ピュアレストQRのメリットデメリット。価格相場や口コミも紹介

TOTOで人気のピュアレストQR。「こんなはずでは…」と後悔しないためにメリット・デメリットを確認!気になる口コミ評判や組み合わせにおすすめのウォシュレット、工事費込みの価格相場も掲載。機能や洗浄水量、排水寸法、カラーバリエーションなどの基本情報も。

1,368view

最終更新:

ピュアレストQRのメリットデメリット。価格相場や口コミも紹介

目次

TOTO製トイレ「ピュアレストQR」の特徴

TOTO 組み合わせ便器ピュアレストQR

TOTO 組み合わせ便器

ピュアレストQR

税込 34,892円~ ※タンクのみ商品に注意・便座別売り(2022/06/18 時点)

リーズナブルな価格帯

TOTOのピュアレストQRは、便座と便器・タンク(手洗い有り無し)を自由に選べる「組み合わせトイレ」です。便器と便座が一体の「一体型トイレ」、タンクがない「タンクレストイレ」と比べて、リーズナブルな価格帯の商品が多いのが特徴です。

好きな便座と組み合わせが可能

ピュアレストQRは便座を自由に選んで組み合わせできます。基本的には便器と便座は同一メーカーで揃える人が多いですが、便器はTOTO製が良い、便座はパナソニック製ががいいなど、他メーカーの便器と便座を組み合わせることも可能です。

※リモコン洗浄機能がついた温水洗浄便座はピュアレストQR専用品以外は使えません。

お手入れしやすいデザイン

ピュアレストQRは、ホコリが溜まりやすい便器側面の凹凸をカバーで覆っています。見た目がスッキリしているだけでなく、複雑に入り組んだ部分が少ないためお手入れもしやすくなっています。

手洗いしやすいボウル(手洗いあり)

ピュアレストQRの手洗いありは、従来品(2014〜2018年の商品SH231BA)と比べてボウルが深く設計されています。手が奥まで入れやすく水はねしにくい構造が特徴です。

高さを抑えたコンパクトなタンク

ピュアレストQRのタンクの高さは、従来品(2014〜2018年商品SH230BA)と比べて61mm低く設計されています。高さを抑えることでトイレ空間が広く使える特徴もあります。

ピュアレストQRのメリット

予算や欲しい機能に応じて便座を選べる

一体型トイレにはない自由度の高さは、ピュアレストQRの大きなメリットです。「便座も便器も安く抑えたい」「便器の値段は抑えて、便座だけ最新機能を搭載した機種にしたい」など、予算で絞り込んだり欲しい機能で組み合わせたりできます。

便座のみの交換が可能

便座が一体型のトイレの場合、便座が故障したらトイレを丸ごと交換しなければならないことがあります。その点、ピュアレストQRは便座だけを修理・交換できますので、費用を抑えることができます。

お手頃価格ながらTOTOの最新機能が満載

ピュアレストQRには、TOTOの便器に搭載されている最新機能が数多く含まれています。リーズナブルでコストパフォーマンスが高く、清掃性にも優れているなど、長く快適に使用できるメリットがあります。

使うたびに節水になる

TOTO独自の洗浄方式により高い節水性を実現しています。従来品と比較した場合、ピュアレストQRは使うだけで節水になるというメリットがあります。

水圧が低い場所にも設置可能

タンクレストイレは水道水をそのまま洗浄水に使用するため、水圧によっては設置できない場所があります。その点、ピュアレストQRはタンクに溜めた水で洗浄する方式のため、水圧が低い場所でも設置が可能というメリットがあります。

断水でも一度は使用できる

水道水を直接使用するタンクレストイレは、断水時に使用できなくなるデメリットがあります。一方、タンクに水を溜めるピュアレストQRなどの組み合わせトイレは、断水時でも水さえ溜まっていれば、一度ですが使用できるメリットがあります。

ピュアレストQRのデメリット

便座と便器の隙間に汚れが溜まりやすい

ピュアレストQRなどの組み合わせトイレは、一体型トイレやタンクレストイレと比べて凹凸や狭い隙間などが多いため、ホコリや跳ねた尿、汚水などが溜まりやすいデメリットがあります。

便器や便座、便ふたなどの清掃性は一体型トイレに劣る

入り組んだ部分が多く隙間も狭いため、掃除が行き届きにくい点もデメリットです。隅々まで掃除しようとしたら、便ふたや便座を便器から取り外す必要があるなど、お手入れが面倒なことがあります。

タンク式のため連続使用には適さない

タンクに水が溜まるまで待つ必要があるため、家族で暮らしているご家庭は朝の連続使用の際にストレスを感じるかもしれません。タンクに水が溜まる前に流した場合、汚物が残ったりつまったりする原因となることがあるため注意が必要です。

一体型トイレやタンクレストイレと比べて見た目が劣る

便座と便器・タンクの結合部分、入り組んだ部分、凹凸などが多いため、見た目が複雑な印象を与えるかもしれません。スタイリッシュさを重視したい方には、一体型トイレやタンクレストイレのほうが適しているでしょう。

一体型トイレについては以下の記事で紹介しています。

タンクレストイレについては以下の記事で紹介しています。

ピュアレストQRの口コミ

以前は一体型を使っていましたが、便座部のみの交換が出来ないので、今回はこちらの機種にしました。
やっぱりスタイリッシュなデザインより、実用性を考えたらこちらの方がいいと思います。
自動洗浄機能は使いませんが、ずっとリモコンスイッチで「流す」操作をしてきたのでF1Aにしました。
大、小、eco小のボタンがあり、水道代も安くなりそうです。

引用元:楽天みんなのレビュー

20年前の建築当時のままでしたので、古い型で13リットルの洗浄水が必要でした。
洗浄便座も故障してしまい、いい機会としてリフォーム用節水便器を選びました。
使用してみて本当にこんな少ない水量(4.8リットル)で流れるのかなと思いましたが全く問題ありません。
商品の特徴にもありましたが、汚れの付着も見られません。
進化しています。購入して良かったです。

引用元:楽天みんなのレビュー

お手入れ楽落(ラクラク)
【デザイン】
飽きがこないシンプル形状で飽きが来ないと思います。
【座り心地】
【洗い心地】
細かいところまで手が届き、簡単楽落です。
【静寂性】
以前使用していたのがうるさかったので、最高静かです。
【手入れのしやすさ】
便座と別採用したのは便座が外せ清潔感が一杯です。
【使いやすさ】
【その他】
トイレ一体型を検討したのですが、停電を考慮しタンク付きを採用しました。

引用元:楽天みんなのレビュー

ピュアレストQRの機能

セフィオンテクト

便器表面にある細かな凹凸をナノ(100万分の1ミリ)レベルでなめらかに磨き上げることで、汚れがつきにくく落ちやすくしたTOTOの独自技術です。

フチなし形状

便器の中でも特に汚れが溜まりやすかった「フチ裏」の巻き返し部分を小さくし、汚れを溜まりにくく、かつ掃除をしやすくしています。

フチなし形状については、以下の記事でも詳しく解説しています。

トルネード洗浄

少ない水量で汚れを落とせるように工夫された洗浄方式です。吐水口から便器後方に勢いよくぶつかった洗浄水が、グルグルと渦を巻くように流れて全体の汚れを効率よく落とします。

超節水

ピュアレストQRの洗浄水量は「大4.8L」「小3.6L」です。上記トルネード洗浄などの技術を搭載したことにより、従来商品と比較して約41〜71%という大幅な節水性を実現しています。

水たまり面が小さい

ピュアレストQRは便器内の水たまり面が小さいため、その分、排泄時に汚水が飛び散る可能性も低くなっています。

防露仕様

ピュアレストQRは便器・タンクともに、内部に断熱材を設けた防露仕様になっています。梅雨の時期や冬場に便器やタンクの表面(外側)が結露で濡れるのを防ぐための工夫です。
 

ピュアレストQRの排水の種類

床排水の対応排水芯

「ピュアレストQR床排水タイプ」の対応排水芯は200mmです。
「ピュアレストQR床排水リモデルタイプ」は305〜540mmとなっています。

壁排水の対応排水芯

「ピュアレストQR壁排水タイプ」の対応排水芯は120mmです。
壁排水の排水芯には155mmという種類もあるのですが、ピュアレストQRは対応していません。
※上位モデルのピュアレストEXは排水芯155mmに対応しています。

ピュアレストEXについては以下の記事で紹介しています。

床排水と壁排水の違いと見分け方

「床排水」は、戸建てやマンションなどの集合住宅によく見られる一般的な排水方式です。便器の下(床)に排水管が通っているため、目で確認することはできません。一方、便器後方から壁に向かって太い排水管が伸びているのが「壁排水」です。こちらは一部のマンションや公団住宅などで使用されています。

排水芯と測り方

床排水の排水芯は「便器後方の壁から排水管の中心までの距離」を測ります。現在の新築物件の多くはピュアレストQRと同じ200mmタイプが設置できますが、念のため事前に確認しておくことが大切です。

また壁排水の排水芯は「床から排水管の中心までの高さ」を測ります。現在の新築物件は120mmタイプのためピュアレストQRも設置可能ですが、155mmタイプだった場合、ピュアレストQRを設置できませんので必ず確認しましょう。

今お使いのトイレの排水芯は品番で調べることもできる

現在使用している便器の品番がわかれば、メーカーのホームページなどで排水芯を調べることができます。たとえばTOTOの場合、便器側面の下側に貼られているラベルに記載の「C」から始まる英数字が品番です。

タンクや便座にもラベルが貼られている場合がありますが、それぞれタンクと便座の品番になるため間違えないように注意しましょう。ラベルがない場合は、何らかの理由で剥がれてしまったものと思われます。この場合は便器の取扱説明書を確認するか、メーカーに問い合わせましょう。

ピュアレストQRの洗浄水量は「大4.8L」「小3.6L」

ピュアレストQRの洗浄水量は「大4.8L」「小3.6L」です。1987〜2001年商品C720Rが「大13L」、1999〜2004年商品CS80Bが「大8L」ですから、いかに少ない洗浄水量で便器をキレイに保てるようになったのかがわかります。

従来製品と比較した場合の節水性

従来商品C720R(大13L)と比べて年間約14,200円(約71%の節水)、同じく従来商品CS80B(大8L)と比べて年間約4,200円(約41%の節水)と、大幅に節水性が向上しています。

※試算条件:年間使用日数365日/男性2人・女性2人の4人家族/大1日1人1回・小1日1人3回/水道代立方メートルあたり税込265円で試算。なおピュアレストQRは「TCF****AK系」の便座をセットした場合のみの数字。

【関連記事】

ピュアレストQRは手洗いの有無を選べる

ピュアレストQRはタンクの「手洗いあり」と「手洗いなし」を選ぶことができます。違いは価格とサイズです。手洗いありのほうが若干ですが、価格が高くなります。またサイズも幅や奥行きはほぼ変わりませんが、手洗いありのほうが約20cm高くなります。手洗いなしのタンクを選ぶ場合、トイレ室内または外に別途手洗い場を設ける必要があります。

ピュアレストQRのカラー

ピュアレストQRのカラーは全部で4種類から選択することが出来ます。

  • ホワイト
  • パステルアイボリー
  • パステルピンク
  • ホワイトグレー

ピュアレストQRのカラーは人気の基本色「ホワイト」と「パステルアイボリー」のほか、受注生産品の「パステルピンク」「ホワイトグレー」の4種類がラインナップされています。パステルピンクとホワイトグレーは納期が約2週間(大型連休除く)となっています。

ピュアレストQRの本体寸法

手洗いありの本体寸法

  • 幅:418mm(レバーハンドルは含まず)
  • 奥行:770mm(便器先端部までは760mm)
  • 高さ:1019mm

手洗いなしの本体寸法

  • 幅:418mm(レバーハンドルは含まず)
  • 奥行:771mm(便器先端部までは760mm)
  • 高さ:817mm

便器のサイズは「エロンゲート(大型)」

便器には「エロンゲート(大型)」と「レギュラー(普通)」という2つのサイズがあります。違いは「便座取付穴から便器の先端までの長さ」と「開口部の長さ」です。

ピュアレストQRはエロンゲートサイズで、便座取付穴から便器先端までは470mm、便器開口部は355〜380mmです。レギュラーと比べてやや広めですので、便座もエロンゲートサイズに対応しているものを選ぶ必要があります。

ピュアレストQRのリフォーム料金の相場

TOTO 組み合わせ便器ピュアレストQR

TOTO 組み合わせ便器

ピュアレストQR

税込 34,892円~ ※タンクのみ商品に注意・便座別売り(2022/06/18 時点)

便器・便座・工事費込みの料金例

  • ピュアレストQR+ウォシュレットアプリコット:14〜19万円
  • ピュアレストQR+ウォシュレットS/SB:12〜19万円
  • ピュアレストQR+普通便座(洗浄機能なし):8〜10万円

便座のグレードなどでも変わりますが、ピュアレストQRと温水洗浄便座を組み合わせた場合のリフォーム料金は10〜19万円が相場と考えてよいでしょう。

既存の便器が取り付けてある場合、上記に加えて取り外し費用や処分費用がかかる可能性があります。また配管の新設や移設、止水栓の交換などが必要になればその分の費用も加算されます。

不要なトラブルを避けるためにも、ピュアレストQRへのリフォームを検討している方は、料金にどの工事が含まれているのか事前に確認しておくことが大切です。

ピュアレストQRにおすすめの組み合わせウォシュレット(温水洗浄便座)

TOTO「ウォシュレットS2A/SB」

TOTOウォシュレット Sシリーズ S2ATCF6553AK

TOTOウォシュレット Sシリーズ S2A

TCF6553AK

貯湯式 / 壁リモコン / ノズルきれい / クリーン便座 / プレミスト

TOTOウォシュレット SBシリーズ TCF6623 SB

TOTOウォシュレット SBシリーズ

TCF6623 SB

基本機能のみ

価格はアプリコットよりも抑えめですが、TOTOの最新機能を数多く搭載したモデルです。リモコンで操作するタイプの最上位モデルが「ウォシュレットS2A」、本体袖のボタンで操作するタイプのスタンダードモデルが「ウォシュレットSB」です。

いずれもアプリコットで紹介した「プレミスト」「セルフクリーニング」「きれい除菌水によるノズルの洗浄・除菌」といった共通機能が搭載されています。

そのほか、ウォシュレットS2Aには「リモコン便器洗浄」や「温風乾燥」といった機能も搭載されています。リモコン操作をメインにしたい方はウォシュレットS2Aがおすすめです。一方、ウォシュレットの価格はできる限り抑えたいが、最新機能は使いたいという方にはウォシュレットSBがおすすめです。

TOTO「ウォシュレットアプリコットF3AW」

TOTO アプリコット F3AWTCF4833AKS

TOTO アプリコット F3AW

TCF4833AKS

においきれい / オートeco小(4.8L洗浄便器のみ対応) / 瞬間暖房便座 / オート開閉 / リモコン便座・便ふた開閉 / やわらかライト / 温風乾燥 / オート便器洗浄 / リモコン便器洗浄

TOTOの最新機能を搭載したウォシュレットが欲しい方におすすめなのが、最上位モデルのアプリコットF3AWです。

トイレ使用前にミスト状の水を吹きかけて便器を汚れにくくする「プレミスト」、使用前後にノズルを水で洗う「セルフクリーニング」、ノズル使用後に「きれい除菌水(※)」でノズル内側と外側を洗浄・除菌するなど、ウォシュレット共通機能が搭載されています。

着座を検知して瞬間的に便座を温める「瞬間暖房便座」や、便座に触れることなく開閉可能な「リモコン便座開閉・便器洗浄」「オート便座開閉・便器洗浄」といった機能も含まれています。また、夜間トイレに入室するとほのかな灯りが足元を照らす「やわらかライト」など、清潔で快適に使用するための機能がふんだんに搭載されています。

※「きれい除菌水」とは、水道水中の塩化物イオンを電気分解して作られた、除菌成分(次亜塩素酸)を含んだ水のことです。水から作るため安全性が高く環境にも優しい特徴があります。

組み合わせにおすすめのTOTOウォシュレットは以下の記事で紹介しています。

その他のオススメウォシュレット、温水洗浄便座は以下の記事で紹介しています。

その他のTOTOトイレについては以下の記事で紹介しています。