化すると水漏れする危険がある

機能紹介

  • タイプ:手動式
  • 容量:150ml
  • サイズ:53×36×151mm
  • 重量:30g
  • 楽天最安値:税込1,480円(2022年7月9日時点)

口コミ・評判

当てたいところにちゃんと当たるし、ボトル部分も押しやすいし(というか、握る?)、軽くて便利。前に電池式のものを使っていましたが、あれは重かったのでこちらの方が持ち運びにいいです。

出典元:楽天市場

「すっきりエコウォッシュ」SV-4151

携帯おしり洗浄器すっきりエコウォッシュ SV-4151

携帯おしり洗浄器

すっきりエコウォッシュ SV-4151

おすすめポイント

「すっきりエコウォッシュ」SV-4151の特徴は、ノズルが長く自在に曲げるコツができる点と、握るタンクが柔らかい素材で握りやすいように凹凸が付いていることです。

注意ポイント

  • 電動式に比べると水圧が弱い
  • 使用中に手が疲れやすい
  • ワンタッチの電動式に比べると、使用が面倒
  • 慣れていないと、水が手にかかってしまうこともある

機能紹介

  • タイプ:手動式
  • 容量:180ml
  • サイズ:31.5 × 7.5 × 3.5cm
  • 重量:44g
  • 楽天最安値:税込1,750円(2022年7月9日時点)

口コミ・評判

安い物も売っていますが、固くて水を出すのがいまいちでした。
こちらの物は、良い感じの容器固さで使いやすいです。

出典元:楽天市場

TONELIFE 携帯用 お尻洗浄器 ファルウォッシュ

TONELIFE 携帯用 お尻洗浄器ファルウォッシュ

TONELIFE 携帯用 お尻洗浄器

ファルウォッシュ

おすすめポイント

TONELIFE 携帯用 お尻洗浄器 ファルウォッシュは、ノズルとボトルの2つの部品から構成されています。構造が単純で壊れにくく、メンテナンスも簡単です。タンク容量は450mlと、1回分の使用としては十分な容量が入ります。

注意ポイント

  • 電動式に比べると水圧が弱い
  • 使用中に手が疲れやすい
  • ワンタッチの電動式に比べると、使用が面倒
  • 慣れていないと、水が手にかかってしまうこともある

機能紹介

  • タイプ:手動式
  • 容量:450ml
  • サイズ:5.3 × 3.6 × 16cm
  • 重量:60g
  • アマゾン最安値:税込2,399円(2022年7月9日時点)

口コミ・評判

シンプルながら十分役立ちます。他の類似製品と比べた場合、こちらの製品はビデのようにやや広範囲に噴出します。どちらかと言えば女性向きではないかという印象を受けました。

出典元:Amazon

【ペットボトル接続式】手動式のおすすめ携帯ウォシュレット・おしり洗浄器

ファルウォッシュ ミニ 携帯シャワー WI-01

手動式の携帯ウォシュレット・おしり洗浄器としてまず紹介したい商品はファルウォッシュ ミニ 携帯シャワー WI-01です。

ファルウォッシュ ミニ携帯シャワーWI-01

ファルウォッシュ ミニ携帯シャワー

WI-01

おすすめポイント

こちらの手動式の携帯シャワー WI-01は、ペットボトルに取り付けて携帯お尻洗浄シャワーとして使えるノズルです。

約100ml~500mlの一般的なペットボトルに取り付けて、ペットボトルを握ることで水(お湯)が出ます。

ペットボトルに付けるだけのシンプル構造なため、故障することもなくいつでも、どこでも使うことができる点がメリットです。

注意ポイント

  • 電動式や加圧式等に比べると水圧が弱い
  • 使用するボトルの形状・硬さによって使いやすさが変わる
  • ボトルによっては水漏れする可能性がある
  • 慣れていないと、水が手にかかってしまうこともある

機能紹介

  • タイプ:手動式
  • 容量:取り付けるペットボトル次第
  • サイズ:直径3×10cm
  • 重量:80g
  • 楽天最安値:税込825円(2022年7月9日時点)

口コミ・評判

賃貸でウォシュレットが付いておらずほぼウォシュレットを使ったことがなかったのですが、ちょっと柔らかめのペットボトルだと押しやすく水圧も丁度良くて買って良かったなと思いました。耐久性もありそうで、このお値段でお値打ちです

出典元:楽天市場

BotLLet 携帯用おしり洗浄具

ペットボトル接続式 おしり洗浄器BotLLet 携帯用おしり洗浄具

ペットボトル接続式 おしり洗浄器

BotLLet 携帯用おしり洗浄具

おすすめポイント

BotLLetはペットボトルに付けるだけの、シンプルな携帯用お尻洗浄シャワー用のノズルです。

使用していない時は、ペットボトル内部にノズルを収納でき、水を入れたままでも蓋をしておくことができるため、携帯用としても利便性が高い点が特長です。

注意ポイント

  • 電動式や加圧式等に比べると水圧が弱い
  • 使用するボトルの形状・硬さによって使いやすさが変わる
  • ボトルによっては水漏れする可能性がある
  • 慣れていないと、水が手にかかってしまうこともある

機能紹介

  • タイプ:手動式
  • 容量:取り付けるペットボトル次第
  • サイズ:11.6 × 3 × 3 / 11cm(キャップ閉時)
  • 重量:13g
  • アマゾン最安値:税込660円(2022年7月9日時点)

口コミ・評判

3カ月間の海外出張に持っていきました。日本でウォシュレットを使っていると海外では設置がないので非常に快適でした。ただし海外のペットボトルが日本と規格が違い取付けが合わない場合があるので行く場所にもよりますが日本から空のペットボトルを持参した方が良いと思います。ちなみに私の出張先はメキシコで取付けが合わないため日本から空のペットボトルを持参しました。

出典元:楽天市場

【ピックアップ】加圧式のおすすめ携帯ウォシュレット・おしり洗浄器

加圧式携帯おしり洗浄機「シャワーウォッシュ」

手動式の携帯ウォシュレット・おしり洗浄器の番外編として、加圧式携帯おしり洗浄機「シャワーウォッシュ」をご紹介します。

加圧式携帯ウォシュレットシャワーウォッシュ

加圧式携帯ウォシュレット

シャワーウォッシュ

おすすめポイント

加圧式携帯おしり洗浄機「シャワーウォッシュ」は、空気の圧力で水を押し出す加圧式携帯ウォシュレットです。最大の特徴は電動式にも劣らない水圧。とにかく水圧の強い手動式ウォシュレットを求めている人にオススメです。

ただし、容量が100mlと少ないため、使用途中でペットボトルなどから水を補給する必要があるかもしれません。

注意ポイント

  • 使用前にポンプを上下する必要があり、手間がかかる
  • タンクの容量が少ない(100ml)
  • 慣れていないと、水が手にかかってしまうこともある
  • 劣化すると水漏れする危険がある

機能紹介

  • タイプ:加圧式
  • 容量:100ml
  • サイズ:32.5×5×5cm
  • 重量:160g
  • 楽天最安値:税込1,980円(2022年7月9日時点)

口コミ・評判

電池不要ってのが気に入り購入しました。数回使ってみましたが良好です。上手くフタを閉めないと加圧ポンプしてる時に水が漏れる可能性があります。
慣れれば上手く使えそうと思っています。使い終わった後ノズルを収納しようと押し込んだら水が出るので気をつけて下さい。

出典元:楽天市場

【ピックアップ】バネ式の携帯ウォシュレット・おしり洗浄器

携帯用トラベルトイレシャワー「MBK-TW01」

手動式携帯ウォシュレット・おしり洗浄器の番外編として、バネ式携帯ウォシュレットのトラベルトイレシャワー「MBK-TW01」をご紹介します。

携帯用トラベルトイレシャワーMBK-TW01

携帯用トラベルトイレシャワー

MBK-TW01

おすすめポイント

携帯用トラベルトイレシャワー「MBK-TW01」は、バネ式の携帯ウォシュレットです。バネ式携帯ウォシュレットは、普通の手動式と比べて水圧の威力が強いのがポイントです。そのため、手動式の中でも、できるだけ水圧が強い携帯ウォシュレットを求めている方にオススメできます。

ただし、使用していくうちにバネが劣化し、水圧が弱まったり壊れてしまうケースもあるようです。バネの寿命は使用頻度にもよりますが、毎日使用したとすると2ヶ月を目安と考えたほうが良いでしょう。

注意ポイント

  • 使用を重ねると経年劣化でバネの力が弱まり、水圧が弱くなってしまう
  • 使用する前に本体を操作してバネを圧縮させる手間がある
  • 慣れていないと、水が手にかかってしまうこともある
  • 劣化すると水漏れする危険がある

機能紹介

  • タイプ:バネ式
  • 容量:140ml
  • サイズ:6×13.5×5cm
  • 重量:150g
  • 楽天最安値:税込2,838円(2022年7月9日時点)

口コミ・評判

海外のホテルはウォシュレットがほとんどないのでお尻のために購入しました。使用については最初は戸惑うましたが、慣れると最高です。ケースもついて軽いので国内旅行でも持参したいと思います。お勧めの商品です。

出典元:楽天市場

携帯ウォシュレットは意外と汚れにくい!

携帯ウォシュレットは汚れる?

自分の手で持ち狙いを定める必要がある携帯ウォシュレットは、一見すると跳ね返りの水などで汚れやすそうですが、実際に使用するときは角度をつけるため、跳ね返りの水がかかることは少ないと言えます。

それでも、慣れないときは携帯ウォシュレット本体や手に汚水がかかってしまうこともあるかもしれません。携帯ウォシュレットが汚れてしまったら、トイレの水道などですぐに本体の外側を水洗いすることで、軽度の汚れなら綺麗にすることができるでしょう。また、人目が気になって水道を使いにくい場合は、除菌シートなどで携帯ウォシュレット本体を拭くだけでも問題ありません。

使用を繰り返すうちに蓄積されていった汚れについては、落ちにくい場合もありますので、以下を参考に掃除をしてみてください。携帯ウォシュレットは、定期的なお手入れをすることで、ずっと清潔に使用し続けることができます。

TOTO携帯ウォシュレット「YEW350」のお手入れ方法

TOTO携帯ウォシュレット「YEW350」のお手入れ方法は、以下の手順を参考に行ってください。

  1. 本体についた汚れなどは、水で濡らしたタオルや雑巾をよく絞り拭き取る
  2. 汚れがひどい場合は、適量に薄めた台所用洗剤をタオルや雑巾に含ませ、拭き取る
    ※トイレ用洗剤やベンジン、クレンザーなどを使用すると本体が痛むので使用不可。
  3. タンク内部の汚れは、水道水または飲用可能な水で洗浄する
  4. 本体底面のストレーナー(フィルター)が汚れた場合は、歯ブラシなどで掃除する
    ※洗浄水量が足りないときは、ストレーナーが詰まっている可能性があります。
  5. ノズルカバーの隙間が汚れた場合、歯ブラシなどで洗浄する
    ※本体を痛めるため、ノズルカバーは外さないでください。

パナソニック携帯おしり洗浄器「ハンディトワレ」のお手入れ方法

パナソニック携帯おしり洗浄器「ハンディトワレDL-P300」のお手入れ方法は、以下の手順を参考に行ってください。

  1. ハンディトワレ本体の汚れは、固く絞ったタオルや雑巾で水拭きする
    ※洗剤やシンナー、ベンジン、その他薬品は、本体が割れる恐れがあるため使用不可。
    ※本体は防水ではないため、水洗いはできません。
  2. 本体パッキン部分の汚れやゴミを拭き取る
    ※水漏れする場合は、販売店に相談してパッキン交換をしてください。
  3. 水道水または飲用可能な水で、タンク内部を洗浄する
    ※洗剤薬品や熱湯は故障の原因となるので使用しないでください。
  4. 本体底面のストレーナー(フィルター)が汚れた場合は、歯ブラシなどで掃除する
    ※洗浄水量が足りないときは、ストレーナーが詰まっている可能性があります。
  5. ノズルが目詰まりしている場合は、ノズルを取り外して洗浄する

手動式ウォシュレットのお手入れ方法

手動式ウォシュレットのお手入れ方法は、以下の手順を参考に行ってください。

  1. ノズルがついたキャップ部分を、タンクから取り外す
  2. 水道水または飲用可能な水で、タンク内部を洗浄する
  3. ノズルが目詰まりしていたり汚れている場合は、水道水で洗浄する

加圧式ウォシュレットのお手入れ方法

加圧式ウォシュレットのお手入れ方法は、以下の手順を参考に行ってください。

  1. 本体の汚れは、固く絞ったタオルや雑巾で水拭きする
  2. タンク内部の汚れは、説明書を見て分解できそうであれば分解し、水道水で洗浄する
  3. ノズルが目詰まりしていたり汚れている場合は、ウォシュレットティッシュや歯ブラシでノズル部分を洗浄する

バネ式ウォシュレットのお手入れ方法

バネ式ウォシュレットのお手入れ方法は、以下の手順を参考に行ってください。

  1. 本体の汚れは、固く絞ったタオルや雑巾で水拭きする
  2. タンク内部の汚れは、説明書を見て分解できそうであれば分解し、水道水で洗浄する
  3. ノズルが目詰まりしていたり汚れている場合は、ウォシュレットティッシュや歯ブラシでノズル部分を洗浄する

100均(ペットボトル)携帯ウォシュレットのお手入れ方法

100円均一ショップで購入することができる、ペットボトルに装着するタイプの携帯ウォシュレットのお手入れ方法は、以下の手順を参考に行ってください。

  1. ペットボトルから本体を取り外す
  2. ノズルなどが汚れている場合、水道水などで洗浄する