2021年!塩素除去シャワーヘッドの選び方とおすすめ13選

水道水に含まれる残留塩素を減らす・除去する効果のある「塩素除去シャワーヘッド」のおすすめ13選をレビューも交えて詳しく紹介!初めての方も選びやすいよう、塩素除去シャワーヘッドに期待できる効果や注意事項、取り付け方やデメリットなども徹底解説!

12,525view

最終更新:

2021年!塩素除去シャワーヘッドの選び方とおすすめ13選

目次

塩素除去シャワーヘッドとは?

水道水に含まれている残留塩素を減らしたり取り除いたりしてくれるのが塩素除去シャワーヘッドです。浄水シャワーヘッドと呼ぶこともあります。

水道水には塩素が含まれる

キッチンやトイレ、お風呂などご家庭で使用する水道水の中には、一定濃度の塩素が含まれています。塩素には殺菌力があり、病原性物質から私たちを守る役割があることから、水道水には欠かせない成分です。
しかしその一方でたんぱく質を分解する作用もあるため、肌に付着すると皮脂が過剰に落ちたり、髪に触れると傷みやすくなったりするといわれています。

塩素を除去する仕組み

塩素除去シャワーヘッドは「残留塩素低減ろ材」または「残留塩素除去ろ材」と呼ばれるカートリッジを装着します。水道水がカートリッジを通る際、酸化還元反応を起こして減る、または取り除かれるという仕組みです。ろ材の代表的なものとして「亜硫酸カルシウム」「ビタミンC」があるほか、塩素を吸着して物理的に減らす、または取り除く作用のある「活性炭」などがあります。

塩素除去シャワーヘッドの期待される効果

髪トラブルのケア

髪のいちばん外側にはキューティクルと呼ばれる層があり、髪の内部に含まれるたんぱく質や水分を守っています。塩素がキューティクルに触れると傷つき、バリアの役目を果たせなくなります。
次第に髪の内部のたんぱく質なども分解されると、いわゆる「髪が傷んだ状態」になります。

塩素除去シャワーヘッドにはその塩素を減らす、または除去する効果がありますので、髪が傷むリスクを低減するといったことが期待できます。

肌荒れやアトピーといった肌トラブルを起きにくくする

皮膚(頭皮も含む)の表面には皮脂膜があり、細菌の侵入や水分の蒸発を防いでいます。塩素はその皮脂を過剰に落としてしまうためバリア機能が弱まり、肌の乾燥やかゆみ、頭皮であればフケなどを招くことがあります。

塩素除去シャワーヘッドで残留塩素をカットできれば、こうした肌トラブルを軽減できる可能性があります。
また原因は人によって異なるため期待通りの結果が得られるとは限りませんが、塩素除去シャワーヘッドを使った結果アトピーの症状が和らいだというケースもあるようです。

塩素除去シャワーヘッドの選び方

塩素除去率

塩素除去シャワーヘッドの商品説明などに「除去率」が書かれている場合があります。最大の目的は塩素を減らすまたは除去することですから、できるだけ除去率が高いものがよいでしょう。

ただし、どのような方法でテストを行ったのか、何を基準とした場合の除去率なのかなど、メーカーによって異なるため単純比較は難しいところです。あくまで目安と捉え、それ以外の部分にも着目するとよいでしょう。

日本アトピー協会推薦品

塩素除去シャワーヘッドの中には、日本アトピー協会(※1)が推薦する商品があります。アトピーにお悩みの方は、そうした商品から絞り込んでいくというのもおすすめです。

※1:特定非営利活動法人日本アトピー協会

カートリッジ交換の継続コストを考える

カートリッジは消耗品のため、継続して使うのであれば交換が必要です。まずは1つのカートリッジでろ過できる水量と、カートリッジそのものの値段をチェックしましょう。
加えて、1日あたりどれくらい水を使用するかが分かればおおよそのランニングコストが導き出せます。
ご家庭や環境などで大きく変わりますが、1分間に8Lのお湯が出るシャワーを8分間浴びた場合、1人あたり64L/日という計算になります。交換用のカートリッジが注文・入手しやすいかどうかも確認しておくと安心です。

塩素除去の方式

ろ材には亜硫酸カルシウム、ビタミンC、活性炭があるとお伝えしました。それぞれ一長一短があるため選ぶ際の参考にしてみてください。

亜硫酸カルシウム

塩素を還元して除去するのが亜硫酸カルシウムです。キッチンの浄水器などにも使われています。塩素除去能力に優れ、残留塩素への反応も早くシャワーの水圧が下がりにくいのが特徴です。
使用頻度や環境にもよりますが、カートリッジの寿命は活性炭とビタミンCの中間くらいといわれていますので、コスパ的にもそれくらいのイメージになるでしょう。

ビタミンC

水に溶けるビタミンCは塩素にも素早い反応を見せます。溶液・粉末・タブレットなどいろいろな形状がありますが、いずれも塩素除去能力が非常に高いのが特徴です。
また水を軟化させる働きもあり、石鹸の泡立ちがよくなる、石鹸カスが発生しにくくなるといった効果も期待できます。
早く効果を実感したい方には特におすすめですが、一方で水に溶けることから寿命が短いというデメリットがあります。手頃な価格帯のものが多いとはいえランニングコストを抑えたい方は慎重に判断したほうがよいかもしれません。

活性炭

脱臭剤にも使われる活性炭は、亜硫酸カルシウムやビタミンCと比べて長寿命なのが特徴です。
商品によっては1年などかなり長期間使い続けられるうえ比較的安価など、コスパに優れています。活性炭は塩素を化学反応によって無害化するのではなく、塩素イオンと水素イオンに分解するという方法で除去します。
化学物質を使用しないため、コスパ重視の方やナチュラル派の方におすすめです。ただしビタミンCのように水には溶けず反応はやや遅めで、塩素除去率もそれほど高くはありません。また、使っていくうちに塩素除去能力が徐々に低下してきます。

浄水カートリッジ交換が簡単か?

塩素除去シャワーヘッドはカートリッジを定期的に交換する必要があります。分解する際のパーツや手順が少ない、手またはドライバー1本あればできるなど、取り外し・取り付けが簡単にできる商品かどうかも忘れずにチェックしておきましょう。

塩素除去のON・OFF(浄水・原水)の切り替えが可能か?

塩素除去シャワーヘッドのカートリッジはお湯を使うほど消耗していきます。
お風呂掃除など人が浴びる時以外で塩素除去機能を使うともったいないので、中には浄水・原水を切り替え可能な機能がついたシャワーヘッドも販売されています。
髪や体を洗うときだけ塩素除去、掃除などそれ以外のときは原水といったように、手軽に切り替えできる商品がおすすめです。

止水ボタン

シャワーヘッドの持ち手に止水ボタンがあれば、ワンタッチで小まめにお湯を止めることができ節水につながります。立ってシャワーをする方は止めるのに蛇口に手を伸ばす(しゃがむ)必要がなくなります。

ただし、水とお湯2つのハンドルで湯温や湯量を調節する「2ハンドルシャワー混合水栓」で、レバーなどによる一時止水機能がない場合はアダプターが必要になるケースもあります。止水ボタン付きを選ぶ際は、適合する水栓のタイプも忘れずに確認しましょう。

節水性能

「◯%節水」などと書かれているシャワーヘッドなら、塩素除去と併せて節水効果も期待できます。水量を減らせるためカートリッジの寿命を延ばすことにつながれば一石二鳥ですね。

ただし節水率が高いほどよいかというとそうでもありません。
たとえば70%など節水率の高い商品は魅力かもしれませんが、その分、穴が極端に少なかったり水圧が落ちたりする場合があります。泡を洗い流せなければ、シャワーを使う時間が延びて節水効果が薄れてしまうことも考えられます。ほどよい水圧を保ちつつ、30〜50%程度節水できるものを基準にするとよいでしょう。

マイクロバブル

0.1mm未満の「超微細な気泡」がマイクロバブルです。超微細な泡を多数発生させることで、洗浄やクレンジングなどの効果だけでなく、温浴効果や美肌効果も、一般的なシャワーヘッドに比べて高くなるといわれています。
さらに小さいマイクロナノバブルを作り出すシャワーヘッドも販売されています。肌が弱い方はもちろん、赤ちゃんがいるご家庭にもおすすめです。

マイクロバブルシャワーヘッドについてはこちらで詳しく解説しています。

吐水モード切り替え

シャワー以外にミストやスプレー、マッサージなど吐水方法を切り替えできるものや、同じシャワーでもノーマルのほか、ハードとソフトを切り替えできるものなどがあります。
ハードとソフトは2段階のみの調節か、無段階調節が可能かといった違いもあります。洗顔のときはミストにしたいなど、自分がほしいモードを搭載している商品を選びましょう。

注意!塩素除去シャワーヘッドを購入する前に確認すること

シャワーホースと一体型でシャワーヘッドが取れない

シャワーホースと一体型になっているシャワーヘッドの場合、ヘッドのみを交換することができません。その場合は、ホースをセパレートタイプのものに交換し、それに合うマイクロバブルシャワーヘッドを取り付けるといった方法をとりましょう。ホースにもお使いの水栓に適合する・しないがあるかもしれません。少し面倒ですが、取り付けできない可能性があるため取扱説明書などをきちんと確認しておくと安心です。

一部外国製はホースも含めて交換できないものも

一部外国製のシャワーヘッドの場合、ホースも含めて交換できないものがあります。不安な方は、購入する前に必ず塩素除去シャワーヘッドの商品説明をチェックし、適合するかどうか見ておきましょう。それでも分からないときはメーカーに問い合わせましょう。

シャワーヘッドの取り付けネジ口径が合わない

TOTO・LIXIL(INAX)・SAN-EI・KAKUDAIといったメーカーはそのままでも取り付けできるものが多いのですが、一部MYM・KVK・ガスターといったメーカーの場合、アダプターが必要になるものが多いようです。別途アダプターの購入が必要なケースもあれば、購入した際に同梱されているもので合うケースもあります。メーカーと口径、それぞれ適合するかどうか忘れずに確認しておきましょう。

家全体の水道が「浄水」されているご家庭は塩素除去の効果がない場合も

まれに、家やマンションの部屋などに供給される水道水を全て浄水しているご家庭があります。
こういったご家庭の場合、家で使う水は既に浄水器を通った水ですので、塩素除去シャワーヘッドの塩素除去の効果がない場合があります。
塩素除去シャワーヘッドを設置する前に「残留塩素測定試薬」などを使って、ご自宅のシャワーから出るお湯の残留塩素濃度を調べてから検討されるのがよろしいかと思います。

止水ボタン付き塩素除去シャワーヘッドは注意!設置できないご家庭も

バランス釜は取り付けられない場合が多い

バランス釜は塩素除去機能の有無に限らず、止水ボタン付きのシャワーヘッドは使用できないケースが多くあります。また、たとえ止水ボタンがなくても塩素除去やマイクロバブルといったシャワーヘッドが使えないこともあるようです。バランス釜をお使いのご家庭は、必ず事前に確認しておきましょう。

2ハンドルシャワー混合水栓も要注意

水とお湯、2つのハンドルを回して湯温・湯量を調節するタイプの水栓に止水ボタン付きの塩素除去シャワーヘッドを取り付けたいときは、水とお湯が交わる部分に一時止水機能(レバーなど)があるかどうか確認しておきましょう。

一時止水機能がない場合「逆流防止機能」も付いていないことが予想されます。止水した際にお湯が逆流し、給湯器が故障するなど思わぬトラブルを招くおそれがありますので、注意が必要です。

このケースでは、水栓とシャワーホースの接続部分に、逆流防止弁アダプターを取り付けることでトラブルを回避できます。アダプターは通販やメーカーのHP、ホームセンターなどで入手でき、取り付けも説明書通りに行えば難しいものではありません。

なお2ハンドルシャワー混合水栓の中には、最初から逆止弁が組み込まれているものもあるようです。2ハンドルシャワー混合水栓をお使いの場合、まずは取扱説明書を確認するか、メーカーに型番を伝えるなどして確認しましょう。

塩素除去シャワーヘッドの取り付け方

  1. 古いシャワーヘッドの根元を、ネジのようにクルクル回してホースから外す
  2. パッキンなど新しいシャワーの付属品など確認
  3. 新しいシャワーヘッドにアダプターなどが必要であれば取り付ける
  4. 新しいシャワーヘッドを、ネジのようにクルクル回してホースに取り付ける
  5. 水(お湯)が流れるかを確認し、問題なければ完了

シャワーホースとシャワーヘッドがセパレートタイプで、サイズなども問題なく合っていればこの手順で簡単に取り外し・取り付けできます。

基本的には手でひねれば取れる

ほとんどのシャワーヘッドは、ホースを掴んでヘッド部分をネジのように回せば簡単に外れますが、長年使っている場合などは固くて回らないこともあります。その際はまず水分をタオルなどで拭き取り、ゴム手袋を着用して回すと滑らずに力が入りやすくなります。

口径の違いは事前に確認する

マイクロバブルシャワーヘッドとシャワーホースの口径(ネジのサイズ)が合わなければ取り付けできません。シャワーホースの金属部分やシャワーヘッドなどに記載されているメーカー・型番などが、新しく購入するマイクロバブルシャワーヘッドに適合するか、アダプターが必要か、そもそも取り付けできないかなど事前に調べておきましょう。

シャワーヘッドが取れないタイプはホースごと

  1. ホースの根元のナットを緩め、古いホースを外す
  2. 新しいホースを取り付けてナットを締める

シャワーヘッドとホースが一体型の場合、上記の手順でホースごと交換しましょう。特に難しい作業ではないので安心してください。ホース内などに残っている水が流れる場合があるため、濡れても問題ない服装で作業に当たりましょう。

塩素除去シャワーヘッドは賃貸でも取り付け可能

賃貸などで交換する場合は、取替前のシャワーヘッドは残しておく

賃貸物件にも塩素除去シャワーヘッドを取り付けできます。ただし退去の際は原状回復が原則ですので、古いシャワーヘッドやパッキン、アダプターなどは廃棄せずに残しておきましょう。勝手に交換するのが不安な方は、事前に大家さんあるいは管理会社に確認しておくと安心です。

塩素が本当に除去されているか「残留塩素測定試薬」で確認

塩素除去シャワーヘッドを使用する前の自宅の水道の残留塩素濃度の測定や、塩素除去シャワーヘッド使用後の残留塩素の濃度チェックしたいという方は「残留塩素測定試薬」を使って確認しましょう。

塩素除去シャワーヘッドをしばらく使用した後にカードリッジの除去能力が落ちてないか、入浴前にシャワーのお湯に試薬をいれてチェックするという方もいらっしゃいます。

機械式の残留塩素チェッカーは精度や動作温度に注意

残留塩素濃度の測定を機械で出来るものももあります。
手軽で便利そうに見えますが、中には測定結果の数値の誤差が大きいものや、シャワーから出るお湯の温度では正しく測定出来ない物もありますので、口コミなどをよく確認して購入しましょう。

塩素除去シャワーヘッドのデメリットも…

カートリッジの交換コスト

塩素除去効果を得続けるには、シャワーヘッドのカートリッジを定期的に交換する必要があるため、ランニングコストが発生します。
交換目安や、カートリッジのコストから継続使用する際のコストもチェックしましょう。

カートリッジ交換不要の塩素除去シャワーヘッドは除去率が落ちる傾向

なお中には「カートリッジ交換不要」の塩素除去シャワーヘッドもあります。ただし一般的な商品と比べて塩素除去率が落ちる傾向にありますので、口コミなどをよくチェックしましょう。

浄水した水は取り扱い注意

カートリッジを通った水やお湯は、通常の水道水よりも塩素の量が少ないか、まったくありません。塩素には病原性物質を殺菌する働きがあるため、その塩素がない水は通常の水道水よりも保存がききません。また一般社団法人浄水器協会では「塩素除去シャワーヘッドを通した水は目や口に多少入る分には問題ありませんが、飲用には使用しないようにと注意喚起をしているほか、長期間使わなかったときも必ずシャワーヘッドに残っている溜り水を1分程度流し出してから使用するようにとしています(※2)。

※2:浄水器協会「浄水シャワーの使い方についてのQ&A」

塩素除去シャワーヘッドのよくあるトラブル

水漏れ

ホースとシャワーヘッドの隙間からの水漏れは単純に締め付けが緩いか、ネジの口径が合っていないことが考えられます。締め直す、またはアダプターを挟んで再度取り付けし直すなどしましょう。解決しない場合、ホース内の「O(オー)リングパッキン」と呼ばれる部品の劣化が考えられます。ホームセンターで手に入りますので、サイズを確認したうえで購入し交換しましょう。

シャワー板(お湯が出る穴のあいた部分)から水漏れする場合、シャワーヘッド内に残った水が垂れている、または水栓側に劣化や損傷などのトラブルが生じており、水(お湯)を止めきれていないことが考えられます。シャワー板の穴を天井川に向けて止まれば前者、止まらなければ後者の可能性が高いです。水栓のトラブルについては、水道業者に連絡して見てもらいましょう。

止水ボタンでシャワーを止めるとポタポタ水漏れする

止水ボタンでお湯を止めた場合でも、水栓のハンドルは開いたままです。そのため、完全に止水すると水栓やホースなどに水圧がかかり、破損などにつながる場合があります。そのため、止水ボタンを押しても完全には止水せず、ごく少量のお湯が流れる仕様になっているシャワーヘッドもあります。

なお、お風呂から上がるときに水栓側のハンドルを閉めず、止水ボタンだけでお湯を止めてしまわないように注意しましょう。ホースやヘッドの付け根部分に強い水圧がかかったままの状態となり、接続部分から水漏れが生じることがあります。水圧に耐えきれず、シャワーヘッドが飛んでしまうトラブルもあるようですので、必ず水栓のハンドルを閉めるように心がけましょう。

シャワーを壁に掛けたときの角度が変わった

それまで使っていたシャワーヘッドと形や厚み、シャワー板の角度などが違う場合、お湯がうまく当たらず、自分が動かなければならないなど使い勝手の面で不便さを感じることがあります。

これを解消するには角度調節機能付きの塩素除去シャワーヘッドを購入するか、後付けの「角度調節フック」を取り付ける方法があります。角度調節フックとは備え付けのシャワーヘッドホルダーにはめ込むもので、そこへ塩素除去シャワーヘッドを挟んで使用します。ネット通販で1,000円前後と安く手に入りますので、角度で困ったときは購入するとよいでしょう。

メッキが剥がれる

長く使っていたり、落下させたりするとメッキが剥がれる場合があります。見た目が悪くなるだけでなく、剥離した部分で皮膚を傷つけたり、穴に詰まってお湯が変な方向に出たりすることがあります。メッキが剥がれにくい二重構造のものを選ぶか、ビニールテープで応急処置をする、あるいは新しい塩素除去シャワーヘッドに買い換えることも検討しましょう。

イチオシの塩素除去シャワーヘッド3選

※掲載している価格はすべて税込みで、2020年12月20日時点に確認できたものです。また、販売する店舗により価格やセット内容、保証の有無などが異なる場合があります。

SANEI「浄水原水切替え式シャワーヘッド」

SANEI浄水原水切替え式シャワーヘッド

SANEI

浄水原水切替え式シャワーヘッド

参考価格4,301円~(2021/01/10時点)

日本アトピー協会推薦の塩素除去シャワーヘッドです。約30%の節水効果も期待できるほか、シャワー板は外して洗えるため清潔に保てます。カートリッジは約3カ月で交換となりますが、交換用は3本セットでコスパもよく、塩素除去シャワーヘッドが初めての方にもおすすめです。

型番 PS7964-80XA-MW2
塩素除去方式 亜硫酸カルシウム
吐水モード ストレート
重さ 約210g
消耗品の交換頻度と価格 約3カ月/3本入り2,655円
そのほかの機能 節水効果約30%/外して洗えるシャワー板/原水切り替え

SANEI「浄水原水切替え式シャワーヘッド」の口コミ

元々アレルギー体質で、疲れやストレスなどで蕁麻疹がでることがあります。最近も我慢できずに顔を掻いてしまい、顔が腫れ上がって大変なことがありました。だいぶ前には、シャワーを浴びただけで、温度差?なのかシャワーの水圧?なのか、全身蕁麻疹がでたこともありました。今回、たまたま浄水シャワーヘッドをみかけたので購入。浄水でシャワー後は、うそみたいにお肌がすべすべです。髪の毛も、原水で洗うよりも落ち着く感じがします。もっと早く使えば良かったです!

引用元:楽天市場レビュー

クリンスイ「浄水シャワー」

クリンスイ浄水シャワー

クリンスイ

浄水シャワー

参考価格4,737円~(2021/01/10時点)

同じく日本アトピー協会推薦の塩素除去シャワーヘッドがこちらです。シャワーキャップがスケルトンのため汚れ具合がひと目で分かり、お手入れのタイミングも判断しやすい構造です。カートリッジには水の流れを妨げない素材が使われており、1分間8Lの水量を確保できるのも特徴です。肌トラブルにお悩みの方や、塩素除去シャワーヘッドが初めての方におすすめです。

型番 SK106W-GR
塩素除去方式 亜硫酸カルシウム
吐水モード ストレート
重さ 約210g
消耗品の交換頻度と価格 約2カ月/2個入り2,750円
そのほかの機能 原水切り替え/MYM、KVK、ガスター用アダプター付属

クリンスイ「浄水シャワー」の口コミ

肌にいいと思い購入しましたが、髪の毛が柔らかくてサラサラになりました。トリートメントをして仕上げに浄水を使ったのですが、いつものゴワゴワ感がなくなりました。購入して良かったです。肌にも期待しています! 他の商品(浄水ポットとか)も欲しくなりました。

引用元:楽天市場レビュー

東レ「トレビーノ トレシャワー」

東レトレビーノ トレシャワー

東レ

トレビーノ トレシャワー

参考価格4,218円~(2021/01/10時点)

日本アトピー協会推薦に加え、皮膚科医からも推奨されているという塩素除去シャワーヘッドがこちらです。カートリッジには長寿命の活性炭が使われており、交換用も1本1,408円とお手頃です。浄水と原水を手元で切り替えできるほか、同社の従来品(RS51)と比べ約30%の節水効果も期待できます。肌トラブルにお悩みの方、コスパを重視したい方などには特におすすめです。

型番 RS53
塩素除去方式 活性炭
吐水モード ストレート
重さ 274g
消耗品の交換頻度と価格 約5カ月/1本1,408円
そのほかの機能 原水切り替え/30%節水(同社従来品比)

東レ「トレビーノ トレシャワー」の口コミ

地域柄、水道水に塩素が多く、購入しました。取り付けも簡単でほとんどのものに合うと思います。お水が柔らかくなった感じが直ぐにわかりました。髪の毛も毛先がまとまりやすくなり肌の乾燥も良くなりました。娘も絶賛しています。我が家は3階ですが水圧も問題ないです。おすすめです。

引用元:楽天市場レビュー

ランニングコストが低価格なおすすめ塩素除去シャワーヘッド2選

水生活製作所「JOWER SILK(ホワイト)」

水生活製作所JOWER SILK

水生活製作所

JOWER SILK

参考価格5,230円~(2021/01/10時点)

とにかくランニングコストを抑えたいという方におすすめなのがこちらです。約12カ月という長寿命の活性炭カートリッジは、交換用もリーズナブルで年間通してコストを大きく抑えることができます。強い水圧を求める方には物足りないかもしれませんが、肌や髪に心地よく優しいシルク水流を採用していますので、女性や小さな子どもがいるご家庭などは特におすすめです。

型番 JS214-W
塩素除去方式 繊維状活性炭 × ヤシガラ活性炭
吐水モード ストレート(0.4mmシルク水流)
重さ 約280g
消耗品の交換頻度と価格 約12カ月/1本2,036円
そのほかの機能 約20%節水

水生活製作所「JOWER SILK(ホワイト)」の口コミ

髪の痛みと肌のガサガサを直したくて、脱塩素製品にこりはじめて、かれこれ数十年。最高の脱塩シャワーヘッドに出会えました!今まで使っていたものはなんだったのか…という感じです。
髪はサラサラツルツル、うねり気味のくせ毛持ちなんですが、おさまっています。また、足のすねのカサカサ粉吹もなくなりました。カートリッジもお安くてコスパいいと思います。海外のホテルのヘッドにも替えて使えました。せっかく綺麗にヘアカラーしても海外の水で、一気に脱色していましたが、全く無事でした!!

引用元:Amazonレビュー

東レ「トレビーノ トレシャワー」

東レトレビーノ トレシャワー

東レ

トレビーノ トレシャワー

参考価格4,218円~(2021/01/10時点)

東レのトレシャワーも同じく活性炭を採用しています。JOWER SILKと比べると寿命はやや短めの約5カ月ではありますが、亜硫酸カルシウムなどを使った商品よりも長寿命かつ交換用も安価なので、ランニングコストを抑えたいご家庭にピッタリです。

型番 RS53
塩素除去方式 活性炭
吐水モード ストレート
重さ 274g
消耗品の交換頻度と価格 約5カ月/1本1,408円
そのほかの機能 原水切り替え/30%節水(同社従来品比)

東レ「トレビーノ トレシャワー」の口コミ

浄水と減水の切替が簡単で扱いやすいです。こんなに簡単で切り替わるのか、と思いましたが、浄水だとお水が柔らかくて気持ちいい!カートリッジが半年持つと言うのも経済的です。3人家族で使っているのでもう少し交換が早いかもしれませんが、使い続けたいと思います。

引用元:楽天市場レビュー

浄水・原水の切り替えができる塩素除去シャワーヘッド3選

SANEI「浄水原水切替え式シャワーヘッド」

SANEI浄水原水切替え式シャワーヘッド

SANEI

浄水原水切替え式シャワーヘッド

参考価格4,301円~(2021/01/10時点)

SANEIのこちらの商品は、シャワーヘッドの根元部分に浄水・原水切り替えレバーが搭載されています。掃除のときは原水、体や頭を洗うときは浄水など片手で手軽に切り替えできて便利です。上手に切り替えることで、カートリッジが無駄に消耗してしまうのを防ぐことができます。

型番 PS7964-80XA-MW2
塩素除去方式 亜硫酸カルシウム
吐水モード ストレート
重さ 約210g
消耗品の交換頻度と価格 約3カ月/3本入り2,655円
そのほかの機能 節水効果約30%/外して洗えるシャワー板/原水切り替え

SANEI「浄水原水切替え式シャワーヘッド」の口コミ

優しくてよいかな~?と思い購入。
オンオフ切り替えスイッチがあってよいですね。
節水も出来てる感じしますよ。
水が何となく柔らかく感じました。

引用元:楽天市場レビュー

クリンスイ「浄水シャワー」

クリンスイ浄水シャワー

クリンスイ

浄水シャワー

参考価格4,737円~(2021/01/10時点)

シャワーヘッドの先端にプッシュシーソー式の切り替えボタンが搭載されており、浄水・原水をワンタッチ切り替えることができます。原水にすると水(お湯)がカートリッジを通りませんので、うまく使い分ければカートリッジを長持ちさせられます。

型番 SK106W-GR
塩素除去方式 亜硫酸カルシウム
吐水モード ストレート
重さ 約210g
消耗品の交換頻度と価格 約2カ月/2個入り2,750円
そのほかの機能 原水切り替え/MYM、KVK、ガスター用アダプター付属

クリンスイ「浄水シャワー」の口コミ

切り替えスィッチ付きの方が掃除時にも便利だとも思いこちらを購入しました。
水圧もあり使いやすいです。
2人家族で入浴はシャワーメインなので、仕上げ時に浄水の方へ切り替えて使用しています。
まずは髪の広がりがおさまりセットしやすくなりました。
まだ使い始めたところなので引き続き使用します。

引用元:楽天市場レビュー

ゼンケン「浄水シャワー ピュアストリーム3」

ゼンケン浄水シャワー ピュアストリーム3

ゼンケン

浄水シャワー ピュアストリーム3

参考価格6,152円~(2021/01/10時点)

シャワーヘッドの根元部分に浄水・原水の切り替えレバーが搭載されています。片手で切り替えできて便利なうえ、原水で30%、浄水で約20%という節水設計になっています。節水効果もほしいというご家庭におすすめです。従来品と比べてシャワーヘッドの面積が1.7倍に、吐水穴数は約1.2倍に増えており、節水しながらも十分洗い流すことができるよう改良されています。

型番 CF-12N
塩素除去方式 活性炭
吐水モード ストレート
重さ 約180g
消耗品の交換頻度と価格 約5カ月/1本2,970円
そのほかの機能 原水切り替え/節水(原水時30%、浄水時20%)

ゼンケン「浄水シャワー ピュアストリーム3」の口コミ

浴室用のシャワーとして使ってます。水圧が柔らかいのに、弱くなく、とても気持ちよく使ってます。

引用元:Amazonレビュー

マイクロバブルがついた塩素除去シャワーヘッド2選

サイエンス「ミラブルplus」

サイエンス ミラブルplus

サイエンス

ミラブルplus【正規品30日間返金保証】

税込 44,990円 ※5,000円ギフトキャッシュバック中

マイクロバブルよりもさらに細かい「ウルトラファインバブル」を生み出すことができる塩素除去シャワーヘッドです。トルネードスティックと呼ばれるパーツを装着することで、塩素除去効果が得られます。ストレートとミストに切り替えできるほか節水性能にも優れているなど、多機能性を求める方におすすめしたい商品です。

型番
塩素除去方式 亜硫酸カルシウム
吐水モード ストレート/ミスト
重さ 162g
消耗品の交換頻度と価格 約3カ月/3個セット10,048円
そのほかの機能 ウルトラファインバブル/約50%節水

田中金属「ボリーナ プリート」

田中金属ボリーナプリート

田中金属

ボリーナプリート

参考価格15,800円~(2021/01/10時点)

同じく1mmの10000分の1というウルトラファインバブルを発生させることができるシャワーヘッドです。本体には1〜12までの数字が書かれた円形のダイヤルが付いており、カートリッジの交換時期がひと目で分かるよう工夫されています。高い節水効果も期待できるおすすめ商品です。

型番 TK-7030
塩素除去方式 亜硫酸カルシウム
吐水モード ストレート
重さ 約170g
消耗品の交換頻度と価格 1人使用で約2カ月/2本4,400円
そのほかの機能 約50%節水

田中金属「ボリーナ プリート」の口コミ

お湯が肌に当たるとピリピリして痛かったのですが、それがなくなりました。マイクロバブル、と聞いて勝手に想像していたよりは大きな泡でしたが、写真の通りです。節水もしているとは思えない勢いで満足です。家族が多いため、カートリッジがもっと買い求めやすい価格になるとうれしいです

引用元:楽天市場レビュー

カートリッジ交換が不要な塩素除去シャワーヘッド

SAISEIKO「フリオンスカルプ・シャワーヘッド クリア」

SAISEIKOフリオンスカルプ・シャワーヘッド クリア

SAISEIKO

フリオンスカルプ・シャワーヘッド クリア

参考価格20,350円~(2021/01/10時点)

シャワーヘッドには2種類の「超硬質セラミックボール」が入っており、その間を水が流れることで塩素の刺激が緩和されるという仕組みになっています。セラミックボールは長期間使用できることから、カートリッジ等の交換が不要のシャワーヘッドとして販売されています。頭皮に優しいマッサージモードに切り替えできるのも特徴です。

型番
塩素除去方式 セラミックボール
吐水モード ミスト/マッサージ/ノーマル
重さ 約250g(梱包時)
消耗品の交換頻度と価格 交換不要
そのほかの機能

SAISEIKO「フリオンスカルプ・シャワーヘッド クリア」の口コミ

2本目です。1本目も長持ちしました。もう10年以上愛用しています。割れやすいところがちょっと欠点かな。
化学薬品の心配のないお湯で、肌や髪を洗えるので安心してお風呂を楽しめます。
このシャワーのお湯で貯めた湯船は、熱目のお湯でもお肌荒れ起こしません。

引用元:Amazonレビュー

止水ボタンがある塩素除去シャワーヘッド2選

ウォータークチュール「ピュアシャワー」

ウォータークチュールピュアシャワー

ウォータークチュール

ピュアシャワー

参考価格7,399円~(2021/01/10時点)

浄水シャワーヘッドの口コミで高評価を得ているクリンスイから生まれたブランドです。本体のシャワー板のすぐ下に止水ボタンが付いていますので、片手で持ちながらオン・オフの切り替えが簡単に行えます。従来品比約38%という節水性能も備えていますので、上手に使い分ければ大きな節水効果が期待できそうです。

型番 WS301
塩素除去方式 亜硫酸カルシウム
吐水モード ストレート
重さ 212g
消耗品の交換頻度と価格 約1カ月/3個入り2,970円
そのほかの機能 止水ボタン/約38%節水(同社従来品比)

ウォータークチュール「ピュアシャワー」の口コミ

私のボロアパートのシャワーは出てくる水が太くいっぱい水を出さないと洗いにいくにうえにいっぱい水を出すと頭皮が痛くなります。購入した商品は塩素除去が目的の購入だったけれど、シャワーが柔らかくしかも少量の水でとても洗いやすいので良い意味で驚きです。塩素除去の効果も高いと思います。これからが髪質が良くなるのが楽しみです

引用元:Amazonレビュー

カクダイ「浄水ストップシャワー ピュアラプラス」

カクダイ浄水ストップシャワー ピュアラプラス

カクダイ

浄水ストップシャワー ピュアラプラス

参考価格4,609円~(2021/01/10時点)

クリンスイと共同開発したという、酸化還元フィルターが内蔵されています。亜硫酸カルシウムによる素早い塩素除去効果に加え、止水ボタンを使いこなすことにより約35%もの節水効果が期待できます。シャワー板は直径55mmと大型で、肌に心地よい水流が特徴です。なお、水圧がかかり続けることによる破損などのトラブルを防ぐため、止水ボタンを押しても完全止水はしない仕様になっています。

型番 357-910-W
塩素除去方式 亜硫酸カルシウム
吐水モード ストレート
重さ 210g
消耗品の交換頻度と価格 約4カ月/1個3,000円
そのほかの機能 約35%節水

カクダイ「浄水ストップシャワー ピュアラプラス」の口コミ

初めて購入しました。
値段も高いので、欲しくてもなかなか勇気がでなかった(笑)
近所のホームセンターより2000円位安いし、楽天ポイント使ってやっと購入。
箱から取り出したシャワーヘッドの穴を見て…
こんなんで大丈夫なの??って思いながら従来のシャワーヘッドと交換。
シャワーヘッドが大きく
水の出方が柔らかい感じで肌によさそう♪
ボタンがあって途中で止められる♪
今日からお風呂が楽しみです!
早く交換すればよかったと思いました。

引用元:楽天市場レビュー