原因究明!コロナの電気温水器が故障?!対応と修理方法

コロナ電気温水器が故障してしまった時の修理方法を紹介。主にお湯が出ない場合やお風呂がたまらない場合など発生例が多いものから、お湯が沸かない、漏電ブレーカーが勝手に落ちる、お湯がぬるい、水漏れ・湯漏れ、エラー「E24」「C01」等の対応方法を解説!

20,895view

最終更新:

原因究明!コロナの電気温水器が故障?!対応と修理方法

目次

コロナ電気温水器からお湯が出ない

コロナの電気温水器を使用中に、急にお湯が出なくなってしまった場合の原因と対象方法についてご紹介します。

電気温水器からお湯が出なくなってしまう原因には様々なものが考えられますが、大まかにわけると「蛇口から水は出る場合」のと「蛇口から水も出ない場合」のに分けることができます。

それぞれの場合で原因や対処方法が異なりますので、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

コロナ電気温水器のお湯がたまらない

コロナの電気温水器を使用中に、お湯張り操作をしてもお湯が溜まらない・お湯張りができない場合の原因と対処方法をご紹介します。

貯湯タンク内のお湯を使い切ってしまっている

夜間にお湯を沸き上げる設定にしている場合、昼間にお湯を使いすぎてしまうと、電気温水器の貯湯タンク内のお湯が無くなってしまって、お湯を使えなくなってしまう場合があります。

貯湯タンク内のお湯を使い切ってしまった場合の対処方法

貯湯タンク内のお湯を使い切ってしまった場合、電気温水器が新しくお湯を沸き上げるまで待つか、「強制沸増」のボタンを押してお湯の沸き増しを行ってください。

コロナ電気温水器でお湯が沸かない

コロナの電気温水器を使用中に、お湯が沸かなくなってしまった場合の原因と対処方法をご紹介します。

タンク内の空焚きで安全装置が働き、電気温水器が止まっている

お湯が沸かない(お湯が出ない、お湯がたまらないにも共通する)原因として他に考えられるのは、タンク内の水がなんらかの理由で満水ではなくなっており、夜間の沸き上げ中に空焚き状態になってしまい、電気温水器の安全装置が働いて動作を停止している場合です。

この場合、安全装置を解除してあげる必要がありますので、コロナへ点検・修理を依頼する必要があります。

コロナサービスセンター修理受付専用ダイヤル

電話番号:0120-919-302(無料)
携帯電話・PHS:0570-550-992(有料)
受付時間:365日24時間受付

タンクが満水かどうかの確認方法

タンクが満水かどうかの確認ですが、お湯側の蛇口を開けてみて空気が混じらず水が出るようであればタンク内は満水状態です。逆に水に空気が混じるようであれば満水ではありませんので、この状態で沸き上げを行うと空焚き状態になり安全装置が働いてしまう可能性があります。

コロナ電気温水器の漏電ブレーカーが勝手に落ちる

コロナの電気温水器を使用中に、朝起きた時や帰宅後などに漏電ブレーカーが勝手に落ちており、沸き上げが行われない場合の対象法をご紹介します。

電気温水器内で漏電が起こっている

電気温水器を使用中に漏電ブレーカーが勝手に落ちてしまう原因として、電気温水器内にてなんらかの原因で漏電が起こっている可能性があります。コロナへ点検・修理を依頼する必要があります。

電気温水器のヒーター部分の故障

電気温水器内部でお湯を温めているヒーター部分には寿命があり、絶縁不良を起こして漏電ブレーカーが落ちてしまう場合があります。もしも電気温水器を長期間ご使用中であれば、コロナへ点検・修理を依頼することをススメします。

コロナサービスセンター修理受付専用ダイヤル

電話番号:0120-919-302(無料)
携帯電話・PHS:0570-550-992(有料)
受付時間:365日24時間受付

漏電ブレーカーの破損

電気温水器を使用中に漏電ブレーカーが勝手に落ちてしまう原因として、漏電ブレーカー自体の破損が考えられます。もし電気温水器自体に異常が見られない場合は、電気会社へ問い合わせて漏電ブレーカー自体に問題がないかどうか検査してもらいましょう。

コロナ電気温水器のお湯がぬるい

コロナの電気温水器を使用中に、お湯がぬるいと感じた場合、以下のような原因が考えられます。

タンク内のお湯切れ

コロナの電気温水器を使用中に、「C03」の「C05」の「C09」のエラーコードが表示された場合、タンク内のお湯切れが発生しています。原因は日中などに大量にお湯を使ったり、深夜時間帯に2時間以上の停電がありお湯が沸いていない等が考えられます。この場合、電気温水器が新しくお湯を沸き上げるまで待つか、「強制沸増」のボタンを押してお湯を沸かす必要があります。

水漏れ・湯漏れしている

もう一つ考えられる原因として、電気温水器からの水漏れ・湯漏れが考えられます。水漏れ・湯漏れしていると、お湯をあまり使用していなくてもお湯切れを起こしてしまうことがあります。

水漏れ・湯漏れしているかどうかの確認方法

水漏れ・湯漏れしているかどうかの確認として、水道の蛇口を閉じた状態で水道メーターのパイロット(銀色で丸い部品)が回っているかどうか確認してください。パイロットは水道メーターの中を水が流れているときに回転する部品ですので、パイロットが回っている場合は漏水していることになります。

コロナ電気温水器から水漏れ・湯漏れしている

電気温水器から水漏れ・湯漏れを確認した場合は、タンクの空焚きなどの原因となりますので、すぐにコロナへ点検・修理を依頼する必要があります。なお、水漏れ・湯漏れの原因は一概には言えませんが、パッキンやパイプなどが劣化して亀裂が発生し、そこから水漏れ・湯漏れが発生するケースが多いようです。

コロナサービスセンター修理受付専用ダイヤル

電話番号:0120-919-302(無料)
携帯電話・PHS:0570-550-992(有料)
受付時間:365日24時間受付

コロナ電気温水器の貯湯タンクに水がない

電気温水器の貯湯タンクに水が無い場合、以下の手順で満水にしてください。

  1. 給水専用止水栓(水道の元栓)を開ける
  2. 逃し弁操作カバーを外し、逃し弁のレバーを上げる
  3. 逃し弁レバーを上げてから20分程度でタンク内が満水になる
  4. 排水口から水が勢いよく出たら、逃し弁のレバーを下げる
  5. 逃し弁操作カバーを取り付ける
    ※逃し弁は、電気温水器の左上にあります。

上記手順でわからない場合は、お手持ちの取扱説明書をご覧いただくか、コロナへお問合わせください。

「E24」ののエラーコードが表示され、お湯の出が悪い(コロナ電気温水器)

コロナの電気温水器を使用中に「E24」のや「E25」のエラーコードが表示されお湯の出が悪い場合、給湯ミキシング弁の異常が考えられます。

原因である給湯ミキシング弁を交換すれば直るので、素人でも修理できないことはないですが、無難にコロナへ点検・修理依頼することをオススメします。

コロナサービスセンター修理受付専用ダイヤル

電話番号:0120-919-302(無料)
携帯電話・PHS:0570-550-992(有料)
受付時間:365日24時間受付

湯張り時に「C01」のエラーコードが出る(コロナ電気温水器)

コロナの電気温水器を使用中に「C01」のエラーコードが表示された場合、電気温水器が正常な圧力を検出できていない可能性があります。

まずは説明書に書かれている以下の原因と対処方法をお試しください。

浴槽の排水栓を開けたまま、ふろ自動運転を行った

浴槽の排水栓が開いていないか確認して、開いていたら閉めてください。

浴槽循環口(アダプタ)がゴミや湯アカで詰まっている

浴槽循環口(アダプタ)を確認して、汚れていたら掃除してください。浴槽循環口(アダプタ)は、通常は浴槽の底から15cm程度の場所に付いています。

上記の原因に当てはまらない場合は、湯量の再設定を行ってください。それでも直らない場合は、微圧センサーなどの故障が考えられますので、コロナへ点検・修理依頼することをオススメします。

コロナサービスセンター修理受付専用ダイヤル

電話番号:0120-919-302(無料)
携帯電話・PHS:0570-550-992(有料)
受付時間:365日24時間受付

「E39」のエラーコードが表示される(コロナ電気温水器)

コロナの電気温水器を使用中に「E39」のエラーコードが表示された場合、ふろ保温三方弁という部品の異常が考えられますので、コロナへ点検・修理の依頼を行ってください。

コロナサービスセンター修理受付専用ダイヤル

電話番号:0120-919-302(無料)
携帯電話・PHS:0570-550-992(有料)
受付時間:365日24時間受付

「E12」のエラーコードが表示される(コロナ電気温水器)

コロナの電気温水器を使用中に「E12」のエラーコードが表示された場合、温度センサーやミキシング弁の故障による給湯温度高温の異常が考えられます。

「E12」のエラーコードが発生すると、警告音「ピピー、ピピー」のが鳴りますので、まずはリモコンでエラーをリセットします。その後、特にエラーが出なければそのまま使い続けても問題ありません。

「E12」のエラーコードをリセット後、ふたたび「E12」のエラーが出るようであれば、コロナへ点検・修理の依頼を行ってください。

コロナサービスセンター修理受付専用ダイヤル

電話番号:0120-919-302(無料)
携帯電話・PHS:0570-550-992(有料)
受付時間:365日24時間受付

「E22」のエラーコードが表示される(コロナ電気温水器)

コロナの電気温水器を使用中に「E22」のエラーコードが表示された場合、フロースイッチ断線(浴槽栓閉め忘れ)が疑われます。

まず浴槽の栓が抜けている場合は閉めて、その後リモコン側でエラーを解除してください。浴槽の栓が閉まっているにもかかわらず、再び「E22」のエラーが出た場合はコロナへ点検・修理の依頼を行ってください。

コロナサービスセンター修理受付専用ダイヤル

電話番号:0120-919-302(無料)
携帯電話・PHS:0570-550-992(有料)
受付時間:365日24時間受付

コロナ電気温水器のエラーコード解除方法

コロナの電気温水器で発生したエラーを解除するには、リモコンで操作を行う必要があります。操作はリモコンのタイプによって若干変わります。

リモコン下部にフタがないタイプ(UWH-◯◯の型番)

リモコンの「エコガイド+タンク湯増し」のもしくは「選択+同じ高さの右端ボタン」のを5秒以上長押しする。

リモコン下部にフタがあるタイプ

フタを開けて一番下の両端ボタンを5秒以上長押しする。

なお、上記の方法でエラーが解除できない場合は、コロナへお問合わせください。

電気温水器にエラーが頻発する場合は「買い替え」がオススメ

電気温水器を長年使用していて、エラーや不具合で使用に支障がある場合、寿命が近いのかもしれません。度々の問合せや修理といった時間や費用をかけるよりは最新の機種に買い替えすることをオススメします。

原因究明!コロナの電気温水器が故障?!対応と修理方法

目次