修理代まるわかり!エコキュートを安く直す

エコキュートの修理費用。安く直すコツと修理で損するケース

あなたのエコキュート修理代、本当に妥当ですか?知らないと損するエコキュート修理費用の裏側を、エコキュート修理業者の比較や、エコキュートを実際に修理した方々の体験談をふまえながら徹底解説!これを読めば、エコキュートを10倍お得に修理できます。

329,992view

最終更新:

エコキュートの修理費用。安く直すコツと修理で損するケース

目次

エコキュートの寿命・耐用年数と故障の種類

エコキュートの寿命・耐用年数はおよそ10年~15年と言われています。
延長保証の多くが10年までなのは、11年目以降に故障が増えるからだと推測できます。

エコキュートの寿命について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

しかし、故障の種類も様々で、初期に起こる故障や偶発的に起こる故障もあります。時間経過によってわかれる3種類の故障について見ていきましょう。

  • 初期故障
    エコキュートを使いはじめて1~2年目前後に起こる故障です。
    大抵は初期不良や設置時の不具合が原因です。
    基本的にはメーカーの無料保証期間中なので、修理費用はかかりません。
  • 偶発故障
    エコキュートを使いはじめて3~8年目前後に起こる故障です。
    突発的な故障や偶発的な故障が多く、基本的には安定して使用できる期間です。
    メーカー無料保証期間は過ぎている場合が多いので、延長保証に加入していれば修理費は無料です。
  • 摩耗故障
    エコキュートを使いはじめて9~15年目前後に起こる故障です。
    エコキュートの耐用年数が10~15年なので、この時期は故障が多くなります。
    延長保証も過ぎているので修理費は有料ですし、パーツが寿命なので取り替えや買い替えになるパターンも多いです。

エコキュートの故障内容で変わる修理・交換工事の内容

故障によって動かなくなってしまったエコキュートの修理には、どのような工事が必要になるのでしょうか。故障内容によって変わる修理・交換工事の内容を見ていきましょう。

  • ヒートポンプユニットのコンプレッサー・熱交換器系の故障
    現場での作業は出来ないので、室外機を交換するか、代替え機を用意して預かり修理が基本となります。
  • エコキュート配管などからの水漏れ故障
    現場で故障箇所を特定し、修理します。大抵は配管からの水漏れですが、排水バルブからの水漏れも報告されています。

なお、エコキュートの故障に関しては、こちらの記事で詳しくご紹介させて頂いておりますので、ご参照ください。

エコキュート修理費用の相場と目安

エコキュート修理費用の正確な相場を出すことは難しいですが、実際の修理業者が提示している修理金額から、おおよその修理費用を算出することは可能です。
以下に、A社とB社が公開している修理費用をご紹介します。

A社のエコキュート修理費用

部品交換費用

  • 部品交換:15,000円
    ※ヒートポンプ、バルブ、逃し弁・減圧弁等
  • 簡単な部品交換:8,000円
  • タンクユニット交換:現場状況によりますので都度見積り
    ※ユニック車による搬入が無い通常設置場所で85,000円~100,000円程度

出張費

  • 20km以内:6,000円
    ※距離に応じて6,000円~8,000円程度

B社のエコキュート修理費用

  • 電動混合弁の修理費用
    約25,000円~40,000円
  • マイコンの修理費用
    約25,000円~70,000円
  • リモコンの修理費用
    約18,000円~60,000円
  • ヒートポンプの修理費用
    約20,000円~220,000円
    (最大金額はヒートポンプ交換時のメーカー見積金額)

※出張費・技術作業費・部品代含む

※上記金額はいずれも概算価格となります。メーカーや状況によって異なります。
※上記金額はいずれも税抜価格となります。

上記のように、修理する箇所や修理業者によって修理代が大きく変わってくるため、エコキュート修理費用の相場をだすのは、実はとても難しいことなのです。
あえてエコキュート修理費用の相場をだすとするなら、数万円~数十万円と大まかな数値になってしまいます。

エコキュート修理経験者が実際に支払った費用例

さきほどの業者修理代比較でもわかるように、業者によってエコキュートの修理費用は部品交換や出張費ようなどの算出方法も含めて大きく異なります。
ここでは、エコキュートの修理を経験した方々が、実際に支払った修理費用を見ていきましょう。

ケース1:パイプ周りの故障に関するエコキュート修理費用

  • 故障概要:パイプ詰りエラー
  • 修理費用:8000円(出張料込)

ケース2:タンクユニット周りの故障に関するエコキュート修理費用

  • 故障概要:震災の停電によるタンクユニット内部部品及びHPユニット熱交換器などの凍結破損+水漏れによるその他部品故障
  • 修理費用:30万程度
  • 備考:自然災害がきっかけの故障のため、保証適用外

ケース3:ヒートポンプ基板周りの故障に関するエコキュート修理費用

  • 故障概要:落雷による電源回路等(ヒートポンプユニットインバーター基板、タンクユニットメイン基板及びトランス、台所リモコン)の破損
  • 修理費用:12万程度(工賃・出張料込み)
  • 備考:自然災害がきっかけの故障のため、保証適用外

出典元:教えて!goo

上記のケース1、ケース2ように、自然災害による故障は例え保証適用期間内であっても、保証適用外となる場合がありますので、加入している保証が自然災害に対応しているかどうか確認しましょう。

こんなに高いこともある?!高額の修理費用を請求された例

エコキュートを9年間使ったDさんは、9年間の間に4回の修理を経験し、修理費用の総額は15万円以上かかりました。そのうち2回は保証期間内だったので無料で修理が可能でしたが、保証が切れた後の修理では、詳しい故障箇所や修理方法も伝えられること無く、一回の修理で10万円近くもの金額を請求されてしまったのです。

元々エコキュートや電子機器に詳しくないDさんは、修理業者に請求されるがまま、修理費用を支払いました。

エコキュートの修理費用を安く抑えるポイント

エコキュートの修理費用は業者によって大きく異なります。そのため「エコキュートのどこが故障したか」「どのエコキュート業者へ修理依頼したか」の2つが、エコキュートの修理代を決定する重要な要素になってくるのです。
先ほどご紹介した事例のような高額の修理費用を請求されないためには、修理業者が提示する見積額を黙って支払うのではなく、

  • エコキュートのどこが故障したの?
  • エコキュートの修理はどのようにするの?(部品交換が必要かどうか等)
  • エコキュートの修理はどこでするの?(その場でするのか、持ち帰るのか)

など、疑問に思っていることを事細かく質問することが大切です。
そして、見積額を提示された後も、その見積額が妥当かどうかを可能な限り調べることが重要です。その際、別の業者へ問い合わせたり、インターネットで質問したりするときなどに、先ほどの質問で聞いたことが重要な情報として役立ってくるのです。

お湯は生活に欠かせないもので、普段は無意識に使っていますが、だからこそ使えなくなってしまうとうろたえてしまい、冷静な判断力を失ってしまう人が多いのが現実です。エコキュートが故障してもうろたえずに、修理費用が妥当かどうかを冷静に判断できるように、常に心の準備をしておくことが大切です。

古いエコキュートは修理よりも買い換えがオススメ!

古いエコキュートは2~3年おきくらいに故障するケースが多いです。
特にヒートポンプユニットが故障する割合が多く、故障のたびに修理費用が最低でも数万円は必要になってしまします。

いつ壊れるかと不安になりながら古いエコキュートを使い続けるよりも、最新のエコキュートに買い換えてしまったほうが、結果的に見ると安くすむ場合もあります。さらに8年保証などの延長保証に入っていれば、少なくとも買い替えから8年間はエコキュートの故障と修理代に怯える必要は無くなります。

以上の理由から、当サイトでは修理費が10万円以上かかる場合は、エコキュートの買い替えを推奨しています。

エコキュートの買い替えをご検討の方は、こちらの記事をご覧ください。

買い替えにおすすめ!人気エコキュート

まとめ

  • エコキュートの故障には初期故障、偶発故障、摩耗故障があり、耐用年数(寿命)はおよそ10年~15年です。
  • エコキュートの修理代は、故障箇所やパーツの状態、依頼する修理業者によって大きく異なります。
  • エコキュートの保証内容によっては、自然災害による故障まで保証していない場合があります。
  • 修理業者にエコキュート修理依頼を出す場合は、疑問に思っていることを全て質問するようにしましょう。
  • 古いエコキュートを修理しながら使い続けるよりも、最新エコキュート+延長保証加入がオススメです。
  • エコキュートの修理費を安く抑えるために、定期的な点検で水漏れなどの故障を早期発見することがとても大切です。