日立IHクッキングヒーターの故障。エラーコードや症状別の対処法と修理費用

日立IHクッキングヒーターでよくある故障・エラーとその原因・対処方法を徹底解説!「C**」「H**」などのエラーコードの意味、「電源が入らない」「漏電ブレーカーが落ちる」「温まらない」などの原因と対策、リコール情報や修理費用の目安も紹介!

149,153view

最終更新:

日立IHクッキングヒーターの故障。エラーコードや症状別の対処法と修理費用

目次

「C**」「H**」のエラー表示が出る

日立IHクッキングヒーターの操作パネル(上面はIHヒーター、前面はグリル)に「C**」「H**」といったエラー・お知らせが表示されている間は操作ができません。

エラー解消のためなどに再度操作する必要がある場合、まずエラー表示を消す必要があります。IHヒーターやグリル・オーブンの電源を入れ直してみましょう。

エラー表示やお知らせが消えたら、本記事で解説している症状やエラーコードごとの対処方法に沿って操作をしてみてください。

なお、対処方法に沿って操作をしても解消しない、同様の表示が出る、別のエラー表示やお知らせが出るという場合は、IH専用ブレーカーを入れ直します。

ここまで試しても解消しないときは、購入した販売店または日立の修理相談窓口に点検・修理を依頼してください。

日立製IHクッキングヒーターの修理相談問い合わせ先

日立IHクッキングヒーターのトッププレートが割れた

日立IHクッキングヒーターのトッププレートが割れてしまった場合の対応方法についてご紹介していきます。

すぐに使用を中止し、日立へ修理依頼を

日立IHクッキングヒーターのトッププレートが割れてしまった場合、そのまま使用を続けるのは非常に危険です。たとえば煮こぼれや吹きこぼれが起きた際に、トッププレート割れ目から中の基盤へ浸水し、基盤の故障などにも繋がります。そのため、トッププレートが割れてしまった場合はすぐに使用を中止し、日立へ修理連絡をしましょう。

日立製IHクッキングヒーターの修理相談問い合わせ先

日立IHクッキングヒーターの電源がつかない

日立IHクッキングヒーターの電源が入らない場合の対応方法についてご紹介していきます。

IH専用ブレーカーが落ちている

日立IHクッキングヒーターの電源が入らない場合にまず考えられる原因は、IH専用ブレーカーが落ちてしまっていることです。特に停電後にIH専用ブレーカーを上げ忘れているケースもありますので、確認するようにしましょう。

電源コードが抜けてる(据置タイプの場合)

お使いの日立IHクッキングヒーターが据え置きタイプの場合、電源コードが抜けている可能性が考えられます。電顕コードの電源プラグが、コンセントにしっかり挿し込まれているか確認しましょう。また、電源プラグが緩んでいないかどうかもチェックしましょう。

ロースターグリルのお手入れ不足による劣化

日立IHクッキングヒーターのロースターグリル(魚焼きグリル)を掃除していないと、劣化によりIHクッキングヒーターの電源が入らなくなってしまう場合があります。予防策としては、庫内クリーンや空焼きと呼ばれるお手入れ方法で、ロースターグリル内の油を焼き切ることで劣化を防げる場合もあります。ただし、エラーコード「H5」が表示されていたり、ロースターグリルの電源がつかない場合は、日立へ修理連絡をしましょう。

IHクッキングヒーターが故障している

上記のいずれにも当てはまらない場合、IHクッキングヒーターが故障していることが考えられます。特に吹きこぼれや煮こぼれ後に電源が入らなくなった場合は、IHクッキングヒーター内部の基盤が浸水で故障していることも考えられますので、日立へ修理連絡をしましょう。

日立製IHクッキングヒーターの修理相談問い合わせ先

表示部の[CP]エラーが消えない・拭いても動かない

日立IHクッキングヒーターの表示部に[CP]エラーが表示されるのは、操作キーが誤って押されたとセンサーが判断し、安全のために加熱を止めたためです。

[CP]エラー表示の原因と対応方法

操作キー部分に汁が吹きこぼれていたり、水分が付着している

「切」キーを押し、付着している汁や水分を、タオルなどで拭き取ってください。

操作キー部分に鍋やフォークなどが載っている

「切」キーを押し、操作キーの上に載っている物を取り除いてください。

操作キー部分に誤って肘や手のひらなどが触れてしまった

「切」キーを押してください。

それぞれの原因に対して処置が終わったら、「火力」キーを押したあと「スタート」キーを押してください。

IHヒーターの上に鍋をのせても交互にランプが点灯して加熱しない、温まらない

日立IHクッキングヒーターで、IHヒーターの上に鍋をのせても交互にランプが点灯して加熱しない、温まらない場合の対応方法についてご紹介していきます。なお、ブザー音がなって加熱しない、表示部に「C16」や「C17」が表示され温まらない等の不具合についても、同様の対応をお試しください。

IH対応の鍋か確認する

IHクッキングヒーターは使用できる鍋が限られています。IH非対応の鍋をIHヒーターの上に置いても、鍋はIHヒーターに認識されず、加熱されないため温まりません。また、IHヒーターにIH非対応の鍋を置くと、ブザー音が鳴って加熱しなかったり、表示部に「C16」や「C17」が表示され温まらない機種も存在します。使用している鍋がIH対応のものか確認しましょう。

IHクッキングヒーターで使用できる鍋と非対応の鍋の一覧は、こちらの記事をご覧ください。

鍋の底に汚れなどがないか確認する

鍋の底に汚れなどがついていると、IH非対応の鍋を置いた場合と同様に、IHヒーターが鍋を認識しない場合があります。鍋の底を確認して、汚れやゴミが付いていたら掃除して取り除きましょう。

IHクッキングヒーターが故障している

上記のいずれでもない場合、IHクッキングヒーター自体が故障している可能性があります。日立へ修理依頼をしましょう。

日立製IHクッキングヒーターの修理相談問い合わせ先

日立IHクッキングヒーターの火力調整ができない

日立IHクッキングヒーターの電源はつくが、火力の調節がとろ火や弱火しかできない場合などの原因と対応方法をご紹介します。

火力コントロール基盤の故障

日立IHクッキングヒーターで火力調節ができなくなってしまう原因は、IHクッキングヒーター内部の火力コントロール基盤が故障している可能性があります。自力では直せませんので、日立へ修理連絡をするようにしましょう。

日立製IHクッキングヒーターの修理相談問い合わせ先

日立IHクッキングヒーターのグリルスイッチがつかない

日立IHクッキングヒーターのグリルスイッチが入らない場合の対応方法についてご紹介していきます。

総電力の最大定格を上回っている

日立IHクッキングヒーターのロースターグリル(魚焼きグリル)の電源が入らない原因として、IHヒーターを最大火力で2つ以上同時に使用している場合が考えられます。

国内で販売されているIHクッキングヒーターには、総電力の最大定格(超えてはいけない値)が5,800Wと定められています。仮に200VのIHクッキングヒーターで左右のIHヒーターを最大火力(3,000W)で使用したとすると、自動で火力を調整して5,800Wになるため、ロースターグリルの電源を後から入れようとしても入らない場合があります。なお、古い機種には自動火力調節機能がついていない場合もありますので、説明書で確認するようにしましょう。

ロースターグリルの故障

上記の他に日立IHクッキングヒーターのグリルスイッチが入らない原因として考えられるのは、ロースターグリルが故障しているケースです。ロースターグリルは、お手入れを怠っていたりすると故障してしまうことがあります。もしロースターグリルが故障していると思ったら、日立へ修理連絡をしましょう。

日立製IHクッキングヒーターの修理相談問い合わせ先

使用しようとすると漏電ブレーカーが落ちて使えない

日立IHクッキングヒーターを使用しようとすると漏電ブレーカーが落ちてしまう理由は、IHクッキングヒーターのどこかで漏電が発生しているためです。漏電が発生する理由はさまざまあります。

煮こぼれ・吹きこぼれによる漏電

煮こぼれや吹きこぼれによってIHクッキングヒーター内部の機械が濡れてしまうと、漏電ブレーカーが落ちる場合があります。その場合、1日程度IHクッキングヒーターを使用せずに乾かすと直る場合があります。ただし、吹きこぼれた液体に水以外の成分が混じっている場合、乾いた後でも漏電ブレーカーが落ちてしまう場合があります。

ロースターグリルの劣化による漏電

ロースターグリル庫内にこびりついた魚の油などをそのままにしておくと、ロースターグリル庫内が劣化して、漏電してしまう場合があります。

ゴキブリなどの害虫による漏電

意外と多いのが、ゴキブリなどの害虫がIHクッキングヒーター内部で感電して死亡し、その死骸を通じて漏電が発生しているパターンです。

漏電ブレーカーが落ちる時は、日立へ修理依頼が必要

上記では漏電の理由について紹介しましたが、どのケースであっても、復旧しない場合は日立による修理が必要になります。できるだけ早く日立へ修理依頼をするようにしましょう。

日立製IHクッキングヒーターの修理相談問い合わせ先

使用中にラジエントヒーターが赤くなったり消えたりする

日立IHクッキングヒーターを使用中に、ラジエントヒーターが赤くなったり消えたりするのは、火力コントロールや温度調節機能が働いているためで故障ではありません。なお、最大火力「3」の場合でも、温度調節機能のはたらきで赤くなったり消えたりすることがあります。

日立IHクッキングヒーターの調理中に加熱が止まる

日立IHクッキングヒーターの調理中に加熱が止まる原因として、以下のようなパターンと原因があります。、それぞれの原因に対する対処方法を記述します。

IHヒーターで調理中に表示部に[C11][C21][C51]が表示されて加熱が止まる

鍋やフライパンの温度が異常に高くなり、危険を検知したためです。
以下のような使い方をしていないか確認するとともに、対処方法をお試しください。

鍋やフライパンを空だきしている(調理物を入れないまま加熱している)

「切」キーを押し、鍋やフライパンの中に調理物を入れてください。

炒め物の調理中に調理物が少なかったり、火力が強すぎる

「切」キーを押し、火力を弱めて調理をしてください。

揚げ物をするときの油が少なすぎる

「切」キーを押し、鍋と油をいったん冷ましたあとに、油を適正な量まで足して調理してください。

揚げ物メニューで調理中に表示部に[C12][C22]が表示されて加熱が止まる

鍋の温度を正しく測定できなくなったため、安全のために加熱が停止しています。
以下の原因を確認するとともに、「切」キーを押し対処方法をお試しください。

日立が指定しているIHクッキングヒーター用の鍋を使用していない

使用している鍋がIHクッキングヒーターに対応しているかどうか確認してください。IH非対応の鍋だった場合は使用を止め、必ずIHクッキングヒーターに対応した鍋を使用するようにしてください。

使用している鍋の鍋底に異物や汚れが付着している

鍋底に異物や汚れが付着している場合は、スポンジなどで水洗いをして取り除いてください。

使用している鍋の鍋底が変形している

鍋底が変形している場合は、使用を止め、鍋底が変形していない鍋を使用してください。

※上記の確認は、「切」キーを押し必ず油を冷ましたあと、別容器に移してから行ってください。

IHヒーターで調理中に表示部に[C13][C15][C16][C23][C25][C26]が表示されて加熱が止まる

鍋の温度を正しく測定できなくなったため、安全のために加熱が停止しています。
以下の原因を確認するとともに、「切」キーを押し対処方法をお試しください。

使用している鍋の鍋底が変形している

鍋底が変形している場合は、使用を止め、鍋底が変形していない鍋を使用してください。鍋底が変色していたり、鍋底が剥がれかけている場合も要注意です。

日立が指定しているIHクッキングヒーター用の鍋を使用していない

使用している鍋がIHクッキングヒーターに対応しているかどうか確認してください。IH非対応の鍋だった場合は使用を止め、必ずIHクッキングヒーターに対応した鍋を使用するようにしてください。また、鍋底の直径が12cm未満であったり、鍋底に反りがある鍋も使用できません。

鍋がIHヒーターの中央から大きくズレている

鍋をIHヒーターの中央に戻してください。

IHヒーターで調理中に表示部に[H15][H25][H55]が表示されて加熱が止まる

本体内部の温度が異常に高くなったため、安全のために加熱が停止しています。
以下の原因を確認するとともに、「切」キーを押し対処方法をお試しください。

排気カバーが鍋などで塞がれている

排気カバー(網状のフィルター)を塞いでいる鍋やふきんなどを取り除いてください。

排気カバーにホコリがたまっている

排気カバー(網状のフィルター)と中の排気口を取り外し、水洗いなどで綺麗にしてください。戻す場合は、水をふいてから戻してください。

オーブン調理時に加熱が止まる、電源がつかない

日立IHクッキングヒーターのオーブンを使用中に加熱が止まる原因として、以下のようなパターンと原因があります。、それぞれの原因に対する対処方法を記述します。

オーブンで調理時に表示部に[Cd]が表示されて加熱が止まる、電源が入らない

オーブンで調理時に表示部に[Cd]が表示されて加熱が止まったり、スタートを押しても電源が入らない場合は、オーブンドアが開いたままになっていることが原因です。オーブンドアをしっかりと閉めて、調理を行ってください。

オーブンで調理時に表示部に[C3][C4]が表示されて加熱が止まる

オーブン内部の温度が異常に高くなったため、波皿または平皿に落ちた脂などが発火するのを防ぐために加熱が停止しています。
以下の原因を確認するとともに、対処方法をお試しください。

同じ調理物(魚など)を繰り返して調理した

「切」キーを押してからオーブンドアを開け、いったん魚などの調理物を取り出し、オーブン内部を冷まします。表示部の「オーブン高温注意」表示が消灯したら、調理を再開しても大丈夫です。

オーブンで調理時に表示部に[CF]が表示されて電源が入らない

使用する付属品が違うことが原因です。「魚丸焼き」で「平皿」を使用している場合などに表示されます。調理で使用する付属品を、取扱説明書などで確認するようにしましょう。

日立IHクッキングヒーターのそのほかのエラーコードと対処方法

上記で紹介した以外のエラーコードやお知らせが表示された場合の、原因と対処方法はこちらにまとめています。

以下の対処方法を試しても同じエラーコードが表示されたり、新たに別のエラーコードが表示されたりしたときは、一度IH専用ブレーカーを入れ直してください。それでも改善しない場合は故障が疑われるため、購入した販売店や日立の修理相談窓口に点検を依頼してください。

日立製IHクッキングヒーターの修理相談問い合わせ先

上面操作パネル(IHヒーター)に[C18][C28][C58]が表示された

原因

  • 鍋底に反りや変形、剥がれがある
  • 鍋が光センサーの上に正しく置かれていない
  • 市販の汚れ防止シートを使用している
  • 調理物が鍋底にこびりついている
  • 鍋がIHヒーターの中央からずれている

対処方法

  • 鍋底の反り、変形、剥がれが見られる場合は新しい鍋を使う
  • 鍋をIHヒーターの中央に正しく置く
  • 市販の汚れ防止シートを使用しない
  • よくかき混ぜて食材がこびりつかないようにする

上面操作パネル(IHヒーター)に[C14][C24][H17][H27][H57]が表示された

原因

鍋の種類が違っている

対処方法

鍋の種類を確認する(交換する)

上面操作パネル(IHヒーター)に[C61]が表示され液晶表示が赤く点灯した

原因

  • 電源電圧が非常に高い
  • 電源電圧が非常に低い

対処方法

故障の可能性があるため販売店か修理窓口に点検を依頼

上面操作パネル(IHヒーター)に[H3b][H4b][H3C][H4C]が表示された

原因

光センサー異常
※光センサー窓に、太陽光やハロゲンランプなどが直接照射された場合に起こることがあります。

対処方法

センサー窓に太陽光やハロゲンランプなど(熱線)が直接当たらないようにする

上面操作パネル(IHヒーター)に[H3F][H4F]が表示された

原因

  • マイコン間の通信異常
  • 電源電圧の環境が不安定なことによる一時的な保護措置

対処方法

  • エラーが表示されていないほうのIHヒーターを使う
  • 電源を入れ直して改善した場合は、様子を見ながらそのまま使用可能

※電源の状態などによっては、しばらく改善しないケースもあります。

上面操作パネル(IHヒーター)に[H83]

原因

  • 電源スイッチを長押しした
  • 電源スイッチに異常が生じた
  • 電源電圧の環境が不安定なことによる一時的な保護措置

※電源スイッチがタッチボタン式だった場合、調理物のふきこぼれ、鍋のふたが触れている、水滴が垂れて付着しているといった理由でも長押し状態になることがあります。

対処方法

  • 電源スイッチを必要以上に長押ししない
  • 調理物や鍋のふた、水滴などを取り除く
  • IH専用ブレーカを一度切り、約30秒後に入れ直す

上面操作パネル(IHヒーター)に[H87]が表示された

原因

電源電圧の環境が不安定なことによる一時的な保護措置

対処方法

しばらく待つ

前面操作パネル(グリル)に[C6]が表示された

原因

  • 電源電圧が異常に高い
  • 電源電月が異常に低い

対処方法

故障の可能性があるため、販売店または修理窓口に連絡をしてください。

[H11]など上記以外の[H**]

いずれかのパーツに不具合が生じているため、販売店または修理窓口に連絡をしてください。

日立IHクッキングヒーターのリコール情報

2023年12月現在、リコールが発表されている日立IHクッキングヒーターは以下のとおりです。

リコール製品一覧

  • HTC-MA4(1993~1997年製)
  • HTC-MB4(1995~2001年製)
  • HTC-MC4(1999年製)
  • HTW-4DA(1999~2001年製)
  • HTW-4DAS(2000年製)
  • HTW-4SA(1999~2001年製)
  • HTW4DA-Y(2000年製)
  • HTW4SA-Y(2000年製)
  • CHCB3H1(1999~2001年製)
  • CHCB3S1(1999~2001年製)

リコール詳細

まれにノイズフィルタ基板のフィルムコンデンサが故障し、発煙する場合があります(2009年3月〜2012年10月までに計6件の発煙事故が発生)。製品の外に延焼することはありませんが、より安全に使用するために部品の無料交換を実施しています。

リコール連絡窓口|日立IHクッキングヒーター受付センター

フリーダイヤル:0120−572−882
受付時間:9:00〜13:00/14:00〜17:00(土日祝・年末年始・会社休日除く)
FAXフリーダイヤル:0120−340−538

日立IHクッキングヒーターの修理費用

日立IHクッキングヒーターの症状別に、修理費用の目安を掲載しています。実際の修理費用は現状を見た上で決まります。なお以下の費用はすべて出張料・技術料・部品代・消費税込みの合計金額です。

日立IHクッキングヒーターの修理費用目安一覧

  • 電源が入らない(ブレーカーも作動しない):42,000〜68,000円前後
  • トッププレート破損:46,000~54,000円前後
  • IHが加熱しない:42,000〜68,000円前後
  • オーブン・グリルが加熱しない:40,000〜55,000円前後
  • 「C**」が表示される:20,000〜68,000円前後
  • 「H**」が表示される:20,000〜68,000円前後

特に修理費用が高くなりがちなのが、インバーターの基盤交換で、50,000〜68,000円ほどが目安となっています。修理の相談・申し込みをする際は「型式」「症状と箇所(エラー番号・点滅回数)」「販売店の延長保証の有無」を準備しておきましょう。

日立製IHクッキングヒーターの修理相談問い合わせ先

修理で損する可能性も

長年使用されたIHクッキングヒーターの場合、修理してしばらくは使用できてもまた別の箇所に不具合が発生する可能性もあります。IHクッキングヒーターの寿命は10年前後と言われておりますので、修理すべきか・買い替えるかもご検討をお勧めいたします。

日立お客様相談センター

電話番号:0120-3121-11(携帯電話・PHS可)
FAX:0120-3121-34
受付時間:9:00~17:30(月~土)/9:00~17:00(日・祝日)/年末年始休業
Web受付フォーム(24時間

日立IHクッキングヒーターの交換目安

故障したIHクッキングヒーターを修理すべきか、買い替えるかで迷ったときは、以下の基準を目安にしてみてください。

修理したほうがよいケース

  • メーカーまたは販売店の保証が残っている
  • 購入後7年程度しか使用していない
  • 消耗品など軽微な部品交換程度

上記に該当する場合は修理がおすすめです。保証を利用する際は、補償対象の故障かどうか事前に確認しておいてください。またメーカー保証と、販売店の独自保証は受付先が異なるため間違えないように注意しましょう。

買い替えたほうがよいケース

  • 8年以上使用している
  • 落ちない汚れが増えた
  • 修理費用が高くなりそう
  • メーカーまたは販売店の保証が切れている

上記に該当する場合は、買い替えを検討しましょう。

エラーが頻発して長年IHを使用している場合は買い替え

エラーや不具合で使用に支障があり、長年IHクッキングヒーターを使用していている場合、寿命が近いのかもしれません。一般的なIHクッキングヒーターの寿命は10年程度ですが、補修用性能部品の保有期間は製造終了から8年のため、10年未満でも部品が残っていなければ買い替えを検討することになります。

また度々の問合せや修理といった時間や費用をかけるよりは、最新の機種に買い替えすることをオススメします。