ガス給湯器の交換費用

まるわかり!ガス給湯器の交換費用と損しない知識や注意点

ガス給湯器の交換費用を号数(家族人数)や設置タイプ別にシミュレーション。エコジョーズのメリット・デメリット、節約効果や工事費が違う理由なども。交換工事を依頼する時の注意点、壊れた給湯器の得する処分方法などもご紹介。

23,466view

最終更新:

ガス給湯器を交換するときのお悩み・トラブル・注意点

ガスの種類を間違えて注文してしまった

ガス給湯器には都市ガスとプロパンガスの2種類があります。ご家庭でどちらのガス種を使用しているか、必ず確認して購入するようにしましょう。もしも間違えて購入してしまった場合は、店舗によっては交換してくれる場合もありますが、基本的には返品できません。なお、都市ガスは13A、プロパンガスはLPと表記されている場合もあります。

交換するガス給湯器が既設の機器とメーカーが違う

ガス給湯器を交換する際、既に取り付けてある床暖房や浴室暖房とは異なるメーカーのガス給湯器を設置しても問題がないかどうか悩まれる方が多いようです。結論から言ってしまうと、問題ありません。例えば、床暖房と浴室暖房はノーリツ製で、新たに交換して設置するガス給湯器はリンナイ製であっても、問題なく機能します。

しかし、ひとつ注意しなければいけないのが、メンテンナンスです。メンテナンスに関しては各メーカーにそれぞれ依頼しなくてはなりませんので、機器によってメーカーが異なる場合、トータルにメンテナンスをしてもらうことができなくなります。そのため、余計に修理代や手間がかかってしまう場合もありますので、ご注意ください。

インターネットで工事まで注文するのが不安

最近ではガス給湯器もインターネットで普通に販売されるようになりました。店舗によっては工事まで請け負ってくれる店もあるようです。しかし、インターネットで高額な商品や工事まで買うのには、不安を覚える方も多いようです。

インターネットでガス給湯器を依頼する際は、次のポイントをチェックしましょう。

●口コミの評価が高いか。また沢山あるかどうか。

数あるインターネットショップから購入店舗を選ぶ上で、口コミは重要な要素になります。評価が高いことはもちろん、その数も重要になります。評価数が少ない店舗は、新しくオープンした店舗の可能性も高く、ノウハウがたまっていない可能性があります。また、単純に評価点数だけではなく、具体的な良し悪しの事例(迅速な工事だった、手抜き工事でトラブルがあった等)を読み込んでいくことで、その店舗の理解が深まると思います。

●会社の情報がしっかりとサイトに記載されているか

サイト内に会社概要として、販売責任者、店舗責任者、会社の住所、お問い合わせ先がしっかりと記載されているかどうか確認しましょう。

●アフターサービスや有料保証は充実しているか。

商品を購入する際、長く安心して使用していくため、有料延長保証を販売しているかどうかも重要なポイントです。また、工事後にトラブルがあった際などにすぐ問い合わせができる電話番号がちゃんと存在しているかどうかも確認しましょう。

壊れたガス給湯器が売れるって、知ってました?

あまり知られていませんが、壊れたガス給湯器は、鉄くず業者に販売することができます。大まかな相場は、以下の通りです。

ガス給湯器売却相場:90円~165円/1kg
※鉄くず業者や時期によって、価格は異なります。

また、以下はガス給湯器売却額のシミュレーションです。

ガス給湯器の重量:17kg~30kg
ガス給湯器想定売却額:1,530円~4,950円
※1kgあたりの売却単価や、ガス給湯器の重量によって、価格は異なります。

ちなみに、ガス給湯器の交換の際に、不要になった古いガス給湯器の処分を交換施工業者に依頼すると、処分費として数千円かかる場合がありますので、鉄くず業者へ販売したほうが断然お得です。しかし、鉄くず業者へガス給湯器を持って行くには、車を使わないといけないため少し手間はかかります。

最終的には個人の判断になりますが、ガス給湯器を交換する際は、古いガス給湯器の処分方法に選択肢があることを覚えておいて損はありません。

ガス給湯器を交換するタイミングについて

9年以上使用しているガス給湯器が故障したら交換がオススメ

ガス給湯器を9年以上使用されている場合は、故障をしたら交換がオススメです。理由としては、9年以降は有料延長保証の期間外になってしまいますし、故障の場合パーツの寿命によるものの可能性がたかく、修理費用が高くなりがちです。
そのため、9年以上使用したガス給湯器は、故障をしたら交換がオススメです。

なお、ガス給湯器の即日対応などを行っているオススメ交換業者については、こちらの記事で詳しく紹介しているので参考にしてください。

8年以内のガス給湯器は修理がオススメ

ガス給湯器を使用して8年以内の場合は、故障をしても有料延長保証期間内の場合もあります。また、比較的軽度の故障の場合が多いので、基本的には修理がオススメです。