どこで買えばいいの?損しないための賢いトイレの購入方法

トイレを交換・リフォームしたいけど一体どこに頼めばいいの?単純な便器の交換であればズバリ、インターネットがオススメ!その他、家電量販店・リフォーム会社・地元工務店など、それぞれのメリット・デメリット、出来ること・出来ないことや裏話もご紹介。

180view

最終更新:

どこで買えばいいの?損しないための賢いトイレの購入方法

目次

トイレのリフォームを思い立ってみたものの、どこにどう相談しようか?と分からない方必見のトイレの賢い購入方法をこちらでお伝えしていきます。
馴染みの工務店・住宅会社がいらっしゃって、付きあいを重視される方はそこが一番良いかと思いますが、もしそうでない方はこの記事を参考にして、ご自身に合っている購入先はどこか?それぞれのメリットとデメリットは?を読んで、検討してみてください。

トイレを購入する方法は?

トイレの購入・交換は

  • インターネット
  • 家電量販店
  • リフォーム専門業者
  • 地元の工務店

といった4つの購入先が一般的となります。

インターネット【オススメ】

おすすめの理由はズバリ商品代の安さと、意外にも工事の安定性です。
価格については、大量仕入れの経済メリットがどうしても働きますので、インターネットでの購入は比較的安い価格で購入できる傾向が強いです。

またインターネットでトイレを購入される際、最も不安なことが「工事をちゃんとやってくれるのか?」ということと思われます。しかし、最近は商品だけ送ってくるのではなく、その地域を担当している支店が工事も併せてフォローしてくれたり、提携している地元の業者が工事も承ってくれることも少なくありません。

昔とは異なり、インターネットでの受注が年々増加していることから、簡単な入れ替え工事等であればインターネット業者の方が慣れていたり、商品のラインナップが多かったりすることもあります。そのため、インターネットでトイレを購入されることに関しては、以前より不安はなく購入いただける環境は整ってきています。

家電量販店

「まずどのトイレが良いのかも分からない、ネットは少々抵抗がある、リフォーム業者は声をかけずらい」という方は、家電量販店がおすすめです。

最近は家電だけでなく、キッチンやバス等の住宅設備機器の扱いも、かなり増えてきている家電量販店ですが、なにかの買い物のついでにフラッと店内でトイレの現物が見れたり、店員さんに話を聞くこともできます。
専門の担当員さんでないと分からないことも多いので、空いている時間帯に行くのが良いかと思います。

リフォーム専門業者

トイレの間取り自体を大きくしたい、等が伴う場合は選択肢として筆頭候補になりうるかと思います。

しかしリフォーム業者の場合は、しっかりしている業者とそうでない業者が、分かれる傾向がありますので、単純に安さだけでの選択は避けた方が良いでしょう。

地元の工務店

長年経営が続いている地元の工務店は、信頼性においてはこの4つの中では1番かと思います。

地元の付き合いを重視される方、もしくは重視した方がいい地域であれば外せない選択肢になるかと思います。
まずはホームページを確認したり、事務所があればふらっと寄ってみるのも良いかも知れません。小さい会社でも素晴らしい仕事をする工務店はたくさんいます。

インターネット通販でトイレを買うメリット

トイレの便器だけなら安くで交換可能

トイレ空間全体の改修を伴わないトイレだけの入れ替えであれば、インターネットが比較的安い業者が多いと思われます。
安い理由としては、販売する商品の量が多いため、大量仕入れにより1商品あたりの価格を安くすることができるからです。

この価格メリットを出しやすいのが、インターネット業者の強みでもあります。

壁紙や床材、手洗い器といった簡単な工事も対応可能

最近のインターネット業者は、取引量も多くそれに伴い周辺工事もしっかり行ってくれます。

インターネットと言っても担当地域の支店の担当者や、もしくは提携しているリフォーム業者等が工事を行ってくれるため、壁紙・床材の張り替えや手洗い器の設置工事ももちろん行ってくれます。
(周辺工事が発生する場合は、事前調査が必要になる場合が多いです)

店舗ごとに価格を比較できる

価格比較のしやすさが、短時間と手間が少なく行えるのがインターネットでのメリットのひとつになります。
単純に商品代だけであれば、サイトに掲載されておりますので、お気に入りのものがあればその商品で、無ければベーシックな商品で比較してみましょう。

インターネットでは、口コミも多いため重宝している方も多いと思いますが、取り扱っている地域に限りがあったり、商品だけの発想の業者も多いため、購入の際には価格だけでなく、工事も行ってくれるか?などは事前に確認してください。

店舗の評判も調べやすい

実際の店舗では、なかなか他の方の口コミを聞くことは難しいと思います。
地元の工務店であれば、近所に対応してくれた例があれば聞けるかもしれませんが、なかなかピンポイントで口コミが聞けるケースは多くないのが現実です。

その店、インターネットのお店は、特に有名店舗であれば「店舗の名前」「運営会社の名前」などで検索すれば評判を見ることが出来ます。

やらせの口コミには注意!

ただ、良い口コミも、悪い口コミも目を通して判断してもらえればと思いますが、全てが全て「本物の口コミ」でない可能性もあります。
「やらせ」などサクラの口コミは下記を参考に判断してみてください。

  • 短期間に集中して良い口コミばかり投稿されていないか?(自作自演を疑う)
  • 同じような文章や言い回しが多くないか?(自作自演を疑う)
  • 口コミ自体が言い過ぎになっているものはクレーマーの可能性もあり、参考にしない方が無難(ニュアンスが異なって違う投稿者も同じようなことを書いてあれば信用性は増す)

時間・場所を気にせず、注文できる

例えばお子さんが小さいご家庭や、日中仕事が忙しく休日に打ち合わせしている余裕もあまりない方など、ご家庭により様々な事情があると思いますが、インターネットであればスマートフォンで仕事の昼休みや通勤時間などに、検索や依頼まで出来てしまいます。

楽天やYahoo!ショッピングといったショッピングモールで購入するメリット

共通ポイントが貯まる

楽天であれば「楽天スーパーポイント」、Yahoo!ショッピングであれば「Tポイント」が購入額に応じて附帯されることもあります。これらのポイントは、一般のリフォーム業者や工務店などでは附帯されないことが殆どのため、さらに割安に購入することができます。

また2019年の消費増税に併せて、普及が進んでいるキャッシュレス決済がインターネットは利用できるものが多い傾向であり、店舗によっては還元される場合も。
ご自身が使っているキャッシュレス決済に併せて、購入先を決めるのも1つの手だと思います。

自社運営の通販サイトで購入するメリット

ショッピングモールサイトと比べ安く購入できる場合がある

ショッピングモールサイト(楽天やYahoo!ショッピングなど)は、出展するのに月額費がかかったり、販売金額の中から販売手数料を納める必要があります。

そのためサイト利用料や販売手数料の分が、自社で作っている業者のサイトではその分安く購入出来たりすることもありますので、目的の商品がある場合は、ショッピングモールサイトだけでなく、自社でサイトを構えている業者も検討してみましょう。

インターネット通販でトイレを買うデメリット

複雑なリフォーム工事ができない場合も

壁を壊してトイレを大きくする工事や、和式便器からの洋式へのリフォーム(配管等から全てやりかえる大がかりな工事)などの場合は、対応できないケースもあります。

インターネットでの購入は、便器自体の単純な交換(洋式トイレから洋式トイレへの交換)や、トイレ壁や床の張替工事までにしておく方が無難です。住宅には、取ってはいけない柱や筋交い(柱と柱の間の斜めになっている支えの木材)があります。
これらはその家を建てる際に構造計算を行っており、外してはいけないか否か?は、構造がしっかり分かっている業者でないと判断できない為、トイレの入替専門業者等では、対応出来なくなってくると思われます。

交換する便器だけが工事前に送られてくる事も

交換する新品の便器を、工事前に直接送ってこられる業者もあります。受け取ってそのまま置いておく場所があれば問題ないですが、工事の1日~2日前に配送されるケースが多いので、そういった業者の場合は置ける場所があるかどうかも考えておきましょう。

陶器のトイレの場合は20Kg以上と重く、一人で受け取りが困難であったり、マンションなどの場合は、エントランスまでの配送しかしてくれないといったケースもあります。

もちろん、工事当日に交換する職人さんが持ってくる業者もありますので、事前に商品の発送に関してはどちらのパターンなのか確認しておきましょう。

工事を協力会社に託す店舗もある

自社で支店を構えて対応しているインターネットでの業者も多くいますが、対応できる地域にも限りがある場合があります。そういった場合に、工事をその地域の提携工務店や、設備業者に任せる場合もあります。

勿論、腕のいい職人さんがくれば問題ありませんが、今まで顔の見たことにない業者が事前調査もしくは当日の工事に伺いますので、近所の工務店やリフォーム業者と異なり「対応してくれる人で選ぶ」ことを重視される方は、対応できる地域でない場合等はデメリットになってきます。

ただ工事自体は早ければ1時間~壁紙の張替をしても半日ですので、工事をちゃんとやってくれれば誰も良い、という方は問題ありません。あまり対応が良くない店舗でトイレ交換を依頼して、トラブルが合った場合、販売店と工事店で責任のなすりつけあいになり、解決まで時間がかかるといったケースもあります。稀なケースですが、自社で工事も行っているお店ですと、そういったトラブルがなくなります。

工事日当日に追加請求されることも

トイレの販売店には、

  • 調査スタッフが事前に現地調査を行い、工事前に工事内容と総額が確定するパターン
  • 事前調査を行わず、必ず必要になる基本の工事費だけ先に支払い、工事当日に追加で必要となった工事を請求されるパターン

と、大きく分けて2パターンのお店が存在します。

事前調査を行っていない(不要との希望や要請を出した場合も)場合は、部材が足りなかったり追加でやり替え工事を行わないといけないケースもあります。

例えば・・・

  • 排水管の錆がひどく、排水管を丸ごと交換しないといけない
  • フランジ(排水管と便器を接続する部品)の交換費用
  • 給水管の位置変更
  • 排水芯(背面の壁から排水管の接続する位置)が想定と異なっていた

などが一般的に追加工事として発生する一例であります。

当日に追加で工事費を請求されたくない人や、トイレ交換工事を総額で検討したい人は、事前調査を行ってくれる業者を選びましょう。

インターネット通販でトイレ交換業者を選ぶポイント

お客様レビューや運営会社の情報を調べる

インターネットで業者を選ぶ際に、ここが一番大切なポイントです。口コミやレビューが多くみられるのがインターネットのメリットでもあるため、ここはしっかり確認しておきたいポイントです。運営会社自体の情報を調べるのも良いかと思います。

当日の追加工事費の有無を確認する

事前に現地調査に来てくれる業者はほとんど追加工事での費用請求が発生することは少ないと思いますが、「リフォームあるある」で現地に行ってみたら状況が思ったよりも悪く、周辺もやり替えないとまずい、という状況は少なからずあります。

素人目線で大丈夫だろうと見えても、実際は取り換えや修理を施さないといけないケースもありますので、できれば事前調査に来てもらうことをお勧めします。ただし、事前調査でも判明できない部分もあるため、100%ではないです。(例えばフランジや排水管の劣化具合)

フランジとは

排水管と便器を接続する部品。リフォーム時には同時に交換することが多い

工事は自社施工なのか、他社(下請け)施工なのか確認する

インターネットでは、自社施工できる地域目安が掲載されていたりします。
そこでお住まいの地域が、自社施工できる範囲か否か、自社施工でない場合はどういった業者が工事を行うか事前に教えてくれるのであれば、確認しておいた方が良いです。

インターネット通販でオススメのトイレ交換業者

家電と住宅設備の取替ドットコム

取替ドットコムは、電気、ガス、水道、オール電化、太陽光、リフォームすべて自社工事スタッフで施工を行っているようです。そのため商品ごとで対応できる地域に限りがありますが、自社施工で行っている点は安心できるポイントになります。

設置前の安心ポイントとしては、何個かの選択肢を選んだり写真を送ったりするだけで標準工事の見積もりができ、さらにトイレなどの場合はしっかり事前調査を行って確定工事費を出してくれた後に、入金処理を行ってくれるため、もし取り付けが不可の場合は返金も行ってくれるようです。

また設置後の安心としては、取替ドットコムのサイトで、購入した商品(一部除外品あり)について、メーカー保証期間を含め、合計3年間の延長保証を無料にて附帯しています。商品が商品到着日起算で満3年の保証期間中に、機器、工事の不具合等で修理が必要になった場合は、その修理にかかる費用を補償する独自の保証システムも非常に安心です。(通常のメーカー保証は1年が多い)

家電と住宅設備の取替ドットコム

家電と住宅設備の【ジュプロ】

ジュプロは、東京本社・神奈川・千葉・埼玉東・埼玉西・仙台・静岡・愛知・岐阜・広島・福岡と全国主要都市に営業所があり、自社施工の点は安心できます。

設置前の安心ポイントとしては、こちらも何個かの選択肢を選んだり写真を送ったりする調査の後に入金処理を行うため、基本的な話はこれで問題なく、さらに設置不可の場合や、違う商品にしないといけない場合も説明を受けたのちに入金もしくは返金になるため、安心して工事に入ることができます。

また設置後の安心としては、購入した商品(一部除外品あり)で、メーカー保証期間を含め、合計3年間の延長保証を無料にて附帯しています。こちらも商品到着日起算で満3年の保証期間中に、機器、工事の不具合等で修理が必要になった場合修理にかかる費用を補償するシステムです。
(通常のメーカー保証は1年が多い)

家電と住宅設備の【ジュプロ】

住設楽天市場店

住設楽天市場店は、関東・関西・中部に営業所があり、対応エリアとしては全国対応しています。(他地域は協力会社と提携しています)また対応できない地域は商品の配送のみとなる場合もあるようです。

工事見積もりも、事前に写真をスマートフォンから送ったりすれば事前調査が済みますが、複雑な工事の場合は事前調査が入る場合もあります。住宅設備の専門スタッフが商品を取付・取替工事を行いますので、工事も安心です。

保証の方も、メーカー保証がちゃんと効く流通経路からの購入になっているため、1年保証が附帯されます。修理も1年以降は有償になりますが、対応してくれる点は安心です。

またキャッシュレス還元業者になっているため、クレジット決済などで費用精算を行うと2020年6月までは5%還元が受けられ、さらに楽天スーパーポイントも付与されるため、こういった還元やポイントをうまく活用している方は非常におすすめです。

住設楽天市場店

インターネット通販でトイレを注文する流れ

下記のようなケースが多いと思われます。

  1. 商品選定を行う。
  2. 工事も一緒にお願いしたい場合は、標準工事費用を一緒に注文。
      (ここのタイミングで振り込みやクレジット決済を行う場合もあり)
  3. 事前に指示に従って、スマートフォンなどで改修したい現在のトイレの写真を送る、もしくは、その業者に事前調査を行ってもらう。
  4. 最終的な見積と、確定金額での了解を出す。
  5. 振り込みや、クレジット決済が完了する。(このタイミングは各社まちまちな場合あり)
  6. 工事日の調整と確定。
  7. 工事を行い、取り外し・設置・使い方説明等を行って完了。

費用を振り込んだり、クレジットを決済するタイミングは各社まちまちですが、キャンセルのタイミングがどこまで返金に応じて貰えるのか?は事前に確認した方が、トラブルを未然に防げます。

工事日当日にトイレを持参してくれる業者がオススメ

工事業者の中には交換する新品の便器を、工事前に直接送ってこられる業者もあります。
受け取ってそのまま置いておく場所があれば問題ないですが、工事の1日~2日前に配送されるケースが多いので、そういった業者の場合は置ける場所があるかどうかも考えておきましょう。

また、陶器のトイレの場合は20Kg以上と重く、一人で受け取りが困難であったり、マンションなどの場合は、エントランスまでの配送しかしてくれないといったケースもあります。

不安な場合は、工事当日にトイレを持参してきてくれる業者がおすすめです。

家電量販店でトイレを買うメリットや工事方法

家電量販店でトイレを購入するメリット

家電量販店は、事前に各社のトイレを店頭で多くの商品を見て選ぶことができること、気軽に相談ができることが一番のメリットです。

リフォーム専用業者や、地元の工務店でも各社のトイレを一斉に展示しているところは少ないです。さらに工務店やリフォーム業者ですと、付きあいの深い代理店の推しているメーカーのトイレを一押しで販売を勧めてこられること少なからずあり、付きあいの浅いメーカーのトイレはあまり知らなかったりもしますので、家電量販店では公平に説明してくれることが多いと思います。

また家電量販店のポイントが一気にたまったりもするので、その家電量販店のポイントをよく利用されている方はポイント目当てで選んでも良いかと思います。

家電量販店でトイレを購入するデメリット

建築の知識に長けている担当者がいれば別ですが、建築の専門家でない方がどういても多いため、深く突っ込んだ話になると現地調査をしないと分からないことも多くなるはずです。
このあたりはリフォーム業者や工務店には及ばない点でありますので、そのあたりは理解して購入しましょう。

ただ最近は、建築に長けている方を家電量販店が積極的に採用して、販売を拡大している傾向にあるため、住宅設備機器コーナーにはそういった方がいる店舗で検討してみると良いでしょう。

リフォーム業者でトイレを買うメリットや工事方法

リフォーム業者でトイレを購入するメリット

リフォーム専門業者であることから、下記のような工事の場合は、インターネットや家電量販店より詳しく対応してくれる可能性が高いです。

  • 和式トイレから洋式トイレに変更
  • 側面手洗器を新設するにあたり床や壁、給排水管もやりかえる
  • トイレ空間を広くする、間取り自体の変更

などの工事は、リフォームの工事経験から豊富に提案を行ってくれる可能性が高いです。

またリフォーム専門業者であれば少額のリフォームも、手軽に相談できるところも良い点になります。インターネットは不安だし、家電量販店も近所に住宅設備を扱っている店舗がない場合で、対面で相談したい方はおすすめです。

壁紙や床材を同時に入替する場合は、様々なメーカーの商品を扱っていることから、色々な提案をしてくれる業者も多いと思います。

リフォーム業者でトイレを購入するデメリット

安さを重視する会社に比較的多くなりますが、業者によってはサービス面や工事の質などに期待外れになってしまう業者も少なくはない点です。地元で長年やっている会社であれば問題ないですが、比較的新しい会社で安さを重視している会社は、しっかりその会社や担当者を見極めてもらう必要があります。

また、インターネットで購入することに比べると、そのリフォーム業者の利益がどうしても掛かってくるため、商品代だけで比較すると高くなりがちです。

そして、リフォーム専門会社であれば全メーカーを扱っていますが、安く仕入れができるメーカーと、そうでないメーカーが分かれていることもありますので、ご自身で気に入っているトイレがある場合は、複数社で見積を取っていただくことをおすすめします。

地元の工務店でトイレを買うメリットや工事方法

地元の工務店でトイレを購入するメリット

一番のメリットは、親しみやすさと近所付き合いがしっかりしている工務店であれば、顔なじみの方が工事してくれる点です。

また工務店であれば、大がかりなリフォームでも構造躯体等のことをしっかり把握しているため、総合的な提案ができる可能性が高いです。商品自体は、よく使っているメーカーは詳しいですが、あまり使っていないメーカーだったりすると、あまり詳しくない可能性もあります。ただ工務店は親身に相談にのってくれる可能性が高いと思います。

地元の工務店でトイレを購入するデメリット

先ほどのリフォーム業者と同様の話ですが、工務店が商品代にも自社の利益をのせるため、商品代だけで見ればインターネットに比べて高くなりがちです。

また工務店によっては、少額のリフォームはあまり積極的にしない会社も中にはあります。トイレの入替工事ぐらいですと少額のリフォームになってしまうので、新築工事で忙しい工務店であれば、もしかしたら後回しになってしまうかも知れません。

しっかり親身になってくれる工務店もいらっしゃるので、そういった工務店を探してみてください。

まとめ

費用面を重視されたい方、また現地調査などが煩わしいと思う方は、インターネットで注文されることが一番かと思います。紹介したように、最近は工事も問題ない業者が多く出てきてるので、リフォーム専門会社と大差のない工事をしてくれたりします。

また商品をしっかり自分の目で見たい、気軽に相談をしたい方は家電量販店がおすすめですし、やはり価格は二の次で専門家に相談したい、地元のよく知っている方に頼みたい方は、リフォーム専門会社や工務店に相談されることをおすすめします。

上記を考慮して、ご自身に合う会社を選んでみてください。