ネオレストRSのメリット・デメリット!口コミや価格相場も紹介

TOTOのタンクレストイレ「ネオレストRS」について、特徴やメリット・デメリット、共通機能とグレード別の機能、工事費込みのリフォーム価格相場まで徹底紹介!購入した人の口コミや便座が故障したときの対応方法なども解説!

4,476view

最終更新:

ネオレストRSのメリット・デメリット!口コミや価格相場も紹介

目次

ネオレストRSの特徴

くつろぎを演出する優しいフォルムのタンクレストイレ

TOTOのネオレストRSは、トイレ空間になじみやすい、柔らかな丸みを帯びたフォルムが特徴のタンクレストイレです。これまでのトイレにない優しいデザインが、くつろぎの空間を演出してくれます。

便器もノズルも使うたびに自動除菌で衛生的

トイレ使用後や8時間使わなかったときは、自動で「きれい除菌水」のミストを吹きかけて汚れを分解・除菌します。

またノズル使用後も、外側と内側(通水路)を「きれい除菌水」で自動洗浄・除菌し、8時間使用しなかった場合は定期的に洗浄します。

※「きれい除菌水」で便器を自動除菌する「便器きれい」は、RS3グレードのみに搭載された機能です。

便器や便座の掃除が楽になるデザインと技術を採用

便器は、汚れが溜まりやすいフチをなくした「フチなし形状」を採用しています。汚れがひと目でわかり、サッとひと拭きできるため掃除も楽になります。また便器表面には、汚れを付きにくく落としやすくした「セフィオンテクト」が施されています。

便座も、汚れが入り込みやすかったつぎ目をなくした「クリーン便座(つぎ目なし)」を採用しているほか、便器と便座の段差・隙間を減らし凹凸が少ないデザインを採用するなど、汚れやホコリが溜まりにくいのも特徴です。

充実のオート機能で便ふたやレバーに触れず衛生的

便器に近づくと便ふたが自動で開き、離れると閉まる「オート開閉」、使用後に便器を自動洗浄する「オート便器洗浄」、便座から立ち上がると自動で便ふたを閉じて洗浄する「便ふた閉止後洗浄モード」など、便ふたやレバーに触れずに使用できる衛生的な機能もネオレストRSの特徴です。

※「オート開閉」と「便ふた閉止後洗浄モード」はR3・R2グレードに搭載された機能です。

節水や節電など豊富なエコ機能

少ない水量で汚れをしっかり洗い流す「トルネード洗浄」を搭載したことにより、洗浄水量は床排水で「大3.8L/小3.0L」、壁排水で「大4.8L/小3.4L」を実現しています。

また設定した時間帯に自動節電する「タイマー節電」や、使用しない時間帯を自動で学習して節電する「スーパーおまかせ節電」などのエコ機能が豊富に搭載されています。

ネオレストRSのメリット

コンパクトなデザインでトイレ空間が広々

ネオレストRSの奥行きは692mmです(※)。793mmだった従来便器(CS30B)と比べ約100mmコンパクトになっています。加えてタンクによる圧迫感もないため、限られたトイレ空間を広々と使える点がメリットです。

※床排水リモデル対応便器の後壁〜便器先端までの寸です。壁排水リモデル対応便器は757mmです。

汚れが溜まりやすかった便器のフチ裏がない

「フチなし形状」を採用したことにより、これまで汚れが溜まりやすくブラシが行き届きづらかったフチも、ひと拭きで掃除できるようになりました。頑固な黄ばみやニオイが付きにくく掃除がしやすい点もネオレストRSのメリットです。

汚れが付きにくく落としやすい便器で掃除が楽々

便器内部の表面に特殊なガラス層を焼き付け、滑らかに磨き上げた「セフィオンテクト」と呼ばれる、TOTOの独自技術を採用しています。汚物が付着しにくく落としやすいため、日々の便器掃除の負担が少なくなるメリットがあります。

自動除菌とオート機能でトイレを快適に使える

水から作り出される除菌成分を含んだ「きれい除菌水」が、トイレ使用後に便器やノズルを自動除菌してくれます。また便ふたやレバーに触れることなく使用できるオート機能も充実しているなど、トイレを安心して清潔に、快適に使える工夫が盛り込まれています。

※便器を自動除菌する「便器きれい」はRS3グレードのみの機能です。また自動で便ふたを開閉する「オート開閉」はR3・R2グレードに搭載された機能です。

使うたびに節水効果が得られる

ネオレストRSの洗浄水量は床排水で「大3.8L/小3.0L」、壁排水で「大4.8L/小3.4L」です。1回あたり13Lや8Lといった水量が必要だった従来の便器と比べた場合、普通に使うだけでも節水効果が得られます。

連続使用時も待つストレスがない

ネオレストRSは、水道管から直接水を便器に流して洗浄するタンクレストイレです。タンクに貯めた水で洗浄する一般的なタンク式と異なり、水が貯まるのを待つ必要がありません。朝の忙しい時間帯でもストレスなく連続使用できます。

低水圧や停電にも対応

水道水で洗浄するタンクレストイレは、高台の戸建てやマンション高層階など、低水圧の場所には設置できないことも多くあります。その点、ネオレストRSは低水圧対応のため、一般的なタンク式と同等の最低水圧「0.05MPa(流動時)」で使用できます。

また従来のタンクレストイレでは電気で水を流すため、停電時に使えなくなることがありました。しかしネオレストRSは手動で水を流すためのレバーが付いているため、突然の停電時でも安心です。

ネオレストRSのデメリット

価格が高い

一般的にタンクレストイレは、メーカーがハイグレードモデルに位置づけしているため、デザイン性の高さや多機能性から価格も高くなる傾向にあります。

ネオレストRSはTOTOのタンクレストイレの中でもリーズナブルなモデルですが、それでも便座と便器・タンクを自由に選べる組み合わせトイレや、便座と便器・タンクが一体の一体型トイレと比べると価格が高い傾向にあります。費用を抑えたい方には価格がデメリットになるでしょう。

便座を自由に選べない

便器と便座が一体型のネオレストRSは「RS3」「RS2」「RS1」といったグレードは選べますが、組み合わせトイレのように、好きなメーカーおよびグレードの便座と便器・タンクを自由に選ぶことができません。便座にこだわりたい、便座は安くて良いといったニーズの方にはこの点がデメリットかもしれません。

便座だけの交換ができない場合がある

ネオレストRSは現行品のため、あくまで現時点で想定される対応の内容ですが、便座が故障した場合でも部品供給があれば修理対応が可能です。部品供給が終了した場合は、ネオレストRSに対応している別の「専用ウォシュレット」への交換となります。

しかし将来的な部分のため不確定要素も多く、例えば数年先などにネオレストRSの便座が故障した時点で、ネオレストRSに対応する別の「専用ウォシュレット」が用意されていなかった場合、トイレをまるごと交換しなければならない可能性があります。

手洗器がない

ネオレストRSには、タンク式トイレのタンク上部にあるような手洗器が付いていません。既存の手洗器をそのまま使うか、手洗器を新設する必要があります。なおリフォームを検討中であれば、既存の給排水管をそのまま利用できて工期も短い「ネオレスト手洗器付」という選択肢もあります。

ネオレストRSの評判・口コミ

丸いフォルムのデザインがかわいいです。本当によく考えられた機能が満載で以前のトイレに比べて掃除の回数が格段に減りそうです。

引用元:楽天みんなのレビュー

きれい除菌水で便器の見えない汚れを自動で分解・除菌してくれたり、ノズルのセリフクリーニングや掃除しやすい設計、何よりも丸い形状が気に入りました。

引用元:楽天みんなのレビュー

タンクレスでスッキリして、トイレ空間が広く感じます。陶器表面がツルっとしていて、汚れにくく、フチがないのでお掃除が断然楽です。素晴らしい商品で大満足しています。

引用元:楽天みんなのレビュー

ネオレストRSの機能

きれい除菌水

水道水の中の塩化物イオンを電気分解して生成された「除菌成分(次亜塩素酸)」を含む水です。時間が経てば元の水に戻るため、安全性が高く環境にも優しいのが特徴です。ネオレストRSではこの「きれい除菌水」を使い、便器の隅々やノズルなどを自動除菌します。

※便器の自動除菌(便器きれい)はRS3グレードのみの機能です。

セフィオンテクト

便器表面には、焼くことでガラス質に変わる釉薬(うわぐすり)が塗られていますが、さらにその上に特殊なガラス層を焼き付け、表面の細かい凹凸もナノレベル(100万分の1mm)でツルツルに磨き上げたTOTOの独自技術です。

表面がなめらかなので汚れが付着しにくく、また親水性にも優れているため汚物を浮かせて落としてくれます。優れた耐久性・耐薬品性を備えており、美しい状態を長くキープできるのも特徴です。

プレミスト

使用前に、便器にミスト状の水道水を吹きかけることで水のクッションを作る機能です。「セフィオンテクト」の親水性との相乗効果で、便器に汚れが付着するのを防いでくれます。

※RS3グレードの「プレミスト」は「便器きれい」に含まれています。

トルネード洗浄

便器内の側面から、汚れが付きやすい後方へ向かって洗浄水が勢いよく流れます。勢いを保ったまま、渦を描くように便器内をまんべんなく洗浄水が流れて汚れを落とします。吐水口は正面から見えにくい位置にあるため、便器内がスッキリした印象になります。

フチなし形状

汚れが溜まりやすく、ブラシも行き届きにくかったフチ裏をなくした構造です。手前から奥まで、便器のフチをサッとひと拭きできるようになりました。掃除が行き届きにくかった死角がなくなり、清掃性が向上しています。

ネオレストRS共通機能

便器機能

  • セフィオンテクト
  • フチなし形状
  • トルネード洗浄
  • すっきりパネル
  • 水たまり面(大きい)
  • エロンゲート(大形サイズ)
  • 水道直結方式/タンク貯水ポンプ加圧併用式
  • 防露便器
  • 超節水75% / 49% 大3.8L / 小3.0L(床排水)
  • 超節水71% / 41% 大4.8L / 小3.4L(壁排水)
  • 停電時安心設計

清潔機能

  • ノズルきれい
  • セルフクリーニング
  • プレミスト(RS3グレードは「便器きれい」に含む)
  • クリーン便座(つぎ目なし)
  • クリーンノズル
  • クリーンケース
  • 抗菌
  • お掃除リフト
  • 便ふた着脱
  • 便器そうじ
  • ノズルそうじ

洗浄機能

  • おしり洗浄
  • やわらか洗浄
  • ビデ洗浄
  • ムーブ洗浄
  • マッサージ洗浄
  • 水勢調節
  • 洗浄位置調節

エコ機能

  • タイマー節電
  • スーパーおまかせ節電
  • おまかせ節電

快適機能

  • オート便器洗浄(大・小)
  • オートパワー脱臭
  • 脱臭
  • リモコン便器洗浄(大・小)
  • 水面下げる
  • 暖房便座
  • 着座センサー
  • リモコン
  • 個人設定

グレード別機能

RS3

  • 便器きれい
  • お掃除ミスト(便器内)
  • 温風乾燥
  • やわらかライト
  • オート開閉
  • リモコン便座・便ふた開閉

RS2

  • やわらかライト
  • オート開閉
  • リモコン便座・便ふた開閉

RS1

  • 便座・便ふたソフト閉止

ネオレストRSのリモコンは3種類

シートリモコン

シンプルなデザインの標準タイプの壁リモコンです。わかりやすい表示とボタンサイズで操作性に優れています。カラーはホワイト1色となります。

スティックリモコン(オプション)

上部に赤外線透過窓が付いた、コンパクトでスタイリッシュな壁リモコンです。カラーはシルバーのみとなり、ネオレストRSを設置したあとからでも取り付け可能です。なおスティックリモコンでは「パワー脱臭」の手動操作ができません。

※受注生産で、納期は大型連休を除き約2週間かかります。
※「ネオレスト手洗器付(ワンデーリモデル)」ではスティックリモコンは選べません。

らくらくリモコン(別売品)

シートリモコンまたはスティックリモコンとは別に取り付けられるシンプルなリモコンで、ボタンが大きくわかりやすいのが特徴です。機能も「止」「おしり」「乾燥」「流す」のみに限定されています。

※「乾燥」ボタンは、RS3グレードに対応するらくらくリモコンにのみ搭載されています。

ネオレストRSが故障したときは便座だけ修理・交換できる?

ネオレストRSは現行品のため、以下は現時点で想定される対応内容です。最新情報については、TOTOにお問い合わせください。

生産終了から10年以内で部品供給があれば便座だけ修理可能

TOTOの補修用性能部品の最低保有期間は、生産終了から10年間(取替機能部は6年間)です。この期間内でネオレストRSの便座が故障した場合、交換用の部品供給があれば修理で済むでしょう。

10年以上または部品供給がなければほかの専用便座への交換になる

生産終了から10年を超えている場合や、部品供給が終了している場合などは、ネオレストRSに取付可能な別の「専用ウォシュレット」への交換となる可能性があります。

ただし、万が一ネオレストRSの便座が故障した時点で、取付可能な別の「専用ウォシュレット」が用意されていなかった場合、便器と便座を丸ごと交換しなければならない可能性もあります。

便器が破損している場合も丸ごと交換になる可能性がある

便器が破損している場合、応急処置的な補修はできても完全に直すことができないため、便座と便器を丸ごと交換することになります。

ほかの市販の便座への交換はできない

ネオレストRSには専用便座が使われていますので、市販されている別の温水洗浄便座などへの交換はできません。

ネオレストRSの排水の種類

床排水の対応排水芯

ネオレストRSの床排水の排水芯は「200mm」と、リモデル対応の「305〜540mm」および「120mm / 200mm」が用意されています。200mmタイプは、給水管が便器側面のパネルの中に隠蔽され、リモデル対応タイプは露出されます。

壁排水の対応排水芯

ネオレストRSの壁排水の対応排水芯は「120mm」と、リモデル対応の「120〜155mm」が用意されています。こちらも120mmタイプは給水管が隠蔽され、リモデル対応タイプは露出されます。

床排水と壁排水の違いと見分け方

「床排水」は、一戸建やマンションなどの集合住宅に多い排水方式で、便器から床下に排水管が伸びているため視認できません。一方の「壁排水」は、公団住宅や一部のマンションなどに見られる排水方式で、便器後方から壁に排水管が伸びているため視認が可能です。

排水芯と測り方

床排水は「便器後方の壁から排水管の中心までの距離」、壁排水は「床から排水管の中心までの高さ」で測ることができます。

排水芯は品番から調べることもできる

今お使いのトイレがTOTOやLIXILであれば、便器の品番から排水芯を調べることもできます。品番は便器側面の下などに貼られているラベルに記載されていますが、メーカーや商品で異なる場合があるため取扱説明書をご確認ください。ラベルがない場合、何らかの理由で剥がれたのかもしれません。取付工事をした業者や取扱説明書を確認し、わからないときはメーカーに問い合わせてみましょう。

ネオレストRSの洗浄水量は床排水で「大3.8L/小3.0L」、壁排水で「大4.8L/小3.4L」

ネオレストRSの洗浄水量は排水方式によって異なります。床排水は「大3.8L/小3.0L」、壁排水は「大4.8L/小3.4L」です。いずれも、従来のトイレと比べて大幅な節水効果が期待できます。

大13L(1987〜2001年商品C720R)と比較したときの節水効果

  • 床排水の場合:約75%の節水、水道代年間約15,100円の節約
  • 壁排水の場合:約71%の節水、水道代年間約14,300円の節約

大8L(1999〜2004年商品CS80B)と比較したときの節水効果

  • 床排水の場合:約49%の節水、水道代年間約5,100円の節約
  • 壁排水の場合:約41%の節水、水道代年間約4,300円の節約

※試算条件(床排水・壁排水ともに):年間使用日数365日、男性2人・女性2人の4人家族、1人1日大1回・小3回、水道代税込265円/立方メートル、消費税10%

ネオレストRSは手洗いなし

ネオレストRSには、一般的な組み合わせトイレのタンク上部に付いているような手洗器がありません。このため既存の手洗器をそのまま使用するか、新たに手洗器を設ける必要があります。なおリフォームであれば、次に紹介する「ネオレスト手洗器付(ワンデーリモデル)」にすることも可能です。

「ネオレスト手洗器付(ワンデーリモデル)」なら短期間で設置可能

既存の給排水管を利用するため工期が短い

既存の給排水管に、TOTO独自の給水分岐・排水合流技術を用いることにより、給排水管を新設・移設しなくても手洗器が設置できます。床や壁を取り壊す工事も不要なため、短い工期で済むのが大きな特徴です。

手洗器のタイプ(ベッセル、ハイバック、丸型、角型等)が選べるほか、水栓のタイプや紙巻器の素材(樹脂、メタル等)、タオル掛けや手すりなども組み合わせて取り付けることが可能です。

またカウンタータイプの場合、手洗器の下に掃除ブラシや洗剤、トイレットペーパーのストックなどを収納できるため、トイレ空間をスッキリさせられるのも特徴です。

ネオレストRSのカラーは4種類

ネオレストRSはホワイト、パステルアイボリー、パステルピンク、ホワイトグレーの4色がラインアップされています。このうちパステルピンクとホワイトグレーは受注生産で、納期は大型連休を除き約3週間となります。

※リモコンのカラーは本体のカラーに関係なく1色のみです。

ネオレストRSの本体寸法

  • 幅:386mm
  • 奥行き:700mm(便器先端までは692mm)
  • 高さ:515mm

ネオレストRSの工事費込みリフォーム価格相場

価格は商品(トイレ)+設置工事費の総額費用(消費税込み)の相場です。

  • RS3グレード(床排水):275,000〜317,000円程度
  • RS3グレード(壁排水):286,000〜331,000円程度
  • RS2グレード(床排水):257,000〜297,000円程度
  • RS2グレード(壁排水):269,000〜311,000円程度
  • RS1グレード(床排水):234,000〜270,000円程度
  • RS1グレード(壁排水):246,000〜284,000円程度

ネオレストRSの工事費込みリフォーム価格はグレードや排水方式で変わります。また給水管を露出するタイプと隠蔽するタイプ、標準的なシートリモコンかオプションのスティックリモコンかなどでも変わってきます。

リフォーム工事を依頼する際は、費用に既存の便器の撤去や処分費用なども含まれているか、事前に確認しておくことをおすすめします。