交換する時期は今!電気温水器の買い替え費用とポイント

電気温水器を交換する時期や目安となる症状、費用を紹介。圧倒的にお得なエコキュートへの買い替えをオススメする理由や、オススメ機種、設置時の注意点も解説。電気温水器へ取り替える場合のポイントを、給湯タイプ、形状、マイコン有無などから説明。

27,389view

最終更新:

交換する時期は今!電気温水器の買い替え費用とポイント

目次

電気温水器の交換・買い替え時期の目安

買い替え・交換の目安となる電気温水器の寿命

買い替え・交換の目安となる電気温水器の寿命ですが、一般的に15年程度、長くても20年程度とされています。ただしメンテナンス頻度によっても寿命は変わりますので、メンテナンスを怠っていれば10年程度で壊れてしまう場合もあります。

もし電気温水器を15年以上つかっているのであれば、故障が発生する前に交換・買い替えを検討してみてはいかがでしょうか。

買い替え・交換の目安となる電気温水器の症状

電気温水器を使っていて、以下のような症状が発生した場合、故障が考えられますので電気温水器を買い替え・交換することをオススメします。

  • 頻繁に不具合があり、その度に修理を依頼している
  • 電気温水器からお湯が出なくなる
  • 貯湯タンクが腐食し、水漏れを起こす
  • 翌朝になってもお湯が沸いていない
  • お湯が設定温度よりぬるい、あつい
  • お湯に錆びや異物が混じっている
  • シャワーのお湯が出にくい

なお、上記症状でも本当は故障ではなく、適切な対処で解決する場合もあります。
電気温水器の故障について詳しくはこちらの記事をご覧ください。

今は電気温水器からエコキュートに交換するのがオススメ!

エコキュートとは?

エコキュートとは、電気温水器と同様にガスを使わず電気の力のみでお湯を沸かすことができオール電化住宅で使用されている給湯設備です。エコキュートとの違う点は、電気温水器よりも効率よくお湯を沸かせる点です。

エコキュートについて更に詳しい内容は、こちらの記事をご覧ください。

電気温水器とエコキュートの違い

まず見た目の機器の違いとして、電気温水器がお湯を沸かし溜める「タンク」のみなのに対し、エコキュートは「タンク」と、エアコンの室外機のような「ヒートポンプ」がセットになります。

電気温水器が電気の力を使って水を温めて「タンク」にお湯を貯めるのに対して、エコキュートは「ヒートポンプ」を使用してお湯を沸かし「タンク」にお湯を貯めます。
エコキュートは「ヒートポンプ」を使うことで大気の熱を利用してお湯を沸かすことが出来るため、電気のみを使ってお湯を沸かす電気温水器よりも少ない電力でお湯を沸かす事が出来ます。

消費電力3分の1!エコキュートは電気温水器よりもお得!

大気の熱を使ってお湯を沸かすエコキュートは、電気温水器にくらべて格段に効率がよく、消費電力が約3分の1程度で済みます。それによって、月々の電気代も大幅に節約することが可能ですので、電気温水器からエコキュートに買い替えする家庭が増えています。

電気温水器に比べて機能も豊富

エコキュートは電気温水器にくらべて機種も豊富で、メーカーや機種ごとに様々な機能を備えているため、選ぶうえでの楽しさもあります。たとえばマイクロバブルという泡を出して快適な入浴や配管清掃をサポートしてくれる機種や、水道直圧給水によって高い水圧を実現した機種もあります。
電気温水器をこれから交換しようと思っているなら、エコキュートへ買い替えたほうが経済的にもお得で、入浴の質もあげてくれるでしょう。

各メーカーのエコキュート比較は、こちらの記事をご覧ください。

電気温水器からエコキュートへの買い替え・交換に必要な工事と費用

エコキュートへの買い替え・交換に必要な工事内容

  1. 既存温水器撤去
    現在設置されている電気温水器を取り外し、撤去します。
  2. エコキュート設置工事
    新たにエコキュートを設置します。
  3. 配管工事
    エコキュート用の配管へ変更します。
  4. 運搬・処分作業
    旧い電気温水器を運搬し、処分します。
  5. 電気工事
    エコキュートへ切り替える為の電気工事です。分電盤を交換する場合もあります。

電気温水器からエコキュートへの買い替え・交換に必要な工事内容についての詳細は、こちらの記事をご覧ください。

エコキュートへの買い替え・交換に必要な費用の目安

取替工事費 10~15万円程度
(工事内容は上記参照)
エコキュート本体費用 20~35万円程度
(機種によって異なる)
電力会社申請費用 2~4万円程度
総額 30~55万円程度

※電力会社申請費とは、電力会社への申請および契約変更手続きにかかる費用です。
※上記金額はあくまでも目安です。設置されている電気温水器の種類や設置状況によっては、工事費が異なる場合があります。

エコキュートへの買い替え・交換にオススメの機種

おすすめ!人気エコキュート

エコキュートの買い替えポイントや機能紹介についての詳細は、こちらの記事をご覧ください。

マンションの電気温水器からエコキュートの買い替えは難しい?

電気温水器からエコキュートへ買い替え・交換を行う場合、基本的には電気温水器で使用している配管(給湯・給水配管など)や電気回線を再利用して設置しますが、設置が難しい場合が幾つか存在します。

給湯専用やセミオートタイプの電気温水器からフルオートのエコキュートに買い換える場合

現在利用中の電気温水器が給湯専用やセミオートで、フルオートのエコキュートへ買い替える場合には、追い焚き配管(貯湯タンクと浴槽を繋ぐ追い焚き用の配管)の工事が新たに必要になります。

通常の戸建の場合、追い焚き配管は建物の基礎部分に配管用の穴を開けますが、購入済みマンションではベランダなどの壁に配管を通す穴を新たに開ける必要があり、施工自体のハードルが上がってしまいます。

現在の電気温水器の重量よりも重くなる場合

お湯を貯めるタンク容量が370L、460L以上のエコキュートは、満水時の重量が400~500kgに達するため、現在利用中の電気温水器よりも重くなっても耐えられるかマンション管理会社に確認する必要があります。

電気温水器が室内にある場合

現在の電気温水器が室内にある場合、エコキュートへの買い替え交換はヒートポンプユニット(エアコンの室外機のような設備)の設置が必要になるため困難です。

その他にも以下のケースでマンションでは電気温水器からエコキュートへの交換が困難になります。

  • 既存の電気温水器の電気配線が流用できない場合
  • 避難通路の確保など、エコキュートのヒートポンプユニット(エアコンの室外機のような設備)を置くスペース確保が困難な場合。

マンション管理会社に事前確認を!

購入済みマンションでの、電気温水器からエコキュートに買い替えを検討される際は、マンション管理会社に設置の旨を伝え、確認を取るようにして下さい。問題なければ購入予定のお店で下見依頼をすると設置が可能かどうかの判定を正確にしてもらえます。

また、マンションでの電気温水器の買い替えを検討される方は、集合住宅用のコンパクトサイズのエコキュートを設置するか、マンション用の電気温水器への買い替え・交換をオススメします。

集合住宅用おすすめコンパクトエコキュート

借家で交換を検討される場合、大家さんの確認を必ず取りましょう

故障等、借家で電気温水器の買い替え、交換を検討される場合、大家さんの事前確認は必ず取るようにして下さい。無許可での交換の場合、工事店が対応できないケースがほとんどですし、借家の設備交換なので、大家が払ってくれる可能性もあります。

電気温水器から電気温水器への買い替え・交換に必要な工事と費用

電気温水器から電気温水器への買い替え・交換に必要な工事内容

  1. 既存温水器撤去
    現在設置されている電気温水器を取り外し、撤去します。
  2. 配管工事
    給湯専用からフルオートへ変える場合などに、フルオート用の配管工事をします。
  3. 電気温水器設置工事
    新たに電気温水器を設置します。
  4. 運搬・処分作業
    旧い電気温水器を運搬し、処分します。

電気温水器から電気温水器への買い替え・交換に必要な費用の目安

取替工事費 7~10万円程度
(工事内容は上記参照)
電気温水器本体費用 9~25万円程度
(機種によって異なる)
総額 16~35万円程度

※上記金額はあくまでも目安です。設置されている電気温水器の種類や設置状況によっては、工事費が異なる場合があります。

交換・買い替え時に電気温水器を選ぶポイント

見た目の形状で電気温水器を選ぶ

電気温水器には角型と丸型があり、見た目の形状に違いがあります。

角型

長方形の形状をしており、配管、減圧弁、逃し弁が内蔵されているので、見た目がスッキリしています。また選べる給湯タイプは、給湯専用の他にセミオート、フルーオートタイプが存在しています。

丸型

筒のような円筒形の形状で、給湯専用タイプしかありません。現在使用している電気温水器が丸型の場合、交換・買い替えする電気温水器も丸型を選ぶと取り替えがスムーズに行なえます。

給湯タイプで電気温水器を選ぶ

フルオート

ボタンを押すだけで自動で「お湯はり」を行い、その後はお湯の温度を「自動保温」、お湯が減ったら設定水位まで自動たし湯を行ってくれます。また、「追いだき」ボタンを押せば、冷めたお湯を再び温め直すこともできます。

セミオート

ボタンを押すと自動で「お湯はり」を行ってくれます。お湯がぬるかったり、減ってしまったときは、ボタンを押せば「高温差し湯」、「たし湯」を行えます。

給湯専用

手動で蛇口からお湯を出してお湯はりを行うタイプです。浴槽にお湯が溜まったら、リモコンが音で知らせてくれます。

タンク容量で電気温水器を選ぶ

交換・買い替えする電気温水器を選ぶ際、タンク容量は重要な要素です。以下、タンク容量ごとの家族人数の目安を参考にしてください。

  • 550L:5~7人家族向け
  • 460L:4~5人家族向け
  • 370L:3~4人家族向け
  • 300L:2~3人家族向け
  • 200L:1人向け/ワンルームマンション用
  • 150L:1人向け/ワンルームマンション用

※上記容量の推奨家族人数は三菱電機を参考にしています。また、550Lが存在しないメーカーもあります。

マンションで電気温水器を買い替え・交換する際の注意点

マンションで電気温水器を買い替え・交換する場合は、必ず「マンション用」もしくは「マンションタイプ」の電気温水器を選びましょう。

マンション用の電気温水器は、通常の電気温水器にくらべてコンパクトになっており、マンションの室内に設置できるようになっています。通常の電気温水器では、マンションに設置することはできないので注意しましょう。

給湯圧力で電気温水器を選ぶ

高圧力型

出湯量が標準よりも多いタイプです。シャワーの水圧が強く快適で、浴槽へのお湯張りにかかる時間も短縮できます。また浴槽は2階まで、洗面所は3階まで給湯することが可能です。

  • 三菱電機……170kPa
  • パナソニック……150kPa

※kPa……パスカル、圧力の単位。

標準圧力型

標準的な圧力(85kPa)で出湯するタイプです。風呂は一階まで給湯が可能で、2階、3階への給湯には給湯加圧ポンプが必要になります。1階でしかお湯を使わないご家庭にオススメです。

マイコンの有無で電気温水器を選ぶ

マイコン型

マイコン(マイクロコンピュータの略で、非常に小さいコンピュータのこと)を搭載しているタイプの電気温水器です。ご家庭でのお湯の使い方に合わせて、マイコンがお湯を沸かす時間や湯量を自動的にコントロールしてくれるので、無駄を省くことができます。

また、マイコン型電気温水器の場合、電力会社によっては「通電制御型電気温水器割引」という割引プランを契約することもできます。これにより電気代がお得になる場合もあります。

マイコンレス型

マイコンを搭載していない古いタイプの電気温水器で、深夜の電気代が安くなる「深夜電力契約」を継続したい方にオススメです。お湯は電気代が安い深夜時間帯に、自動で85度まで沸き上げてくれます。また、マイコン非搭載のため、マイコン型よりも初期費用を抑えることができます。

電気温水器を買い替え・交換する場合は、現在使用している電気温水器がどういったタイプと機能なのか見直してみて、上記でご紹介したタイプや機能と見比べて、そのままがよいのか変更したほうがよいのか、一度考えてみることをオススメします。

PR

交換する時期は今!電気温水器の買い替え費用とポイント

目次