原因はホコリと水?エアコンの冷房・暖房が臭いときの応急処置

エアコン内部のホコリやカビ、ドレン配管の汚れ、熱交換器のコーティング剤など、エアコンの冷房や暖房が臭い原因について解説。また、運転開始後10分窓を開ける、次亜塩素水を使用する、内部乾燥モードや送風などの応急処置も紹介。

376view

最終更新:

原因はホコリと水?エアコンの冷房・暖房が臭いときの応急処置

目次

エアコン冷房・暖房の風が臭い原因

エアコン冷房・暖房の風が臭い原因には、「エアコン内部に溜まったホコリやカビ」や、「ドレン配管に溜まった汚れ」などがあります。詳しく見ていきましょう。

エアコン内部に溜まったホコリやカビが原因

エアコン冷房・暖房からの悪臭は、エアコン内部に溜まったホコリや、そのホコリが原因で発生したカビが原因の場合が圧倒的に多いです。エアコン内部でホコリが溜まりやすい部品としては、ホコリを通さないための「フィルター」と、空気の温度を調節する「熱交換器(冷却フィン)」があります。

フィルターはホコリを通さないことが役目なので、当然ながらホコリが溜まっていきます。また、熱交換器(冷却フィン)も温度変化による結露(水蒸気)が発生しやすく、発生した結露にフィルターの網目を抜けてきた細かいホコリやゴミが付着し、汚れとして蓄積してしまいます。

冷房で悪臭がする原因は水?!

「夏場に冷房を使用するときだけ、エアコンから悪臭がする・・・」といった場合は、エアコン内部で発生する「水」が原因かもしれません。

エアコン内部に溜まるホコリやカビは、乾燥している場合はそこまで臭いを発しません。ところが、ホコリやカビが水分を含むと雑菌が繁殖しやすくなり、悪臭が発生する原因となってしまいます。

エアコン内部で発生する水とは、主に冷房時に熱交換器(冷却フィン)が空気を冷やすときに発生する結露水です。結露水は暖房時には発生しないため、夏場の冷房使用時のみ、エアコンから悪臭がするケースが多いのです。

水とホコリが原因の悪臭には、エアコン内部を乾燥させるのが効果的です。

ドレン配管に溜まった汚れも原因の一つ

ドレン配管は、エアコン内で発生する結露水などを排出するための管です。設置したばかりのドレン配管の中は綺麗ですが、使用を重ねるうちに汚れが蓄積し、ヘドロ状の汚れになってしまう場合があります。そして、ヘドロ状の汚れはドブのような悪臭を放ちます。

エアコンは外の空気を吸い込んで冷たくしたり暖かくしたりして室内へ送りだしますが、そのときにドレン配管内の空気も吸い込んでしまう場合があります。そのため、ドレン配管内が汚れていて悪臭を放っている場合、その臭いが室内にも送り込まれて、エアコンが臭い原因となってしまうこともあるのです。

ドレン配管内の清掃は業者に依頼

対策としてはドレン配管内を清掃して汚れを落とすことですが、素人にはできないため、エアコンクリーニング業者に依頼しましょう。エアコンクリーニング業者の選び方や料金などについては、こちらの記事をご覧ください。

ドレン配管内が綺麗なのに悪臭がする場合

ドレン配管内が綺麗なのに悪臭がする場合は、ドレン配管の出口付近に原因がある場合があります。エアコンはドレン配管内の空気だけでなく、ドレン配管出口付近の空気まで吸い込んでしまう場合があります。そのため、ドレン配管出口付近の空気が臭い場合、その臭いが室内に流れ込んできてしまうことがあるのです。

対策としては、ドレン配管出口付近にある生ゴミや排水口など、悪臭を放つ原因となっていそうなものを除去したり掃除する必要があるでしょう。また、外部からの汚臭などの侵入を防ぐドレントラップを設置すれば、防臭効果が期待できます。

新品エアコンが臭い時は施工不良や故障の可能性も

設置したばかりの新品エアコンの風が臭い場合は、以下の原因が考えられます。

酸っぱい臭いは熱交換器のコーティング剤が原因?

設置したばかりの新品エアコンから酸っぱい臭いがする場合、熱交換器(冷却フィン)に使用されているコーティング剤が原因の可能性があります。なお、コーティング剤によっては「ホコリやセメントっぽい」場合もあります。

どうしても臭いに我慢ができない場合は、購入店舗やメーカーに相談してみるのが良いでしょう。初期不良として交換に応じてくれる場合もあります。

タバコやペットなどで部屋が臭い

部屋がタバコやペットの臭いなどで充満している場合、それらの臭いがエアコン内部にこびりつき、悪臭につながっている場合もあります。もし心当たりがある場合は、室外でタバコを吸うようにしたり、床に落ちているペットの毛などをこまめに掃除すると改善する場合があります。

エアコンの施工不良や初期不良

その他の原因としては、エアコンの初期不良や設置工事時の施工不良が考えられます。エアコンの初期不良や施工不良であれば、無償で交換してもらえますので、新品エアコンから悪臭がする場合は購入店舗やメーカーに問い合わせてみましょう。

室外機はエアコンの悪臭とは無関係!

エアコン室外機と室内機はホースで繋がれているため、室外機が汚れていると、室内機にまで汚い空気が入ってくると思うかもしれませんが、それは間違いです。

室外機と室内機の間を行き来しているのは「冷媒」です。冷媒は熱を運ぶ性質をもったガスで、この冷媒によってエアコンは涼しい空気や温かい空気を出すことができます。

つまり、エアコン室内機と室外機は直接空気のやり取りをしていませんので、空気に含まれる「臭い」が室外機から室内機へ移ってくることはありません。ただし、室外機が汚れているとエアコンの効きが悪くなったり故障の原因となるため、定期的に掃除をしたほうが良いことには変わりありません。

エアコンの臭いをすぐ消したい時の応急処置

ここでは、「エアコンを運転開始後10分ほど窓を開ける」、「エアコン内部を乾燥させる」、「消臭スプレーを使用する」など、エアコンが臭いときにすぐできる応急処置を紹介していきます。

エアコンを運転開始後10分ほど窓を開ける

エアコンの運転開始直後は、エアコン内部に溜まっているカビの胞子が一斉に吹き出します。そのため、エアコンの運転を開始してから10分ほど窓を開けることで、吹き出したカビの胞子が外に出るので、室内が臭うのを防ぐことができます。

エアコン冷房・暖房の悪臭を根本的に解決するにはコチラ

「内部乾燥モード」でエアコン内部を乾燥させる

エアコンが臭い原因でもお話しましたが、エアコン冷房の風が臭い理由には熱交換器(冷却フィン)から発生する「結露水」が大きく関わっています。結露水により、エアコン内部のホコリが湿った状態になることで、カビや雑菌が繁殖しやすくなり、悪臭の原因となってしまうのです。

一番良い応急処置はエアコン内部の水気を取ることです。エアコン内部の水気は、「内部乾燥モード」や「内部クリーンモード」などを使用することで、効率的に乾かして脱臭することができます。なお、「内部乾燥モード」は三菱電機エアコンの機能になりますが、他メーカーにも内部を乾燥させることを目的としたモードが搭載されているはずなので、詳しくは説明書をご覧ください。

冷房使用後の「送風運転」も効果的!

もしも「内部乾燥モード」などの機能がついていないエアコンの場合は、冷房使用後(結露発生後)に30分~2時間程度「送風運転」を行うことで、冷房で発生した結露を乾燥させてカビや雑菌の繁殖を防ぐことができます。

エアコン冷房・暖房の悪臭を根本的に解決するにはコチラ

消臭スプレーを使用する

エアコンの風が臭い場合の手っ取り早い対処方法は、消臭スプレーを室内に散布することです。一時的ではありますが、エアコンから出る悪臭を除去できるでしょう。

ただし、「ファブリーズ」をエアコン内部に散布すると汚れが付着しやすくなり逆効果となってしまいますので、ファブリーズなどの消臭スプレーを使用する場合はエアコンに直接吹きかけず、室内に散布するだけにしましょう。また、「弱酸性次亜塩素酸水」は、人体に無害なうえに強力な消臭効果にも期待できます。

エアコン冷房・暖房の悪臭を根本的に解決するにはコチラ

エアコンの「自動フィルターお掃除」機能を使用する

一部のエアコンには「自動フィルターお掃除」機能が搭載されています。「自動フィルターお掃除」機能は、フィルターに溜まったホコリを、エアコンが自動的に除去してくれる機能です。

ただし、人の手で掃除する場合に比べると汚れが残りやすいので、完璧に綺麗にしてくれる訳ではありませんが、ホコリを減らすことでエアコンの悪臭を軽減する効果は期待できると思います。

エアコンの臭いを除去・予防する方法

ここでは「エアコン室内機を自分で掃除する」や「エアコン掃除業者へ依頼」など、エアコンが臭い時の根本的な解決策を紹介していきます。

エアコン室内機を自分で掃除する

エアコンが臭い場合の根本的な解決方法としてまずご紹介したいのは、エアコン室内機を自分で掃除することです。

エアコン室内機を自分で掃除する場合の主なポイントは、ホコリを防ぐ役割をもった網目状のフィルターと、さら奥にある細い金属板が横に並んだような形状をした熱交換器(冷却フィン)です。

フィルターと熱交換器を自分で掃除する方法については、こちらの記事で詳しく解説しています。

徹底的に綺麗にするならエアコン掃除業者へ依頼!

エアコンのホコリやカビなど、嫌な臭いの原因となる汚れを徹底的に綺麗にしたいのであれば、エアコン掃除業者へ依頼へ依頼するのがオススメです。

エアコン掃除業者は、自分で掃除をする場合に比べて、

  • エアコンを分解して内部まで掃除してくれる
  • 故障や事故に繋がらないようにしっかり養生してくれる
  • 自分で掃除するよりも短時間で手間もかからない

などのメリットが存在します。

おすすめのエアコン掃除業者の紹介や、依頼する時の注意点などについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

エアコン自体を買い替える

エアコンの冷房・暖房が臭い場合は、エアコン内部にたまったホコリやカビを除去するのが最も効果的ですが、自分で掃除をするのは手間がかかりますし、掃除業者に依頼した場合でも1万円程度の費用がかかってしまいます。しかも、エアコンクリーニングは年1回の頻度で行うことが推奨されますので、毎年1万円程度かかってしまうことになります。

エアコンクリーニングに1万円程度かけるなら、新しいエアコンへ買い替えてしまったほうが、確実に悪臭から開放されるだけでなく、経済的かもしれません。6畳用エアコンであれば、最新機種でも工事費を含めて5万円以下で購入できます。

おすすめ基本工事費込みセットエアコン!

おすすめ基本工事費込みセットエアコン!

参考価格:47,600円(税込)~(2018年7月23日時点)

また、新しくエアコンを買ったとしても、使い続けていくうちにまた内部は汚れてしまいます。エアコン内部の汚れをできるだけ防ぐために、「自動お掃除機能」つきのエアコンもオススメです。

三菱重工 ルームエアコン 6畳用ビーバーエアコン SRK22RM

三菱重工 ルームエアコン 6畳用

ビーバーエアコン SRK22RM

参考価格:49,980円(税込)~(2018年6月26日時点)

なお、最近では熱交換器(冷却フィン)のホコリを自動で除去してくれる機能を搭載したエアコンも発売されていますので、買い替えの際はそういった機種も検討してみてはいかがでしょうか。

日立 ルームエアコン・クーラー 6畳用白くまくん RAS-G22H

日立 ルームエアコン・クーラー 6畳用

白くまくん RAS-G22H

参考価格:95,040円~(2018年5月31日時点)

以下の記事では、損をしないためのエアコンの選び方や、6畳用エアコンのおすすめ人気ランキングを紹介しています。


賃貸エアコンが臭い場合の対処処方

賃貸物件のエアコンから悪臭がする場合、自分で掃除するべきなのか、管理会社や大家さんの負担でエアコンクリーニングを依頼してくれるのか気になるところだと思います。

基本的には入居者に掃除義務があるが・・・

賃貸物件で大家さんや管理会社が設置したエアコンは、基本的に入居者に掃除義務があります(善管注意義務)。そのため、エアコンから悪臭がする場合は入居者が掃除をしなくてはいけませんが、この方法はあまりオススメできません。

この後紹介しますが、大家さんや管理会社に相談すれば、大家さん側の負担でエアコンクリーニングを行ってくれる場合もありますし、自分で掃除を行うとエアコンが故障する危険性もあるためです。

自分で掃除をする場合は故障に注意

自分で賃貸物件のエアコンの掃除を行う場合、手順を一歩間違えるとエアコンの故障につながってしまいます。賃貸物件のエアコンが入居者の掃除によって故障してしまうと、大家さんや管理会社にエアコン代を弁償しなくてはいけない場合もありますので、掃除の際は細心の注意を払いましょう。

自分でエアコン掃除を行う場合は、以下の記事を読んで頂いて、エアコンが故障しないように注意してください。

入居してから数ヶ月以内なら大家負担の可能性大

入居してから数ヶ月以内で、はじめてエアコンを使用したにも関わらず、エアコンから悪臭がする場合は、大家や管理会社が入居前のエアコンクリーニングを怠っている可能性があります。この場合、大家さんや管理会社の負担でエアコンクリーニングを行ってもらえる可能性があるので、交渉してみることをオススメします。

交渉次第では大家さん負担になるケースも

上で「基本的には入居者に掃除義務がある」と書きましたが、勝手に掃除をすると故障してしまう危険もあるため、賃貸物件のエアコンが臭いときは最初に大家さんや管理会社に相談してみることをオススメします。エアコンクリーニングの対応は大家さんや管理会社ごとにかなり異なるため、場合によっては入居後数年たっていても、大家さん負担でエアコンクリーニングをしてくれるケースもあるからです。

このとき、「エアコンが臭いから自己負担でエアコンクリーニングをしたい」と言うのではなく、「エアコンから急に悪臭がするようになったのですが・・・」などと言って、大家さんや管理会社側で負担をしてくれるかどうか反応を確かめてみるのが重要です。また、10年以上古いタイプのエアコンの場合は、買い替えてもらえる可能性もあります。

そのため、賃貸物件のエアコンが臭いときは、まずは大家さんや管理会社に相談してみると良いでしょう。

悪臭を放置するとエアコン故障や病気の原因に!

エアコンの風が臭ければ臭いほど、それだけエアコン内部のフィルターや熱交換器(冷却フィン)には、多くのホコリやカビなどの汚れがこびりついていることになります。これらの悪臭の原因となるホコリやカビを放置すると、エアコンの内部の熱交換器(冷却フィン)などの故障に繋がりかねません。

もし、すでに現在エアコンに不調を感じる場合は、以下の記事をご覧ください。

また、エアコンから出るホコリやカビを長期間吸い込んでいると、「咳喘息」などの病気にかかるなど、人体への悪影響も心配されます。

エアコンの風が臭い場合は、できるだけ早くエアコン掃除をすることをオススメします。


原因はホコリと水?エアコンの冷房・暖房が臭いときの応急処置

目次