サティスSのメリット・デメリット!口コミでの評判や価格相場も

LIXILで人気のタンクレストイレ「サティスS」の特徴やメリット、後悔しないために知っておきたいデメリット、最新機能やリフォーム価格相場、購入した人の評判や口コミまで徹底紹介!便座だけの交換はできるのか?対応排水芯は?などの疑問にもお答え!

4,309view

最終更新:

サティスSのメリット・デメリット!口コミでの評判や価格相場も

目次

サティスSの特徴

より広い空間を生み出すタンクレストイレ

従来のタンク付きトイレの奥行きが790mmに対し、サティスSは650mmと140mmもコンパクトな上、便器前方に向かって斜めに絞ったデザインを採用したことで、より広いトイレ空間といった印象を与えてくれるタンクレストイレです。タンクの圧迫感もないため狭いトイレ空間も広々と感じられます。

日々の掃除のストレスが軽くなる機能

便器のフチをなくしたことでひと拭きで掃除ができる「フチレス形状」、便座が真上に持ち上がり便器との隙間を掃除しやすくした「電動お掃除リフトアップ」、泡で尿の飛び跳ねを抑える「泡クッション」など、日々の掃除を楽にする機能が搭載されています。

便器や便座、ノズルまでまるごと除菌

プラズマクラスターイオンが便器内や便座裏、便ふた裏やノズルまわりなど、水が行き届かない部分までしっかり除菌する「鉢内除菌」、使用後にノズルを銀イオン水で洗浄・除菌する「ノズル除菌」など、衛生面が気になる方にうれしい機能も数多く搭載されています。

水垢や汚れが落としやすい

便器には、トイレの汚れの原因となる水垢の固着、汚物の付着、細菌の繁殖、表面のキズのすべてに対応する技術「アクアセラミック」が施されています。特に水垢や汚物が付着しにくく落としやすいため、便器を長くキレイに保つことができます。

使う人に優しい機能も搭載

便ふたが自動開閉する「フルオート便座」、立ち上がると自動で大小を切り替えて洗浄する「フルオート便器洗浄」、おしり洗浄ノズルとは別に用意された「女性専用レディスノズル」など、使う人にとっての優しい機能が搭載されている点もサティスSの特徴です。

※フルオート便座はS6グレードのみの機能です。またS5グレードのフルオート便器洗浄は、男性小洗浄に対応していません。

サティスSのメリット

トイレ空間がオシャレに生まれ変わる

磨き上げられたシンプルなデザインのサティスSは「2021年度iFデザイン賞」や「グッドデザイン賞」を受賞するなど、その意匠性が認められたタンクレストイレです。ワンランク上のオシャレなトイレ空間をイメージしている方にピッタリです。

毎日の掃除を楽にしてくれる機能が充実

毎日何度も利用するトイレは掃除を怠るとすぐに汚れが溜まり、雑菌が繁殖するなど不衛生な状態になってしまいます。サティスSに搭載された「フチレス形状」や「電動お掃除リフトアップ」「アクアセラミック」などの機能は、そうした負担を軽くしてくれます。

除菌や動作サポートなどでトイレが気持ちよく使える

掃除が行き届きにくい便器の隅々や便座裏、便ふた裏などをプラズマクラスターイオンで自動除菌してくれる機能や、ノズルの自動洗浄機能、便ふたの自動開閉や自動洗浄など、トイレを気持ちよく使うための機能が多く搭載されています。

※フルオート便座はS6グレードのみの機能です。またS5グレードのフルオート便器洗浄は、男性小洗浄に対応していません。

使うたびに節水効果が得られる

INAXの技術により超節水ECO5(大5L/小3.8L)、超節水ECO6(大6L/小5L)という優れた節水性を実現しています。従来の大13L、大8Lといったトイレと比較した場合、普通に使うだけで節水効果が得られます。

※超節水ECO6は床上排水155mmタイプの場合のみです。

連続使用もストレスフリー

一般的なタンク式トイレは、タンクに水が溜まるまで待たなければならないため連続使用には向いていません。サティスSは水道水を直接洗浄に使用するタンクレストイレなので、朝の忙しい時間帯などでもストレスなく連続使用ができます。

停電時でも使用できる

タンクレストイレは電気で水を流すため、停電時に使用できなくなる場合がありますが、サティスSは停電時でも手動で水を流すことができます。

後悔しないために!サティスSのデメリット

組み合わせトイレなどと比べると価格が高い

便座と便器・タンクを自由に選べる組み合わせトイレや、便座と便器・タンクが一体になった一体型トイレと比べると、サティスSなどのタンクレストイレは価格が高くなります。

好きな便座を選べない

サティスSは「S6」「S5」のグレードから選ぶことができますが、いずれも便器と便座が一体型のため便座だけを選ぶことができません。

便座だけの交換ができない場合がある

LIXILでは古いサティスなどのタンクレストイレ向けに「リフレッシュシャワートイレ」という交換用の便座(機能部)が販売されています。しかしサティスSに対応する交換用機能部が今後発売されるかどうかについては、情報がありません。

また便座の故障の際は、部品の供給があれば交換などの修理対応となりますが、LIXILのシャワートイレの電気部分の保証期間は標準保証2年、リクシルオーナーズクラブ(無料)に製品登録をするとプラス3年の最長5年です(販売店独自の保証は除きます)。

保証期間が過ぎ、修理費用が高額になる場合、または補修用性能部品の保有期間(LIXILのシャワートイレ一体型便器は製造打ち切り後15年)が過ぎている場合は、トイレを丸ごと交換しなければならないことがあります。

手洗いが付いていない

サティスSには手洗いが付いていません。今お使いの手洗いがあればそのまま使用するか、なければ新たに手洗いを設ける必要があります。なお「サティスリトイレ 手洗器付」であればサティスの給排水を利用することで手洗器を工期が短く簡単に設置することが出来ます。

サティスSの評判・口コミ

20年近く使用したサティスのリモコンボタンが壊れてしまい、買い替えました。電動お掃除リフトになり、今まで大変だったお掃除がとても楽になるので、購入してよかったです。見た目もすっきりした形で、やはり新しいものは気分も上がります。

引用元:楽天みんなのレビュー

15年使った古いトイレから交換しました。タンクがない分トイレが広くなりました。節水機能や掃除が楽そうなふちレス便器も気に入っています。安くはないけれど、今後の快適さを考えるといい買い物をしたと思います。

引用元:楽天みんなのレビュー

便器部デザインがとてもスッキリしていて、長く使えそうです。流す音が大きいですがこの水量で洗浄力は高いなと感じます。

引用元:楽天みんなのレビュー

サティスSの機能

アクアセラミック

サティスSの便器表面に用いられている、水垢の固着を防ぐ独自技術です。水との親和性にも優れており、汚物の下に入り込んで浮かせて流すため汚れも付着しにくくなっています。傷に強く、雑菌の繁殖を抑えてニオイを軽減する抗菌仕様にもなっています。

電動お掃除リフトアップ

リモコン操作で便座が真上に持ち上がる機能です。汚れが溜まりやすい便器と便座の隙間も、雑巾を差し込んで楽に拭き取れます。

鉢内除菌

プラズマクラスターイオンが、水がかからず汚れや雑菌が残りがちな便器の隅々、便座や便ふたの裏側、ノズルまわりなどに行き届いて浮遊するカビ菌や付着菌を除菌します。ニオイの原因菌も除菌するため消臭効果も得られます。

フルオート便座・フルオート便器洗浄

便器に近づくと便ふたが自動で開き、離れると閉まるのがフルオート便座で、S6グレードに搭載されている機能です。便ふたに触れずに開閉できる上、閉め忘れもないため冬場の便座の保温にかかる電気代の節約にもつながります。

便座から立ち上がると便器を自動で洗浄するのがフルオート便器洗浄です。S6グレードは着座時間によって大小を切り替えてくれます。S5グレードは大にのみ対応しています。

女性専用レディスノズル

おしり洗浄用のノズルとは別にもう1本、女性専用のビデ洗浄用ノズルが搭載されています(ノズルが2本同時に出ることはありません)。凹凸が少なく拭き掃除がしやすい形状で、先端だけを取り外せるので交換も楽にできるのが特徴です。

サティスS共通機能

キレイ機能

  • アクアセラミック
  • 鉢内除菌
  • パワーストリーム洗浄
  • 電動お掃除リフトアップ
  • 女性専用レディスノズル
  • ノズル除菌
  • ノズルシャッター
  • ノズルお掃除モード
  • ノズルそうじ
  • ノズルオートクリーニング
  • ノズル先端着脱
  • キレイ便座
  • 便フタワンタッチ着脱
  • 抗菌樹脂(ISO抗菌準拠)

エコ機能

  • 超節水トイレ(ECO5/ECO6)
  • スーパー節電
  • ワンタッチ節電(8h)

洗浄機能

  • おしり洗浄(パワフル・マイルド)
  • ビデ洗浄
  • おしりワイド洗浄
  • おしりターボ洗浄
  • スーパーワイドビデ洗浄
  • ノズル位置調節

快適機能

  • フルオート便器洗浄(リモコン便器洗浄)
  • 温風乾燥
  • 暖房便座
  • スローダウン便座
  • 便座ヒーターオートOFF
  • 着座センサー
  • Wパワー脱臭
  • リモコン
  • スマートフォンリモコン
  • スマートリモコン(オプション)
  • インテリアリモコン(オプション)
  • 停電対応

グレード別機能

S6

  • フルオート便座
  • ほのかライト
  • フルオート便器洗浄(リモコン便器洗浄)※男性小洗浄に対応
  • 便フタ閉後洗浄モード

S5

  • フルオート便器洗浄(リモコン便器洗浄)※男性小洗浄には非対応

サティスSのリモコンは4種類

リモコン

標準的な壁リモコンで、サティスSはグレード問わずホワイト1色のみとなります。丸みがあって空間になじみやすいデザインが特徴です。操作スイッチを均等に配置するなど、見やすさや使いやすさも考えられています。こちらは設定リモコンに対応しています。

※設定リモコンとは、おしり・ビデ洗浄や便座の温度設定など、使用頻度が低い機能を設定できる、本体リモコンとは別に用意されたリモコンです。

スマートリモコン

オプションで選べるコンパクトなリモコンです。着座すると本体の「ほのかライト」が5秒間点灯したり、フレームに金属素材を採用したりなど、質感にこだわったリモコンが、トイレ空間をよりスタイリッシュでオシャレに見せてくれます。こちらも設定リモコンに対応しています。

※「ほのかライト」はS6グレードのみの機能です。
※設定リモコンとは、おしり・ビデ洗浄や便座の温度設定など、使用頻度が低い機能を設定できる、本体リモコンとは別に用意されたリモコンです。

インテリアリモコン

同じくオプションで選べるリモコンです。紙巻器とコンパクトなリモコンの一体型のため、壁がスッキリ見えるだけでなく、まとめたことで使いやすさも向上しています。設置する際は対応する紙巻器(別売)を選ぶ必要があります。

スマートフォンリモコン

専用アプリをインストールすれば、Bluetoothを介してお手持ちのスマートフォンからサティスSを操作できるようになります(対応機種の最新情報はLIXILのホームページで確認できます)。アプリではシャワートイレの個人設定などを登録しておくことができます。

サティスSが故障した場合は、部品供給があれば修理できる

サティスSが故障した場合は、基本的に修理での対応となります。部品の供給(LIXILのシャワートイレ一体型便器は製造打ち切り後15年)があれば修理できます。

部品の供給が無く、修理ができない場合は、トイレをまるごと交換となる可能性があります。

過去のタンクレストイレでは交換用の便座も存在

古いサティスなど、一部の古いLIXILタンクレストイレに対応している交換用の便座(機能部)「リフレッシュシャワートイレ」が発売されており、便座(機能部)が壊れた場合でも取り替えて使い続けることが可能です。

ただし、今後サティスSも同様に交換用の便座が発売されるかは、現時点では情報がありません。

市販品の他の便座への交換はできない

サティスSは専用便器機能部を使用しているため、市販の便座やほかのシートタイプのシャワートイレなどへの交換はできません。

サティスSの排水の種類

床排水の対応排水芯

サティスSの床排水は排水芯「200mm(固定)」と「200〜450mm(リトイレ対応可変)」に対応しています。

壁排水の対応排水芯

サティスSの壁排水は排水芯「120mm」と「155mm」に対応しています。

床排水と壁排水の違いと見分け方

便器から床下に排水管が伸びているのが床排水です。マンションなど集合住宅や、一戸建てに見られる排水方式です。排水管は隠れているため目で見ることができません。一方、便器後方から壁に排水管が伸びているのが壁排水です。公団住宅や一部のマンションなどに見られる排水方式で、こちらは太い排水管を目で確認できます。

排水芯と測り方

  • 床排水:便器後方の壁から排水管の中心までの距離
  • 壁排水:床から排水管の中心までの高さ

排水芯はこの方法で調べることができます。床排水と壁排水では測り方が異なりますので覚えておきましょう。

品番と施工図から排水芯を調べる方法もある

リフォームなどで今お使いのトイレの排水芯を調べる必要がある場合は、LIXILのホームページで施工図を検索して調べることができます。このとき品番または製造番号などが必要になります。便器側面に貼られているラベルに書かれた番号を控え、LIXILのお客様相談センターに問い合わせてみてください(品番がわからない、ラベルがない場合も問い合わせてみましょう)。

サティスSの洗浄水量はECO5「大5.0L/小3.8L」とECO6「大6L・小5L」

サティスSの洗浄水量は超節水ECO5で「大5.0L/小3.8L」、超節水ECO6(床上排水155mmタイプの場合のみ)で「大6L/小5L」です。従来製品と比べて大幅な節水効果が期待できます。

大13L(1989〜2001年発売品)と比較した場合の節水効果

  • ECO5:約69%の節水(水道代年間約13,800円の節約)
  • ECO6:約60%の節水(水道代年間約12,000円の節約)

大8L(2002〜2006年発売品)と比較した場合の節水効果

  • ECO5:約49%節水(水道代年間約6,100円の節約)
  • ECO6:約34%節水(水道代年間約4,300円の節約)

サティスSは手洗いなし

サティスSはタンクレストイレですので手洗いがありません。今お使いの手洗いをそのまま使用するか、新たに設ける必要があります。リフォームを検討しているご家庭であれば、次に紹介する「サティスリトイレ 手洗器付」を選ぶ方法もあります。

「サティスリトイレ 手洗器付」なら短期間で設置可能

サティスSの給排水管を利用するため工期が短くて済む

「サティスリトイレ 手洗器付」は、サティスSの給排水管を利用した手洗い器です。新たに給排水管を設置したり移設したりする必要がないため、工期が短いのが特徴です。早ければその日のうちにトイレが使える可能性があります。

壁に沿ってL字型またはストレート型があり、排水管や配線、止水栓やコンセントなどもパネルで隠れるため雑多な感じがなく、むしろオシャレな雰囲気に仕上がります。

手洗い器下などは収納スペースとして使えるためトイレ空間がスッキリ見えるだけでなく、手洗い器にもアクアセラミック加工が施されていますので、水垢が付きにくく楽にお手入れができます。

※「サティスリトイレ 手洗器付」を選ぶ場合、L字やストレートなどタイプによって対応している排水芯が異なる場合があります。事前にLIXILお客様相談センターまたはリフォーム業者などに、問題なく設置できるか確認しておきましょう。

サティスSのカラーは4種類

サティスSのカラーは、ピュアホワイト、オフホワイト、ピンク、ブルーグレーの4色がラインアップされています。このうちピンクとブルーグレーは受注生産となり、納期は大型連休を除き受注後約1週間となっています。

サティスSの本体寸法

  • 幅:400mm
  • 奥行き:635mm
  • 高さ:542mm

サティスSの工事費込みリフォーム料金の相場

料金は、商品(トイレ)+設置工事費の総額費用(消費税込み)の相場です。

  • S6グレード床排水:224,000〜280,000円程度
  • S6グレード壁排水:200,000〜380,000円程度
  • S5グレード床排水:199,000〜330,000円程度
  • S5グレード壁排水:220,000〜350,000円程度

グレードと排水の種類、販売店などによって変わってきますが、サティスSのリフォーム価格はこのあたりが相場となっています。トラブルを避けるため、工事費用に既存の便器の撤去や処分にかかるコストも含まれているかどうか、事前に確認しておくと安心です。