据え置き型卓上食洗機の人気おすすめ15選。比較と選び方も

パナソニック、サンコー、アイリスオーヤマといった人気メーカー最新おすすめ据え置き卓上食洗機をご紹介!分岐水栓工事が必要な自動給水タイプから、買ってスグ使える工事不要タイプまで各製品の解説や給水方式、乾燥方式の違いなど食洗機を選ぶポイントも詳しく解説。

43,554view

最終更新:

据え置き型卓上食洗機の人気おすすめ15選。比較と選び方も

目次

キッチンのサイズや、賃貸に住んでいるなどの理由で、キッチンに組み込むビルトイン食洗機が設置できない方、手軽に食洗機を設置したいと思った方に、おすすめの据え置き型卓上食洗機の徹底解説をしていきます。

分岐水栓で自動給水!卓上型食洗機おすすめ7選

【大容量】パナソニック食洗機 NP-TA4

卓上型食洗機・大容量タイプの内、ベーシックモデルで「ストリーム除菌洗浄」「ボトルホルダー」を搭載しています。外観はスクエアな形状で、色はホワイト色のみです。

パナソニック 卓上食洗機NP-TA4

パナソニック 卓上食洗機

NP-TA4

参考価格 75,240円~(2023/05/31時点)

NP-TA4のスペック

  • 給水方式:分岐水栓
  • 食器点数:40点(4~5人分)
  • ドア開き:前開き
  • 使用水量:11L(標準時)
  • 乾燥方式:温風乾燥
  • 寸法:幅550×奥行き344×高さ598mm

【大容量・スリム】パナソニック NP-TSK1-W

奥行きがスリムで扉が前面の障害物(水栓など)に当たりにくい設計の食洗機です。奥行きは367mmあれば設置可能です。今までサイズで卓上型食洗機の設置を諦めていた方にもおすすめになっています。ホワイトとスチールグレーがあり、インテリアに合わせて選べる点もうれしいですね。

パナソニック 卓上食洗機NP-TSK1-W

パナソニック 卓上食洗機

NP-TSK1-W

参考価格 74,135円~(2023/05/31時点)

NP-TSK1-Wのスペック

  • 給水方式:分岐水栓
  • 食器点数:24点(4人分)
  • ドア開き:前開き
  • 使用水量:8L(標準時)
  • 乾燥方式:温風乾燥
  • 寸法:幅550×奥行き367×高さ612mm

【大容量】パナソニック食洗機 NP-TZ300

除菌消臭効果があるナノイーXを搭載したモデルになります。洗うと同時に食器の除菌ができるストリーム除菌洗浄や、室温や水温を検知して運転するエコナビなどを搭載しています。外観はスタイリッシュで、ホワイトとシルバーから選ぶことができます。電源を入れたときに浮かび上がる静電タッチ操作で、普段はスッキリしたデザインとなっています。

パナソニック 卓上食洗機NP-TZ300

パナソニック 卓上食洗機

NP-TZ300

参考価格 94,800円~(2023/05/31時点)

NP-TZ300のスペック

  • 給水方式:分岐水栓
  • 食器点数:40点(4~5人分)
  • ドア開き:前開き
  • 使用水量:11L(標準時)
  • 乾燥方式:温風乾燥
  • 寸法:幅550×奥行き344×高さ598mm

【大容量】パナソニック食洗機 NP-TH4

パナソニックの卓上型食洗機においてはスタンダードモデルです。「80℃すすぎ」「ストリーム除菌洗浄」「ボトルホルダー」を搭載しました。外観はスクエアな形状で、ホワイトとサンディベージュから選ぶことができます。

パナソニック 卓上食洗機NP-TH4

パナソニック 卓上食洗機

NP-TH4

参考価格 88,110円~(2023/05/31時点)

NP-TH4のスペック

  • 給水方式:分岐水栓
  • 食器点数:40点(4~5人分)
  • ドア開き:前開き
  • 使用水量:11L(標準時)
  • 乾燥方式:温風乾燥
  • 寸法:幅550×奥行き344×高さ598mm

【コンパクト】パナソニック食洗機 プチ食洗 NP-TCR4

パナソニックの卓上型食洗機では、3人分の食器を想定したコンパクトなシリーズ「プチ食洗」の上位モデルです。洗剤の温度を上げて洗浄効果を高めるバイオパワー除菌洗浄や、室温や水温を検知して、温度に合わせて運転するエコナビなどの機能を搭載しています。
外観は扉1枚が前開きし、色はホワイトのみです。

パナソニック 卓上食洗機NP-TCR4

パナソニック 卓上食洗機

NP-TCR4

参考価格 35,208円~(2023/05/31時点)

NP-TCR4のスペック

  • 給水方式:分岐水栓
  • 食器点数:18点(3人分)
  • ドア開き:前開き
  • 使用水量:9L(標準時)
  • 乾燥方式:温風乾燥
  • 寸法:幅470x奥行き300×高さ460mm

【コンパクト】パナソニック食洗機 プチ食洗 NP-TCM4

パナソニックの卓上型食洗機では、3人分の食器を想定したコンパクトなシリーズ「プチ食洗」のベーシックモデルです。外観は扉が1枚で上に開く形で、色はホワイトのみです。

パナソニック 卓上食洗機NP-TCM4

パナソニック 卓上食洗機

NP-TCM4

参考価格 57,700円~(2023/05/31時点)

NP-TCM4のスペック

  • 給水方式:分岐水栓
  • 食器点数:18点(3人分)
  • ドア開き:前開き
  • 使用水量:9L(標準時)
  • 乾燥方式:温風乾燥
  • 寸法:幅470x奥行き300×高さ460mm

【コンパクト】AQUA食洗機 ADW-GM2

庫内がステンレス製となっており、汚れにくく耐久性のある庫内になっています。また、洗浄と共に除菌もできる80℃すすぎモードを搭載しています。加えて、深夜時間帯に運転させることを想定した低騒音で運転を行う「ナイトモード」を搭載しています。

AQUA 卓上食洗機ADW-GM2

AQUA 卓上食洗機

ADW-GM2

参考価格 33,800円~(2023/05/31時点)

ADW-GM2のスペック

  • 給水方式:分岐水栓
  • 食器点数:24点(4人分)
  • ドア開き:上開きスライド扉
  • 使用水量:9L(標準時)
  • 乾燥方式:送風乾燥
  • 寸法:幅485×奥行き390×高さ475mm

工事不要!タンク式食洗機おすすめ8選

パナソニック SOLOTA NP-TML1

NP-TML1 パナソニック 卓上食洗機

2023年2月現在、業界最小設計という「一人暮らし向け」のタンク式食洗機です。ほぼA4サイズの省スペースに設置できるにも関わらず6点まとめて洗えるなど、容量も十分です。洗うと同時に除菌できる「ストリーム除菌洗浄」を搭載しています。

  • 給水方式:タンク式
  • 食器点数:6点(1人分)
  • ドア開き:前開き
  • 使用水量:約2.5L(標準時)
  • 乾燥方式:送風乾燥
  • 寸法:幅310×奥行き225×高さ435mm

【大容量】パナソニック NP-TSP1

21年秋発売のタンク式でも分岐水栓でも、どちらでも使用可能なタイプです。本体奥行きが341mmとスリムタイプで、新機能のリフトアップオープンドアで前面に水栓などがあっても設置しやすい設計が特徴です。

パナソニック 卓上食洗機NP-TSP1

パナソニック 卓上食洗機

NP-TSP1

参考価格 86,815円~(2023/05/31時点)

NP-TSP1のスペック

  • 給水方式:分岐水栓・タンク式(どちらでも使用可能)
  • 食器点数:24点(4人分)
  • ドア開き:前開き
  • 使用水量:9L(タンク式・標準時)
  • 乾燥方式:温風乾燥
  • 寸法:幅550×奥行き341×高さ720mm

エスケイジャパン Jaime SJM-DWM6UVC

UVC除菌ライトを搭載した、コンパクトなタンク式食洗機です。タンクが抗菌仕様になっており、雑菌などが繁殖しにくいのが特徴です。コンパクトながら、最高75℃の高温水と上下2段ノズルの高圧強力洗浄で汚れをしっかり落とします。

  • 給水方式:タンク式
  • 食器点数:15点(3人分)
  • ドア開き:前開き
  • 使用水量:約5.2L(標準時)
  • 乾燥方式:PTCヒーター式
  • 寸法:幅420×奥行き435×高さ435mm

アイリスオーヤマ ISHT-5000

庫内で上下2つのノズルが回転しながら水を出すため、しっかり汚れが落ちます。乾燥時にヒーターを使わず乾燥させるため、電気代がお得になります。用途や食器の種類、汚れ具合などによって4つの洗浄コースがあります。

アイリスオーヤマ 据え置き型食洗機ISHT-5000

アイリスオーヤマ 据え置き型食洗機

ISHT-5000

参考価格 30,780円~(2023/05/31時点)

ISHT-5000のスペック

  • 給水方式:タンク式
  • 食器点数:15点(3人分)
  • ドア開き:前開き
  • 使用水量:5L(標準時)
  • 乾燥方式:送風乾燥
  • 寸法:幅420×奥行き445×高さ435mm

東芝 DWS-22A

水の使用量は5Lで節水になります。食器15点と小物も入る約2.5人分の収納量と、省スペースなコンパクトサイズでありながら、約75℃の高温洗浄で除菌率99%以上のパワフル洗浄といった実用面が特徴です。

東芝 据え置き型食洗機DWS-22A

東芝 据え置き型食洗機

DWS-22A

参考価格 31,630円~(2023/05/31時点)

DWS-22Aのスペック

  • 給水方式:タンク式
  • 食器点数:15点(2~3人分)
  • ドア開き:前開き
  • 使用水量:約5L(標準時)
  • 乾燥方式:強制排気乾燥(温風なし)
  • 寸法:幅420×奥行き435×高さ435mm

シロカ SS-M151

分岐水栓でもタンク式でも使用可能なタイプです。分岐水栓の工事が不安な方は、タンク式で使ってみても良いですし、後から分岐水栓を工事して設置することも可能なマルチな機種になっています。

シロカ 据え置き型食洗機SS-M151

シロカ 据え置き型食洗機

SS-M151

参考価格 36,560円~(2023/05/31時点)

SS-M151のスペック

  • 給水方式:分岐水栓・タンク式(どちらでも使用可能)
  • 食器点数:16点(3人分)
  • ドア開き:前開き
  • 使用水量:5L(標準時)
  • 乾燥方式:送風乾燥
  • 寸法:幅420×奥行き435×高さ435mm

サンコー ラクア STTDWADW

庫内で上下2箇所のノズルから水を出すため、しっかり汚れが落ちます。乾燥時はヒーターでの温風乾燥と、電気代が気になる方はヒーターを使わず乾燥できる2つが選択できます。

サンコー 据え置き型食洗機STTDWADW

サンコー 据え置き型食洗機

STTDWADW

参考価格 42,300円~(2023/05/31時点)

STTDWADWのスペック

  • 給水方式:タンク式・分岐水栓(どちらでも使用可能)
  • 食器点数:16点(3人分)
  • ドア開き:前開き
  • 使用水量:5L(標準時)
  • 乾燥方式:温風乾燥
  • 寸法:幅410×奥行き410×高さ440mm

東芝 DWS-33A

東芝(TOSHIBA)
¥36,700 (2024/06/20 10:07:12時点 Amazon調べ-詳細)

上記「DWS-22A」の上位モデルといった位置付けのタンク式食洗機です。温風乾燥機能を搭載しているほか、タイマー機能や7つの運転モードが搭載されている点、一度により多くの食器を洗浄できる点などが違いです。3人家族分(18点)の食器が洗えます。

  • 給水方式:タンク式
  • 食器点数:18点(3人分)
  • ドア開き:前開き
  • 使用水量:約6L(標準時)
  • 乾燥方式:ヒーター式温風乾燥
  • 寸法:幅420×奥行き435×高さ465mm

据え置き型卓上食洗機の種類とメリット・デメリット

当サイトでは据え置き型卓上食洗機を

  • 分岐水栓につなぐ「卓上型食洗機」
  • 分岐水栓不要の「タンク式食洗機」

の2種類に分類しています。分岐水栓設置のDIYもしくは工事が必要な「卓上型食洗機」と、工事不要で使える「タンク式食洗機」に分けて解説します。

分岐水栓とは
卓上型食洗機は分岐水栓の設置が必要です。分岐水栓とはお使いのキッチンに設置されている水栓から水を分岐させる部品です。
キッチン水栓の水を枝分かれさせて、卓上食洗機に送ることができます。今お使いの水栓に分岐箇所がない、もしくは食洗機用の水栓がない場合は、分岐水栓を購入して設置する必要があります。
分岐水栓は、今お使いのキッチン水栓を分解して取付けます。水栓によって、適合する分岐水栓は異なりますので、水栓の品番などを調べてから、分岐水栓を購入しましょう。

卓上食洗機の取り付けについては、過去の記事で詳しく説明しています。

分岐水栓につないで自動給水「卓上型食洗機」

分岐水栓につないで自動給水できる

水栓の分解が少し手間ですが、自動給水できるメリットは、毎日使うこともあり非常に便利です。また自動給水することにより、洗浄に必要な水を、多く確保できます。

少人数向けからファミリー向けの大容量まで選べる

「卓上型食洗機」は、少人数向けのコンパクトタイプから、ファミリー向けの大容量の機器まで幅広くラインナップがあり、色々な機種が選べます

分岐水栓不要で工事いらずの「タンク式食洗機」は、少人数向けのタイプまでしか商品がありません。理由は洗浄に必要な水を継ぎ足したり、10Lを超える水が必要になるため、タンクに水を貯めるのが大変になるためです。

分岐水栓の取り付けが必要

こちらは、「卓上型食洗機」のデメリットです。予め、分岐水栓がついていない場合は、既存のキッチン水栓を分解する必要があります。初めての方でも、取扱説明書を確認しながら1時間~長くても2時間もあればできると思います。

ただし、そういったDIYが苦手な方や工具を持っていない方は、食洗機の購入と同時に工事の申し込みもしましょう。

分岐水栓&工事不要の「タンク式食洗機」

分岐水栓の取り付け工事が不要

「卓上型食洗機」で紹介したデメリットを回避できるタイプが「タンク式食洗機」です。水栓を分解したり、給水ホースを設置したりすることは難しそう、と思われる方におすすめのタイプです。また、分岐水栓の費用や取付費用がない分、1万円~1.5万円ほど安く導入することができます。

タンクに手動で水を貯める必要がある

給水ホースを接続しなくても良い反面、食洗機本体のタンクに水を毎回注ぎ入れる必要があります

排水ホースはシンクに垂らしておく方が手間が省けますので、キッチンのシンク周りに設置することになります。水を持って移動するケースは少ないと思いますが、毎回水を汲んで食洗機に入れる作業はやはり面倒です。

解決策としては、たらい、バケツなどに水を張って、お風呂の残り湯ポンプなどを使ってタンクへ水を入れる、という技で手間を減らすこともできます。ポンプは市販でも、2,000円前後~で販売されています。

少人数向けのタイプしかない

4人~5人の食器を一度に洗える大容量タイプは「タンク式食洗機」ではありません。目安としては、3人までとなっている商品が多く、単身世帯や2人暮らしのご家庭に向いています

その他、食洗機のメリット・デメリットは以下の記事で紹介しています。

据え置き型卓上食洗機の人気&おすすめメーカー

パナソニック

分岐水栓式やタンク式といった据え置き型からビルトイン型まで、幅広い商品ラインアップで圧倒的なシェアを獲得しているのがパナソニックです。人数や設置場所などさまざまな条件に合う機種が見つかりやすいでしょう。「ナノイー」や「ストリーム除菌洗浄」など機能性にも優れた機種が多く、迷ったときにおすすめしたいメーカーのひとつです。

サンコー

後発メーカーですが、それゆえに競合他社との差別化を図りやすかったメーカーがサンコーです。主力は、工事不要で設置できるタンク式(据え置き型)で、一人暮らしの方にもおすすめの価格帯で販売されています。一般的にタンク式は洗浄力が低いとされていますが、コンパクトながら優れた洗浄力を持っている点も特徴です。

アイリスオーヤマ

アイリスオーヤマは、必要な機能のみを厳選して搭載することで、価格を抑えているメーカーです。現在は、タンク式(据え置き型)の食洗機を手掛けています。多機能性という点ではパナソニックなどに劣るかもしれませんが、それでも再結露やニオイのこもりを緩和するドライキープ機能など、基本的な機能はしっかり搭載されています。

食洗機の選び方

一度に洗える量・家族の人数

食洗機の容量は、一度に洗える食器類の量に関わってきます。目安としては、食洗機購入に際に、目安の家族の人数や収納できる食器点数が記載してあります。

4~5人家族向け・卓上型食洗機(例:パナソニック・NP-TZ300)
食器点数:40点(庫内容量50L)

~3人家族向け・卓上型食洗機(例:パナソニック・NP-TCR4)
食器点数:18点(庫内容量24L)

~3人家族向け・タンク式食洗機(例:東芝・DWS-22A)
食器点数:15点(庫内容量 不明)

洗浄力

せっかく食洗機を導入しても、思ったほど汚れが落ちなかったとなれば、結局自分で洗い直さなければなりません。食洗機を選ぶ際は、洗浄力のチェックも不可欠です。一般的に、据え置き型ではタンク式よりも分岐水栓のほうが、洗浄力が高いといわれています。

また「80℃すすぎ高温除菌(パナソニック)」など、汚れを落ちやすくする洗浄機能が搭載されているかどうかも、チェックしておくことをおすすめします。

乾燥方式

食器を乾燥させる方式は2つのタイプがあります。温風乾燥と送風乾燥です。

温風乾燥の特徴

水滴が残りにくい
温風で乾燥させるため、水滴は送風乾燥に比べて水滴は残りにくくなります。ただし、コップの下側のくぼみのところなど、水がどうしても残る場合があります。食器を少し傾て入れる、乾燥延長をするといったコツがあります。

すぐ食器棚に戻せる
食器を乾燥後、食器棚に毎回戻す方は温風乾燥がおすすめです。また、一度に食洗機に入りきらなかった残りの食器を、すぐに洗いたい場合なども活躍します。

清潔
毎回洗濯したフキンで拭けるのであれば良いですが、何度か使っているフキンは雑菌が繁殖している恐れもあります。そういった使い方と比較すれば清潔と言えるでしょう。

電気代がかかる
温風乾燥は、ヒーターを使用しているため、機種やメーカーにより約700~1000W前後の電力を消費します。1時間で約30円前後の電気代になります。

送風乾燥の特徴

電気代を節約できる
温風乾燥との大きな違いで、メリットとなる点は、ヒーターを使わない分の電気代が安い点です。1時間あたり約30円前後の電気代を節約できます。

水滴が残りやすい
温風でない分、水滴は温風乾燥に比べて水滴が残りやすいです。
ただ、機種によっては乾燥機能を使わずに、扉を開けて自然乾燥させる人も多いです。

静音性

洗浄と乾燥の工程で、どうしても運転音がします。特に本洗浄の際は、勢いよく水(温水)を噴射することから運転音が大きくなりがちです。夜遅くに使用することが想定される場合は、静音性についても確認しておくと安心でしょう。

一般的に、40dB(静かな昼間の住宅地や図書館レベルの音量)以下であれば「静か」とされていますので、このあたりを基準にしてはいかがでしょうか?たとえばパナソニックの分岐水栓タイプ(据え置き型)には、35dBと静音性に優れている機種があります。

メンテナンスのしやすさ

噴射中に庫内も同時に洗浄するとはいえ、どうしても水滴や排水しきれなかった汚れが残ったり、食べ残しが付着したりなど、食洗機の庫内は汚れが溜まりやすく雑菌も繁殖しやすい環境です。そのままにするとニオイがこもる、カビが生えるなど不衛生になってしまうため、お手入れは必要です。

ただ毎回のように分解するなどして掃除するのは大変です。食洗機庫内のお手入れが楽になる機能、たとえば庫内洗浄といった機能を搭載している機種を選ぶのもおすすめです。

奥行き

食洗機のサイズを選ぶ際は「奥行き」をチェックしておきましょう。奥行きが浅いと庫内で食器同士が重なってしまうなどし、その部分の汚れが落ちにくくなってしまいます。奥行きがあると奥までしっかり食器を入れられるため、洗浄水も行き渡りやすく、汚れも落ちやすくなります。

分岐水栓を設置できるか

ほとんどの水栓で、分岐水栓は設置可能です。選び方や詳しい設置方法は以下の記事で紹介していますので、参考にしてください。

設置スペースは十分か

食洗機のタイプによって、必要なスペースが異なってきます。まずは、ご家族の人数や分岐水栓を設置するか否か、などで目星が決まりましたら、こちらを参考に確認してください。

4~5人家族向け・卓上型食洗機(例:パナソニック・NP-TZ300)
幅550×奥行き344(ドア開放時579)×高さ598mm
※食洗機の脚としては、幅467×奥行き268mm以上あればOKです

~3人家族向け・卓上型食洗機(例:パナソニック・NP-TCR4)
幅470×奥行き300(ドア開放時598)×高さ460mm(ドア開放時467mm)
※食洗機の脚としては、幅450×奥行き259mm以上あればOKです

~3人家族向け・タンク式食洗機(例:東芝・DWS-22A)
幅420×奥行き43.5×高さ435mm

食洗機設置の前提条件

  • 本体を置くことができるスペースがあるか(安定して水平な場所)
  • 左右後方ともに0.5cm以上は壁から離すことができるか
  • ドアを空けたときに、水栓などに当たらないか
  • 卓上型の場合は給水ホース(1m)、排水ホース(1m)が届く範囲。延長が必要な場合は別売品もメーカーのよってはあります。
  • タンク式食洗機は、排水ホースが届く範囲

乾燥機能を使用するか

据え置き型の食洗機には、洗浄機能のみのものと、乾燥機能が付いているものがあります。乾燥機能付きのほうが多いのですが、たとえば乾燥機能を使用した場合でも、湿気などにより多少の水気があるため、食器棚に収納する前には乾拭きする必要があります。

この乾拭きそのものが苦でないという方は、乾燥機能なしの食洗機を選ぶ手もありますので、覚えておきましょう。乾燥時間を待つ必要がなくなるほか、長期的に見れば電気代の節約にもつながります。

扉が開く向きはどうか

キッチンの限られたスペースに食洗機を設置する場合は特に、扉がどのように開くかもポイントです。

前開き

手前に開くタイプの食洗機です。手前のスペースはある程度必要ですが、食洗機の高さ以上には上に開きませんので、高さに限りがあるスペースに設置したいときは前開きがおすすめです。

引き出し

主にシンク下やキャビネットなどに収納できる、ビルトイン型に多く採用されているのが引き出しタイプです。手前にスライドさせることから、スライドオープンとも呼ばれています。カトラリーなどを収納する引き出しとの統一感があり、オシャレな印象を与えてくれます。

上下開き

主に据え置き型で採用されている、扉が上下に開くタイプです。庫内が広く見渡せるほか、フライパンなど大きめの調理器具を出し入れしやすいといった利点があります。前開き同様に、手前にある程度のスペースが必要になります。

その他の機能もチェック

パナソニックのナノイーX(卓上型食洗機)

搭載機種:NP-TZ300(パナソニック)
ナノイーXとは、パナソニックが開発した除菌機能です。空気中の水分を電気分解して、除菌効果のある物質を作り出します。このナノイーを活用してできた機能は2つで、「洗浄前後の庫内のニオイ抑制」「洗った後の除菌」です。

食洗機をすぐに運転しない場合、庫内にニオイが充満し、カビなどの原因になったりします。このニオイや雑菌の繁殖をナノイーで抑制することができます。ナノイーXを作動させる前後では、ニオイは約半分に軽減することができます。

そして食器を洗った後に、すぐに食器を取り出さない場合、こもった庫内をナノイーXを含んだ送風機能で、除菌することができます。電気代は12時間で約1円となっており、省エネながらも大きな効果を実現しています。

パナソニックの80℃すすぎ高温除菌(卓上型食洗機)

搭載機種:NP-TZ300・NP-TH4
高温(80℃)ですすぎを行います。洗い上がりで水滴を残したくない場合や、乾燥効果を高めるための機能です。食洗機では、食器が重なっている部分や、奥までなかなか乾燥しきらないということもありますが、この機能でその懸念を軽減します。

パナソニックのエコナビ(卓上型食洗機)

搭載機種:NP-TZ300・NP-TH4
室温や水温を検知して、温度に合わせて運転します。内蔵センサーがで水温や室温が高いと、検知すると洗浄温度や乾燥時間を抑えて運転します。
具体的には、洗浄時は水温が13℃以上の時、乾燥時は室温が24℃以上の時にエコナビ運転します。

360度放射洗浄(タンク式食洗機)

搭載機種:ISHT-5000-W(アイリスオーヤマ)・SS-M151(シロカ)など
上下から洗浄のお湯を噴射して、汚れを上下から落とします。下からのみの噴射に比べて幅広い角度からの洗浄が可能になります。タンク式食洗機の機種の中で、搭載されている機種があります。