ネオレストNXのデメリットは?最安値やリフォーム価格相場も!

TOTOが誇る最高峰タンクレストイレ「ネオレストNX」について、特徴やメリット・デメリット、TOTOの最新のクリーン技術、節水性や便座だけ故障した場合の対処方法について解説!ネオレストASとの違いや最安値、リフォーム価格の相場情報まで紹介!

2,392view

最終更新:

ネオレストNXのデメリットは?最安値やリフォーム価格相場も!

目次

ネオレストNXの特徴

極上のおもてなしを体感できる最高峰タンクレストイレ

進化を続けるTOTOのウォシュレット一体型トイレの中で、ネオレストNXは最高峰に位置するタンクレストイレです。優雅な曲線が美しい独特のフォルムと陶器の質感が、極上のトイレ空間を演出してくれます。

¥479,622 (2024/04/19 11:19:51時点 楽天市場調べ-詳細)

便器も便座もノズルもにおいも自動できれいに

トイレ使用前後に「きれい除菌水」で便器やノズルを除菌するほか、使用後の便座裏にも吹きかけて汚れを漂白・除菌します。またトイレをよく使う時間帯の約1時間前から、においを捕集して消臭します。すべて「自動」でいつでもキレイなトイレを使うことができます。

トイレ掃除を楽にするデザインを採用

汚れやすかった便器のフチ裏をなくした「フチなし形状」を採用しています。雑巾で便器のフチを掴むようにして、サッとひと拭きできるため、掃除が大変楽になります。また便器側面もフルカバーで覆われているなど、ホコリなどが溜まりにくく掃除がしやすい形状です。

トイレを快適に使うためのオート機能も充実

便器に近づくと便ふたが開いて暖房便座がオンになり、便座に座ると消臭とノズル洗浄が始まります。便座から立ち上がると自動洗浄し、便器から離れると便ふたが閉じます。トイレに入ってから出るまで、さまざまなオート機能が働くことで快適に使用できます。

従来製品と比べて優れた節水性能を実現

少ない水量で洗浄する「トルネード洗浄」や、空気を含んだ水玉でおしりを洗浄する「エアインワンダーウェーブ洗浄」を搭載したネオレストNXの洗浄水量は「大3.8L/小3.0L」です。従来製品と比べて大幅な節水効果が期待できます。

ネオレストNXのメリット

唯一無二の存在感と最先端機能でかつてない満足感

iFデザイン賞やレッドドット賞などの受賞歴を持つネオレストNXは、TOTOが「最高峰」と謳う通り、唯一無二のデザインと存在感が目を引きます。豊富な最先端機能や優れた節水効果なども相まり、これまでにない満足感をもたらしてくれます。

自動除菌や各種オート機能でトイレ時間が快適に

不衛生なトイレのイメージを覆す「ノズルきれい」などの自動除菌機能や、衛生面が気になる方にうれしい「オート開閉」などのオート機能により、トイレを安心して快適に使えるのも、ネオレストNXのメリットです。

掃除しやすいデザインで日々の負担が軽減される

便器のフチを掴むようにしてサッとひと拭きできる「フチなし形状」、便器側面にホコリが溜まりにくくひと拭きで掃除できる「フルカバー」など、日々の掃除を楽にしてくれるデザインも魅力的です。

普通に使うだけでも節水効果が得られる

「トルネード洗浄」「エアインワンダーウェーブ洗浄」により、ネオレストNXの洗浄水量は「大3.8L/小3.0L」まで抑えられています。大小13Lや大8Lといった従来のトイレと比べた場合、使えば使うほど節水効果が得られます。

連続使用したいときも給水を待つ必要がない

ネオレストNXは、水道管の水で直接便器を洗浄するタンクレストイレです。一般的なタンク式トイレのように、タンクに水が貯まるのを待つ必要はありません。朝など、家族みんなが使いたい時間帯もストレスなく連続使用できます。

低水圧の場所にも設置できる

タンクレストイレはタンクに貯めず、水道管の水をそのまま洗浄に利用するため、高台の戸建てやマンション高層階など低水圧になりやすい場所には設置できないことも多くありました。ネオレストNXは低水圧対応のため、一般的なタンク式トイレと同等の、最低水圧0.05MPa(流動時)で設置できます。

停電時も手動で水が流せて安心

タンクレストイレは、洗浄水の流れを電気で制御しています。そのため停電時は使えなくなることがあります。その点、ネオレストNXは手動で水を流すためのレバーを搭載していますので、停電が発生しても安心して使えます。

ネオレストNXのデメリット

価格が高い

タンクレストイレは、各メーカーのハイグレードモデルに位置付けられています。組み合わせトイレ(便座と便器・タンクが選べる)や、一体型トイレ(便座と便器・タンクの一体型)よりも、優れたデザイン性や機能性を持ち価格も高くなります。

加えてネオレストNXはTOTOのタンクレストイレの最高峰に位置するため、一般的なタンクレストイレの中でも高価なモデルになります。トイレにかかる費用をできるだけ抑えたい方には不向きかもしれません。

好きな便座を選べない

ネオレストNXは専用ウォシュレットと一体型のタンクレストイレです。そのため好きな便座を選ぶことができません。「便座はいちばん安いものでよい」「ほかのメーカーの便座がよい」といった方にはデメリットかもしれません。

便座だけ交換できない場合がある

ネオレストNXは現行品です。そのため、あくまで現時点で想定される対応内容ですが、便座が故障しても部品供給があれば修理は可能です。しかし、部品供給が終了していればネオレストNXに適合する別の「専用ウォシュレット」に交換となります。

しかし、仮にネオレストNXの便座が故障したタイミングで、適合する別の「専用ウォシュレット」が用意されていなかった場合は、トイレをまるごと交換する必要が出てくるかもしれません。

壁排水モデルがない

一般的なタンクレストイレやTOTOのネオレストシリーズには「床排水モデル」と「壁排水モデル」が用意されています。ですが、ネオレストNXは床排水モデルのみで、壁排水モデルは用意されていません。

壁排水のご家庭にネオレストNXを設置したいと思ったら、排水管の新設・移設といった大掛かりな工事が必要になる可能性があります。

手洗器がついていない

ネオレストNXには、一般的なタンク式トイレにあるような、タンク上部の手洗器がありません。新しく手洗器を取り付けるか、リフォームであれば、今お使いの手洗器をそのまま利用するといったことが必要です。

ネオレストNXとネオレストAHの違い

ネオレストNXは2017年8月発売、ネオレストAHは2007年8月発売のタンクレストイレです。それぞれ2022年8月と、2017年8月に新型が発売されました。

グレードの違い

ネオレストNXは、TOTOのタンクレストイレの最上位モデルです。発売当初から「きれい除菌水」「セフィオンテクト」「フチなし形状」「トルネード洗浄」などを搭載した、フルスペックのフラッグシップモデルという位置付けです。

一方、ネオレストAHは下位グレードという位置付けですが「きれい除菌水」「セフィオンテクト」「エアインワンダーウェーブ」など、TOTO独自のクリーン技術が数多く搭載されています。

ネオレストAHの後継機とされるのがネオレストAS

ネオレストAHは販売されているものの、2017年8月を最後にモデルチェンジされていません。そのネオレストAHの「後継機」とされているのが、直線的でシャープなフォルムを継承したネオレストASです。ネオレストASについては、以下の記事で詳しく紹介しています。

デザインや個別機能、価格帯やカラーなどの違い

直線的でシャープなフォルムが特徴のネオレストASに対し、ネオレストNXは美しい曲線を中心とした、意匠性が高く評価されているタンクレストイレです。洗浄水量は同じで、TOTOの基本的なクリーン技術はいずれにも搭載されていますが、個別機能に違いがあります。

たとえばネオレストASには、トイレ空間を暖める「空間暖房(AS2のみ)」や、便座が真上に持ち上がって掃除をしやすくする「お掃除リフトアップ」が搭載されていますが、ネオレストNXにはありません。

一方、便ふたに断熱材を使用して便座の保温性を高め、省エネにつなげるエコ機能「ダブル保温便座」は、ネオレストNXのみに搭載された機能です。また、ネオレストASについてくる標準のシートリモコン(壁リモコン)はネオレストNXにはなく、スティックリモコンのみとなります。

価格帯は、メーカー希望小売価格でネオレストNXが715,000円(税込)、ネオレストASが427,000円(AS2)と大きな差があります。カラーは、ネオレストNXがホワイト1色なのに対し、ネオレストASにはホワイトのほか、パステルアイボリー、パステルピンク、ホワイトグレーがあります。

ネオレストNXの機能

きれい除菌水

水道水から作り出す「除菌成分(次亜塩素酸)」を含んだ水です。薬品や洗剤を使わない上、時間が経つと元の水に戻るなど、安全性が高く環境にも優しいのが特徴です。ネオレストNXではこの「きれい除菌水」を使って、便器・ノズル・便座などを自動除菌します。

便器きれい

トイレ使用前に、ボウル面にミスト状の水を吹きかけて汚れにくくする「プレミスト」と、トイレ使用後及び8時間使用しない待機中に「きれい除菌水」のミストを吹きかけて自動除菌する機能です。汚れの定着を防ぐことでキレイな状態が長続きします。

ノズルきれい

使用前後にノズルを水で洗浄し(セルフクリーニング)、トイレ使用後にはノズルの外側と内側(通水路)を「きれい除菌水」で洗浄・除菌します。さらに、8時間使用しない待機中も定期的に「きれい除菌水」でノズルを自動洗浄してくれます。

便座きれい

トイレ使用後に、ミスト状の「きれい除菌水」を便座裏の先端部分に吹きかける機能です。尿や菌が黄ばみになって定着する前に、自動漂白・除菌で汚れを落としてくれます。

においきれい

1日のうちでトイレをよく使う時間帯の、約1時間前から作動する機能です。空間のにおい、壁や床に付着した汚れから出るにおいを取り込み、カートリッジに集めて消臭します。カートリッジは「きれい除菌水」で自動洗浄・除菌されます。

セフィオンテクト

便器表面の釉薬(うわぐすり)の上に、特殊なガラス層を焼き付けて、表面の凹凸をナノレベル(100万分の1mm)でなめらかに仕上げた独自技術です。耐久性や耐薬品性に優れており、便器の美しさが長持ちします。また親水性にも優れ、水が汚物の下に入り込んで浮かせて流すため、こびりつきも防げます。

フチなし形状

汚れが溜まりやすかった便器のフチ裏をなくしたデザインです。フチを掴むようにして、手前から奥までサッとひと拭きできるのが特徴です。掃除が楽になるだけでなく、汚れもひと目でわかるため拭き残しがなくなります。

トルネード洗浄

渦を巻くように流れる洗浄水が、便器内の汚れをまんべんなく流します。従来の洗浄方式と比べて少ない水量で済むため、節水効果が得られます。また吐水口が便器正面から見えない構造になっており、便器内がスッキリして見えるのも特徴です。

エアインワンダーウェーブ洗浄

流速が異なる2つの水玉状の洗浄を、交互に噴射しておしりを洗浄する機能です。水玉には空気が含まれていて、その分大粒になるため、少ない水量でもたっぷりの洗い心地が感じられます。節水にもつながる機能です。

機能一覧

清潔機能

  • 便器きれい
  • ノズルきれい
  • 便座きれい
  • においきれい
  • お掃除ミスト(便器内・便座裏)
  • プレミスト(便器きれいに含む)
  • フチなしウォシュレット
  • 便器そうじ(便器内)
  • フルカバー
  • セルフクリーニング
  • セフィオンテクト
  • クリーン便座(つぎ目なし)
  • クリーンノズル
  • クリーンケース
  • 抗菌
  • トルネード洗浄
  • ノズルそうじ
  • フチなし形状

洗浄機能

  • おしり洗浄(※)
  • おしりソフト洗浄(※)
  • ビデ洗浄(※)
  • ワイドビデ洗浄
  • ムーブ洗浄
  • マッサージ洗浄
  • 水勢調節
  • 洗浄位置調節

※エアインワンダーウェーブ洗浄

エコ機能

  • 瞬間暖房便座
  • ダブル保温便座
  • タイマー節電
  • スーパーおまかせ節電

快適機能

  • オート開閉
  • やわらかライト
  • リモコン便座・便ふた開閉
  • 水面下げる
  • 温風乾燥
  • 暖房便座(瞬間暖房便座)
  • オート便器洗浄
  • オートパワー脱臭
  • 脱臭
  • リモコン便器洗浄
  • 着座センサー
  • リモコン
  • 個人設定
  • 停電時安心設計

ネオレストNXのリモコンはスティックタイプのみ

スティックリモコンのカラーは3色

ネオレストNXには壁リモコン(ハードリモコン、シートリモコン)がありません。コンパクトでスタイリッシュ、かつ金属調のデザインが美しい、スティックリモコンのみとなります。

スティックリモコンにはニッケル、ブラック、シルバーの3色があり、いずれも受注生産で、納期は大型連休を除き約2週間かかります。

ネオレストNXが故障したら便座だけ修理・交換できる?

ネオレストNXは現行品のため今後変わる可能性もありますが、現時点で想定される対応は以下の通りです。最新情報はTOTOのホームページでご確認いただくか、お客様センターにお問い合わせください。

生産終了から10年以内で部品供給があれば修理可能

TOTOの補修用性能部品の保有期間内(生産終了から10年、取替機能部は6年)で、かつ部品供給があれば、便座が故障した場合でも修理が可能です。

生産終了から10年以上または部品供給がなければ専用便座に交換

補修用性能部品の保有期間が過ぎて故障した場合、また期間内でも部品供給がない場合は、ネオレストNXに適合する別の「専用ウォシュレット」への交換となります。

ただし、故障したタイミングで「専用ウォシュレット」が用意されていなかった場合は、便座と便器を丸ごと交換することになるかもしれません。

便器が破損した場合もまるごと交換

便座ではなく便器がひび割れなどした場合、補修用パテを使った一時的な応急処置はできますが、完全には直せません。この場合は、便座と便器を丸ごと交換することになります。

市販の便座には交換できない

ネオレストNXはウォシュレット一体型のタンクレストイレです。適合しないTOTOの別のウォシュレットへの交換や、市販の温水洗浄便座などへの交換はできません。

ネオレストNXの排水は「床排水」「200mm固定」のみ

ネオレストNXが対応している排水方式は「床排水」「200mm固定」のみとなります。壁排水のご家庭に設置する場合、排水管の新設・移設工事などが必要になる可能性があります。

床排水と壁排水の違いと見分け方

床排水は、一戸建てやマンションなどで多く見られる排水方式です。便器から床下に直接排水管が伸びているため、排水管は見えません。一方の壁排水は、公団住宅や一部マンションなどに多い排水方式です。排水管が便器後方から壁に向かって伸びているため、目で確認できます。

床排水の排水芯の測り方

床排水の排水芯は「便器後方の壁から、排水管の中心までの距離」を測ります。

排水芯は品番から調べることも可能

リフォーム予定で、今TOTOやLIXILのトイレを使っているご家庭であれば、排水芯のタイプを品番で調べることも可能です。便器側面の下部などに貼ってあるラベルに品番が書かれています。ラベルがない、わからないという場合は、販売店や取付を依頼した業者に聞くか、取扱説明書を確認しましょう。それでもわからなければメーカーに問い合わせましょう。

ネオレストNXの洗浄水量は「大3.8L/小3.0L」

ネオレストNXは「大3.8L/小3.0L」と非常に少ない洗浄水量で汚れを流します。具体的にどれくらいの節水効果があるのか、従来製品と比較すると次のようになります。

従来製品と比較した場合の節水効果

  • 大13L(1987〜2001年商品C720R)と比較した場合:約75%節水、水道代年間約15,100円の節約
  • 大8L(1999〜2004年商品CS80B)と比較した場合:約49%節水、水道代年間約5,100円の節約

※試算条件:年間使用日数365日、男性2人・女性2人の4人家族、1人1日大1回・小3回、水道代税込265円/立方メートル、消費税10%

ネオレストNXは手洗いなし

ネオレストNXには、一般的なタンク式トイレのような、タンクの上の手洗器がありません。新しく設置するか、リフォームであれば今使っている手洗器をそのまま利用するといった方法を選ぶ必要があります。

ネオレストNXのカラーはホワイトと2色のアクセントカラー

本体のカラーはホワイトのみ

ネオレストNXの本体はホワイト1色のみです。

金属部分のアクセントカラーは2色

便器後部にあしらわれた金属部分はニッケルとシルバーの2色です。スティックリモコンのカラーは、このアクセントカラーによって決まります。

アクセントカラーをシルバーにした場合、スティックリモコンはシルバーかブラックから選べます。アクセントカラーにニッケルにした場合は、スティックリモコンもニッケルです。

ネオレストNXの本体寸法

  • 幅:468mm
  • 奥行き:815mm(便器先端までは805mm)
  • 高さ:565mm(便ふた全開時は1171mm)

ネオレストNXの最安値やリフォーム価格の相場は?

※紹介する最安値は2023年3月24日時点のものです。最新情報についてはご確認ください。
※最安値は本体価格と消費税込み、リフォーム価格は本体価格と工事費・消費税込みの合計です。

2023年3月24日時点の本体価格の最安値は464,750円

リサーチ時点でのネオレストNXの本体価格(税込)の最安値は【464,750円】でした。価格は流動的ですので、最新情報は販売店のサイトなどでご確認ください。販売店の独自キャンペーンなどのタイミングであれば、より安く購入できる可能性もあります。

なお上記は工事費を含まない価格です。設置工事や既存の便器の解体・処分などを希望する方は、以下の工事費込み価格を参考にしてみてください。

※2023年3月24日時点Yahooショッピング最安値

リフォーム価格(工事費・消費税込み)の相場

ネオレストNXの工事費・消費税込みのリフォーム価格相場は【503,000〜647,000円】でした。メーカー希望小売価格が715,000円(税込)ということもあり、やはりリフォーム価格も高額になります。

リフォームを検討中のご家庭は、金銭トラブルを避けるためにも、工事費に既存の便器の撤去や廃材の処分費用などが含まれているか、事前に確認しておくと安心です。