アラウーノL150のメリット・デメリット!口コミや価格相場も

パナソニックのタンクレストイレの頂点に立つ「アラウーノL150」の特徴やメリット・デメリット、最新機能から口コミ、リフォーム料金の相場まで徹底紹介!「アラウーノS160」との比較や排水の種類、アラウーノ専用手洗い「連動水栓」についても解説!

1,552view

最終更新:

アラウーノL150のメリット・デメリット!口コミや価格相場も

目次

アラウーノL150の特徴

先進機能が満載の最上位モデルのタンクレストイレ

アラウーノL150は、パナソニックの先進機能を数多く搭載したアラウーノシリーズの頂点に立つタンクレストイレです。泡で汚れを掃除する機能のほかにも、除菌・脱臭など下位モデルには搭載されていない最新機能を備えています。

2種類の泡とパワフル水流で便器がいつもキレイ

毎日の掃除を楽にする2種類の泡も特徴のひとつです。先に大きな泡(ミリバブル)で汚れを落とし、残った汚れを小さな泡(マイクロバブル)で除去します。便器内を勢いよく旋回しながら洗浄するスパイラル水流との相乗効果で、便器のキレイが長持ちします。

除菌や脱臭も全自動

便器内に除菌効果のある「オゾンウォーター」を自動散布して汚れの原因菌を抑制したり、独自技術「ナノイーⅩ」を放出しての脱臭やカビ菌・ウイルスを抑制したりといった機能が搭載されています。家電メーカーらしいこうした機能もアラウーノL150の特徴です。

カラーは全部で11種類

下位モデルはホワイトのみですが、アラウーノL150は便ふたカラーがホワイトのほかに10種類用意されています。ご家庭のトイレ空間の雰囲気に合わせてコーディネイトできるのも特徴です。

尿の飛び跳ねなどを抑える新構造

水面に現れる泡や、新構造「トリプル汚れガード」を採用したことにより、尿の飛び散りや垂れ、漏れといった汚れから便器や床、壁などを守ります。

スマートフォンでさらに快適&便利に

Wi-Fi経由でスマートフォンアプリと連携できるのもアラウーノL150の特徴です。最大4人まで、洗浄設定などをお好みに設定したりお手入れや電池交換の適切な時期などを通知してくれたりなど、より快適で便利に使うための機能を利用できます。

アラウーノL150のメリット

尿の飛び跳ね防止とスキマレス設計で掃除が楽々

泡と新構造による「トリプル汚れガード」、汚れが入り込みやすい隙間をなくした「スキマレス設計」に加え、便器のフチ裏をひとふきできる形状にしたことで、日々の掃除が楽になります。

便器掃除が楽になりキレイな状態も長続きする

便器には汚れが付着しにくく水垢も固着しにくい「スゴピカ素材(有機ガラス系)」を採用しています。2種類の泡とパワフル水流によるお掃除だけでなく、便器そのものに汚れが付きにくい点もアラウーノL150のメリットです。

オゾンウォーターとナノイーXで除菌・消臭

除菌効果のある「オゾンウォーター」を、便器内の輪染みが気になる水際部分やノズルに自動散布します。オゾンウォーターは水から作られ、時間が経つと水に戻るため薬品などは使用しません。

同じく水から生まれて水に戻る小さなイオン「ナノイーⅩ」が便器本体から放出され、壁などに付着したニオイを脱臭したり、汚れの元となるカビ菌やウイルスなどを抑制します。衛生面が気になるトイレを安心して使えるのも、アラウーノL150のメリットです。

豊富な便ふたカラーが空間をオシャレに演出

便ふたカラーはホワイトのほか10種類あり、いずれもくつろぎの空間にふさわしいカラーラインアップとなっています。ワンランク上の上質なトイレ空間を演出できる点は、アラウーノシリーズの中でもL150だけのメリットです。

便座や便ふたに触れず快適に使える

トイレに入ってから手を洗うまで、便ふたや便座に触れることなく快適に使うことができます。アラウーノ専用手洗い「連動水栓」にすれば、手を洗う際も蛇口に触れずに済みます。手や便器に付着しているさまざまな菌が気になるご家庭には、まさにおすすめです。

アームレストは後付けもできる

アラウーノL150にはオプションで、立ち上がりを楽にするアームレストが取り付けられます。便ふたに合わせやすいよう、ホワイトのほか人工皮革を採用した上質な4色が用意されています。後付けが可能なため、購入後に必要になった場合でも安心です。

低水圧に対応している

タンクレストイレは水道水をそのまま洗浄に使用するため、水圧が低い場所(高台の戸建てやマンションの上層階など)には設置できないことがあります。しかし低水圧対応のアラウーノL150なら、他社のタンク式トイレと同じ最低水圧0.05MPa(流動時)でしっかり洗浄できます。

※アラウーノ専用手洗い「連動水栓」を設置する場合は流動時の最低水圧0.1MPa以上が必要です。
※条件により流動時の最低水圧が0.05MPaでも設置できない場合があります。

タンク式ではないため連続使用ができる

アラウーノL150は水道水で便器を洗浄するため、タンクに貯まるまで待つ必要がありません。朝の忙しい時間帯なども連続使用できる点は、特に家族で暮らすご家庭にとってメリットになるでしょう。

停電時や断水時でも排水ができる

一般的なタンクレストイレは電気で水を流すため、停電時に使用できないことがあります。しかしアラウーノL150は、停電時や断水時でもスイッチ操作(乾電池が必要)や手動ハンドルで排水できます。断水している場合は、排水後にバケツなどで便器に給水する必要があります。

アラウーノL150のデメリット

価格が高い

アラウーノシリーズの最上位モデルであるL150は「アラウーノS160」「NewアラウーノV」といった下位モデルと比べて価格が高い点がデメリットです。

好きな便座を選べない

アラウーノL150には「タイプ0」「タイプ1」「タイプ2」というグレードが用意されていますが、いずれも便器と便座が一体型のタンクレストイレです。組み合わせトイレと違い、好きな便座を選ぶことはできません。

便座だけの交換ができない

上述のように便器と便座が一体型のため、便座のみを交換するといったことができません。仮に便座が故障した場合は修理(部品交換)となります。

なお電気部分の保証期間は、メーカーの通常保証が1年、有償で延長する場合は最長10年です。この期間を過ぎて修理費用が高額になる場合や、メーカーの部品保有期間(製造中止後7年)が過ぎている場合などは、トイレを丸ごと交換しなければならないことがあります。

手洗器がついていない

アラウーノL150はタンクがありませんので、手洗器も付いていません。既存の手洗器をそのまま使用するか、ないときは新たに設置する必要があります。なおリフォームであれば、工期が短く済み費用も抑えられるアラウーノ専用手洗い「連動水栓」もあります。

アラウーノL150とS160の違い

便器の形状

「アラウーノL150」も「アラウーノS160」も、便器の形状やサイズはほとんど同じです。フチ裏を拭きやすくした「ひとふき形状」や、尿の飛び散りなどを防ぐ「トリプル汚れガード」といった構造も同じです。

節水性

  • アラウーノS160:大5.0L/小3.6L
  • アラウーノL150:大4.8L/小3.6L

洗浄水量は「大」でややアラウーノL150のほうが節水性に優れています。なおハネガードを使用する場合は、どちらもプラス約0.9Lになります。

機能

  • オゾンウォーター
  • ナノイーⅩ
  • LED間接照明
  • 自然な流水音
  • ノズル位置調節
  • 温風乾燥
  • 速暖便座

上記は、アラウーノL150のみの機能です。「激落ちバブル」「トリプル汚れガード」「スゴピカ素材(有機ガラス系)」などはどちらにも搭載されています。ただしアラウーノL150でもグレードによっては備わっていない機能があります。詳しくはこちらでご確認ください。

またおしりの洗浄方式も、アラウーノL150が「瞬間湯わかし式」なのに対し、アラウーノS160は「貯湯式」という違いがあります。

ノズルから出る水を瞬時に温めるのが瞬間湯わかり式で、湯切れしないため連続使用ができます。一方、温水タンクに貯めた水をヒーターで温めるのが貯湯式です。タンクの容量を超えると湯切れして水に変わります。

カラーバリエーション

  • アラウーノS160:ホワイトのみ
  • アラウーノL150:便ふたはホワイトほか10種類

いずれも本体はホワイトですが、アラウーノL150は便ふたの色を11種類から選ぶことができます。

アラウーノL150の評判・口コミ

フタが自動で開く機能など、要らないかなと思っていましたが使ってみると便利
照明も付いていてトイレに入るのが楽しくなります。トイレにいる時間が好きな自分には最適な商品でした。

引用元:楽天みんなのレビュー

蓋の開け閉め・水の流しから自動判別し全て自動になるので手が汚れず楽です。
また掃除の回数も格段に減りますので購入をして良かったです。

引用元:楽天みんなのレビュー

機能的にとても満足の商品です。食器用洗剤を入れるだけで泡洗浄されるので、衛生的にトイレが保たれます。トイレスタンプ等なくても、トイレの匂いも全く気になりません。トイレ掃除の回数も激減できて、快適です!

引用元:楽天みんなのレビュー

アラウーノL150の機能

オート洗浄・クローズ洗浄モード

「オート洗浄」は、便座に座って用を足して立ち上がると自動で洗浄水が流れる機能です。「クローズ洗浄モード(出荷時は切)」を設定すると、便ふたを閉じたあとに洗浄水が流れます。汚水の飛び散りなどが気になる方にもおすすめの機能です。

※オート洗浄は着座した場合のみに作動します。また着座時間10〜50秒の場合は小洗浄をおこないます。
※クローズ洗浄モードの設定中に立って用を足した場合「洗浄ボタン」を押すと便ふたが閉まり水が流れます。

オゾンウォーター

トイレを退室してから約3分後に、輪染みが気になる水際や衛生面が気になるノズルなどへ除菌効果のあるオゾン水を自動散布する機能です。オゾン水は水道水から作られ、時間が経つと水に戻ります。薬品なども使用しません。

※タイプ0・1に搭載された機能です。
※毎回ではなく1日3回程度散布する機能です。6~8時間に1回、定期的に散布といった「しっかりモード」に切り替えることもできます。

ナノイーⅩ

トイレから退室後1回あたり最大60分、便器本体からナノイーⅩを自動放出する機能です。ナノイーⅩには壁などに付着したニオイを脱臭する効果や、トイレ内のカビ菌・ウイルスなどを抑制する効果があるとされています。

※タイプ0に搭載された機能です。

激落ちバブル

流すたびに泡で便器を洗浄する機能です。ミリバブル(直径約5mm)の泡で大きな汚れを落とし、マイクロバブル(直径約60μm)の泡で残った汚れを除去します。洗浄後は、便器をキレイに保つため3時間程度泡が残ります。

※市販の台所用中性洗剤を使用します。使用量の目安は約3カ月で約250mlです。
※泡が残る時間は使用する洗剤によって異なる場合があります。
※自動便器洗浄かつ泡が出る設定にしている場合は大・小に関わらず泡が出ます。

トリプル汚れガード

ハネガード

ボタン操作などで便座を上げると、水位が下がって水面全体に泡が出てきます。これにより、男性が立って小用を足すときの尿の飛び跳ねを抑えます。

タレガード

便器前方の外側のフチを約3mm立ち上げる新構造を採用しています。これにより、尿が便器のフチを伝って外へ垂れてしまうのを抑えます。

モレガード

便座内側のフチを便器内に入り込むような形に仕上げた新構造です。男性が座って用を足したとき、便座と便器の隙間に尿が漏れてしまうのを防ぎます。

スゴピカ素材(有機ガラス系)

便器には、水族館の水槽や航空機の窓などにも使われている、有機ガラス系の素材を使用しています。ぬめりや黒ずみの原因となる水垢が固着するのを防ぐ素材で、細かい傷がつきにくい、割れやヒビに強い、ブラシを使って掃除できるといった特徴があります。

スキマレス設計

便座と便器の合わせ目の凹凸を減らし、汚れが入り込みやすい便座周りの隙間や掃除がしづらかった便器のフチ裏をなくした「スキマレス設計」を採用しています。これにより、従来の陶器製便器と比べて掃除がしやすくなりました。

ターントラップ方式

優れた節水性を実現したパナソニック独自の排水方式です。便器内を勢いよく旋回する洗浄水を排水せずに溜めて、最後に一気に排出することで少ない水量でもしっかり汚れを落とします。

停電対応

停電が発生しても、ボタン操作や手動ハンドルを使うことで排水できる仕様になっています。ボタン操作には乾電池が必要ですが、その電池は本体内に保管できるため、急な停電でも慌てずに対応できます。

コーディネイト

ホワイトほか10種類の色が用意された上質な風合いの便ふた、肌触りがよい人工皮革を用いた4色のアームレスト、ホワイトとブラックのシンプルなスティックリモコン(オプション)など、トイレ空間のコーディネイトを楽しむことができます。

アラウーノアプリ

  • お好み設定(4人まで)
  • エネルギーモニタ
  • お手入れモニタ
  • 採便モード(超低水圧)
  • お通じモニタ
  • みまもりモニタ

アラウーノアプリをインストールし、Wi-Fi設定を完了させるとこれらの機能が使えるようになります。洗浄の強さといったお好み設定、フィルターやノズルのお手入れ時期の通知、洗剤補充のお知らせ、電気や水道の使用量のチェックなど便利な機能が利用できます。

アラウーノL150共通機能

  • スゴピカ素材(有機ガラス系)
  • ひとふき形状
  • 水位調節
  • ターントラップ方式
  • 激落ちバブル
  • パワフル水流(スパイラル水流)
  • トリプル汚れガード(ハネガード 便座連動)
  • スキマレス設計(便器の継ぎ目、便座周囲)
  • アラウーノアプリ対応
  • オート洗浄
  • クローズ洗浄モード
  • 低水圧対応
  • 停電対応(電池/手動)
  • 便ふたカラー
  • アームレスト
  • アラウーノ専用手洗い「連動水栓」対応

グレード別機能

タイプ0

  • オゾンウォーター
  • ナノイーⅩ
  • LED間接照明
  • 流水音

タイプ1

  • オゾンウォーター
  • LED間接照明

アラウーノL150のリモコンは2タイプ

アプリ対応あり(電波式)

フラットリモコン

標準的な壁リモコンです。タイプ1・2は同じリモコンで、タイプ0のみ、ムーブボタンの代わりに温風乾燥ボタンが付いています。色はホワイト1色です。

スティックリモコン(オプション)

コンパクトでスタイリッシュなスティックタイプのリモコンです。ホワイトとブラックが用意されており、同じくボタンがタイプ1・2とタイプ0で異なります。

アプリ対応なし(赤外線式)

フラットリモコン

天板の角にリモコン発信部が付いている以外は、アプリ対応ありと同じタイプの壁リモコンです。こちらもタイプ1・2とタイプ0でボタンが異なります。カラーはホワイトのみです。なおアプリ対応なしはスティックリモコンが選べません。

アラウーノL150は便座だけを交換できる?

一体型のため市販の温水洗浄便座には交換できない

アラウーノL150は便器と便座が一体型のタンクレストイレです。このため、市販の温水洗浄便座に交換することはできません。万が一故障した場合は、基本的に部品交換などの修理対応になります。

アラウーノL150の排水の種類

床排水の対応排水芯

  • 標準タイプ(120・200mm)
  • リフォームタイプ(305〜470mm)
  • マルチタイプ(120・200・305〜470mm)
  • リフォームダイレクトタイプ(305〜510mm)

アラウーノL150の床排水はこれらに対応しています。なお排水芯121〜199mm、201〜304mm、471mm以上(リフォームタイプ)、511mm以上(リフォームダイレクトタイプ)の場合は便器を前に出して施工する必要があります。

壁排水の対応排水芯

  • 壁排水タイプ(120・155mm)

アラウーノL150の壁排水はこちらに対応しています。

床排水と壁排水の違いと見分け方

床排水は、便器本体から床に排水管が伸びているため、目で確認できません。マンションなど集合住宅や、一戸建てに見られる排水方式です。一方壁排水は、便器の後ろから壁に排水管が伸びているため目でも確認できます。こちらは公団住宅や、一部マンションなどに見られる排水方式です。

排水芯と測り方

  • 床排水:便器後方の壁から排水管の中心までの距離
  • 壁排水:床から排水管の中心までの高さ

排水芯はこの方法で調べることができます。

アラウーノは品番で排水位置(排水芯)を特定できない

Eアラウーノシリーズは、品番で排水位置(排水芯)を特定することができません。便器を前に出して施工していたり、標準タイプの便器にリフォーム用アジャスターを取り付けたりしているケースがあるためです。排水芯がわからないときは便器を取り外して計測する必要があります。

アラウーノL150の洗浄水量は「大4.8L/小3.6L」

従来製品と比較した場合の節水効果

アラウーノL150の洗浄水量は「大4.8L/小3.6L」です。1990年頃のサイホンゼット式便器(CH43)が大小ともに13Lのため、約1/3の水量で済みます。水道代に換算すると、年間約14,100円の節約が見込めます。

※試算条件:年間使用日数365日、男性2人・女性2人の4人家族、1人1日大1回・小3回、水道代税込265円/立方メートル、消費税10%で計算

ハネガードを使用した場合は+約0.9L

ハネガードを使う場合は上記に約0.9Lがプラスされます。1990年頃のサイホンゼット式便器と比べて、水道代は年間約13,500円(オゾンウォーターのふつうモードを併用した場合は年間約13,300円)の節約が期待できます。

※試算条件:大4回・小6回・ハネガード6回、オゾンウォーター1日3回で計算
※泡洗浄後3時間以内であれば約0.9Lは使用しません

アラウーノL150は手洗いなし

アラウーノL150はタンクがありませんので、手洗器もありません。いまお使いの手洗器をそのまま使い続けるか、新しく設置する必要があります。リフォームを検討中の方は、工期が短く費用も抑えられるアラウーノ専用手洗い「連動水栓」も検討してみてはいかがでしょうか?

アラウーノ専用手洗い「連動水栓」との組み合わせが可能

手洗器がない、あるいはアラウーノS160に交換するタイミングで手洗器も新しくしたいという場合は、アラウーノ専用手洗い「連動水栓」を選ぶこともできます。

工期が短く手動水栓と同価格で工事費用も抑えられる

既設の給排水管をそのまま利用できるほか、電源工事も不要なためスピーディーに取り付けできます。手動水栓と同じ価格というのも魅力的です。

便器を洗浄すると手洗器の水が自動で流れるため、蛇口に触れずに手を洗うことができます(手動にも切り替えられます)。吐水時間は7秒・25秒・35秒から選べますので、石けんを付けて洗うことも可能です。

棚と収納スペースが一体の「キャビネットタイプ」、手洗器だけの「背面タイプ」「コーナータイプ」、棚付きの「カウンタータイプ」があり、お好みやスペースに合わせて選べる点も特徴です。

ただしアラウーノ専用手洗いを取り付ける際は、最低水圧0.1MPa以上(流動時)が必要になるため、水圧を事前に確認しておくことが大切です。

アラウーノL150のカラーは11種類

  • ホワイト
  • 沙金(サキン)※
  • 銅(アカガネ)※
  • ウッドボーダー※
  • 銀嶺(ギンレイ)※
  • フレンチオリーブ※
  • エボニー※
  • 紅殻色(ベンガライロ)
  • 海松色(ミルイロ)
  • 江戸鼠(エドネズ)
  • ミッドナイトブルー

※は表面が立体的な加工になっています。

アラウーノL150の便ふたは上記11種類です。ただしラインアップの変更などで生産が終了した場合、ホワイトまたはその時点で販売中の色から選ぶことになります。

アラウーノL150の本体寸法

  • 幅:383mm(628mm)
  • 奥行:700mm
  • 高さ:540mm(667mm)

※カッコ内はアームレスト取り付け時の寸法です。

アラウーノL150の工事費込みリフォーム料金の相場

料金は、商品(トイレ)+設置工事費の総額費用(消費税込み)の相場です。

  • タイプ0(床排水):245,000〜270,000円程度
  • タイプ0(壁排水):255,000〜281,000円程度
  • タイプ1(床排水):220,000〜253,000円程度
  • タイプ1(壁排水):240,000〜263,000円程度
  • タイプ2(床排水):205,000〜237,000円程度
  • タイプ2(壁排水):221,000〜247,000円程度

目安ですが、アラウーノL150の工事費込みの価格相場はこのようになります。床排水よりも壁排水のほうが若干、高くなる傾向があります。またグレードのほか、アプリ対応あり/なしで価格が変わる場合もあります。

なお工事を依頼する際は、費用に取り付けだけでなく既存の便器の取り外しや処分費用も含まれているかどうか、確認しておくことをおすすめします。