2018年最新比較!おすすめ卓上IHクッキングヒーター

パナソニック、アイリスオーヤマ、ティファール、コイズミを中心に、人気、代表機能、最大火力、使いやすさ、省スペース性、調理メニュー、静音性、掃除・お手入れ、本体重量など様々な視点から卓上IHクッキングヒーターを徹底比較してオススメを紹介。

1,369view

最終更新:

2018年最新比較!おすすめ卓上IHクッキングヒーター

目次

卓上IHクッキングヒーターは、手軽で使いやすいため、単身世帯を中心に利用されています。ここでは、卓上IHクッキングヒーターのなかでも特に人気の高い機種を、メーカー関係なく3機種ご紹介します。※2018年1月現在の情報です。

パナソニック卓上IHクッキングヒーター「KZ-PH33」の特徴

パナソニックの卓上IHクッキングヒーター「KZ-PH33」の特徴についてご紹介していきます。

吹こぼれを防ぐ「鍋だし作りコース」

パナソニックの卓上IHクッキングヒーター「KZ-PH33」には、料理の幅を広げる調理メニューが多数搭載されています。そのなかの1つである「鍋だし作りコース」は、鍋が煮立つと自動で火力を抑え、吹こぼれを防止してくれるので、ダシが取りやすくなり鍋料理に最適。ずっと鍋のお世話をしている必要がないので、鍋のダシを取っているあいだに他の料理の準備をすることができます。

食事中でもうるさくない優れた静音性

パナソニックの卓上IHクッキングヒーター「KZ-PH33」は、静音設計なのも特徴の1つ。

騒音(運転音)は、卓上IHクッキングヒーターには関係がないと思われがちですが、そんなことはありません。中には運転音がうるさく、食事中の家族との会話が聞き取りづらかったり、食事に集中できないことも。

パナソニックの卓上IHクッキングヒーター「KZ-PH33」は、火加減「弱」で約25dBと静音設計のため、食事中でも運転音が気になることはありません。

dB(デシベル)とは?

dB(デシベル)とは音の大きさを表す単位のことです。一般的に、50dBは「人間の小さな声」、「静かなオフィス」、「静かな公園」などが当てはまります。

パナソニックの卓上IHクッキングヒーター「KZ-PH33」の運転音は約25dBですので、かなり小さな音ということがわかります。

パナソニック卓上IHクッキングヒーターKZ-PH33

パナソニック卓上IHクッキングヒーター

KZ-PH33

幅30.4cm×奥行34.5cm×高さ5.4cm / 約2.5kg / ワンタッチ火力操作 / 鍋だし作りコース / 静音設計

アイリスオーヤマ卓上IHクッキングヒーター「IHK-T34-B」の特徴

アイリスオーヤマの卓上IHクッキングヒーター「IHK-T34-B」の特徴についてご紹介していきます。

使える鍋が簡単にわかる「鍋探知機能」

アイリスオーヤマの卓上IHクッキングヒーター「IHK-T34-B」に搭載されている「鍋探知機能」は、卓上IHクッキングヒーターで使える鍋と使えない鍋を自動で判別してくれます。そのため、手持ちの鍋がIH対応かどうかわからないときなど、使えるかどうか調べるときにも役立ちます。

2口や3口の卓上IHクッキングヒーターはアイリスオーヤマだけ

卓上IHクッキングヒーターは1口(IHヒーターが1つ)のものが主流です。1口卓上IHは、コンパクトなため単身者の方にも使い勝手がよく、最も需要があるからだと考えられます。

そんな中、アイリスオーヤマでは2口や3口の卓上IHクッキングヒーターを販売しています。卓上IHクッキングヒーターは、据置IHクッキングヒーターのような電気工事が必要ないため、手軽に設置できるメリットがあります。

アイリスオーヤマ卓上IHクッキングヒーターIHK-T34-B

アイリスオーヤマ卓上IHクッキングヒーター

IHK-T34-B

幅約24×奥行約28.5×高さ約6.5 / 5段階加熱調理モード / 5段階揚げ物調理モード

ティファール卓上IHクッキングヒーター「T-fal デイリーIH IH2028JP」の特徴

ティファールの卓上IHクッキングヒーター「T-fal デイリーIH IH2028JP」の特徴についてご紹介していきます。

最適火力がプログラムされた「4つの調理コース」

ティファールの卓上IHクッキングヒーター「T-fal デイリーIH IH2028JP」の調理コースには、「加熱調理」、「煮る」、「揚げる」、「湯わかし」の4つが搭載されています。

4つの調理コースには、あらかじめ最適な調理温度がプログラムされていますので、各コース様々な料理を簡単に作ることができます。

ティファールのIH対応調理器具と連携!

調理器具メーカーとしても有名なティファールからは、豊富なIH対応調理器具が発売されています。やっぱりティファールの卓上IHクッキングヒーターには、ティファールのIH対応調理器具が相性バッチリ。はじめて卓上IHクッキングヒーターを購入した人には、お得なIH対応セットがオススメです。

ティファール卓上IHクッキングヒーターIH2028JP

ティファール卓上IHクッキングヒーター

IH2028JP

50×300×342mm / 2.2kg / 4つの調理コース / タイマー設定

コイズミ卓上IHクッキングヒーター「KIH-1402/R」の特徴

コイズミの卓上IHクッキングヒーター「KIH-1402/R」の特徴についてご紹介していきます。

1,400Wの高火力IHヒーター

コイズミの卓上IHクッキングヒーター「KIH-1402/R」は、1400Wの高火力が特徴です。火力の低い卓上IHの場合ですと、作れる料理の種類が限られてしまったり、調理に時間がかかるなどのデメリットが多いのですが、1400Wのコイズミ卓上IHクッキングヒーターなら、炒め物などの料理も効率的に作ることができます。

お手入れが簡単なガラストップ

コイズミの卓上IHクッキングヒーター「KIH-1402/R」は、表面がガラストップのため、お手入れが簡単です。ガラストップとは、IHヒーターの表面がガラス素材で加工されているものを指し、汚れがこびりつきにくく、汚れても布巾でサッと拭くだけで汚れを落とすことができます。

ただし、ガラスのため衝撃に弱く、上から重い物を落としたりすると割れてしまう危険があるため、取扱いには注意が必要です。

コイズミ卓上IHクッキングヒーターKIH-1402/R

コイズミ卓上IHクッキングヒーター

KIH-1402/R

50×280×360mm / 約2.2kg / 6段階加熱モード / 7段階揚げ物調節

日立の卓上IHクッキングヒーター「HIT-S55」の特徴

日立の卓上IHクッキングヒーター「HIT-S55」の特徴についてご紹介していきます。

8段階の火力調節が可能

日立の卓上IHクッキングヒーター「HIT-S55」は、「とろ火」から「強火」まで、8段階の火力調節を細かく行うことができます。そのため、料理にあわせて細かく火力を調節できるので、より美味しく仕上げることができます。

また、保温機能も「約60度」「約70度」「約80度」から選ぶことができるので、チーズフォンデュなら「約60度」、カレーなら「約70度」、おでんなら「約80度」といった具合に、料理にあわせて最適な保温温度に設定することができます。

日立の卓上IHクッキングヒーターHIT-S55

日立の卓上IHクッキングヒーター

HIT-S55

幅30.0×奥行36.6×高さ5.5cm / 2.7㎏ / 8段階火力調整 / 3段階保温機能

最大火力で卓上IHクッキングヒーターを比較

卓上IHクッキングヒーターの最大火力は全メーカー1400W

卓上IHクッキングヒーターの最大火力は1400Wで、機種で言うと現在はパナソニック「KZ-PH33」、アイリスオーヤマ「IHC-TM141」、ティファール「T-fal デイリーIH IH2028JP」、コイズミ「KIH-1402/R」、日立「HIT-S55」が該当します。そのため、最大火力で選ぶのであれば、どのメーカーも違いはありません。

なお、アイリスオーヤマは最大火力が1000Wの卓上IH「IHK-T34-B」も発売しています。

家庭用コンセントの上限は1500W

家庭用コンセントは、1つのコンセントで使用できる電力の上限が1500Wまでに決まっています。そのため、1400Wの卓上IHクッキングヒーターは、家庭用コンセントで動かせるギリギリのワット数ということになります。

また、1400Wで使用するとブレーカーが落ちてしまうような場合は、火力を少し下げて使用したり、1000Wセーブモードを活用したり、1000Wの卓上IHへの変更を検討するのが良いでしょう。なお、1000Wセーブモードは、パナソニック「KZ-PH33」をはじめとした一部の機種に搭載されています。

最大火力=消費電力(電気代)

省エネ性能が高い卓上IHクッキングヒーターをお探しの場合、最大火力と消費電力(電気代)はイコールの関係になりますので、卓上IHの省エネ性能もメーカー毎の差はないことになります。ただし、アイリスオーヤマの消費電力1000W機種である「IHK-T34-B」ならば、1400W機種に比べて消費電力を抑えることが可能です。

また、消費電力が1400Wの機種であっても、切り忘れ自動OFF機能がついた卓上IHクッキングヒーター(パナソニック「KZ-PH33」など)ならば、切り忘れによる無駄な電気代も発生する心配がありませんので、検討してみてはいかがでしょうか。

パナソニック卓上IHクッキングヒーターKZ-PH33

パナソニック卓上IHクッキングヒーター

KZ-PH33

幅30.4cm×奥行34.5cm×高さ5.4cm / 約2.5kg / ワンタッチ火力操作 / 鍋だし作りコース / 静音設計

本体サイズ(省スペース性)で卓上IHクッキングヒーターを比較

一番コンパクトなのはアイリスオーヤマ「IHK-T34-B(1000W)」

卓上IHクッキングヒーターの中で最もコンパクトなのが、アイリスオーヤマの「IHK-T34-B」です。そのサイズは「幅240mm×奥行285mm×高さ65mm」で、縦と横が30cm以内に収まっています。コンパクトな卓上IHクッキングヒーターをお探しの場合は、アイリスオーヤマの「IHK-T34-B」が最適でしょう。

ただし、火力は1000Wになりますので、高火力1400Wを求めている方は注意してください。

最大火力1400W中で最も幅が狭いのがコイズミ「KIH-1402/R」

最大火力1400Wの卓上IHクッキングヒーターの中で、最も幅が狭いのがコイズミの「KIH-1402/R」になります。その幅サイズは30cm以内に収まる「280mm」です。横幅がコンパクトで、なおかつ最大火力1400Wの卓上IHクッキングヒーターをお探しの方は、コイズミの「KIH-1402/R」がオススメです。

コイズミ卓上IHクッキングヒーターKIH-1402/R

コイズミ卓上IHクッキングヒーター

KIH-1402/R

50×280×360mm / 約2.2kg / 6段階加熱モード / 7段階揚げ物調節

最大火力1400W中で最も奥行が短いのがティファール

最大火力1400Wの卓上IHクッキングヒーターの中で、最も奥行が短いが、「奥行342mm」のティファールの「T-fal デイリーIH IH2028JP」です。ただし、他メーカーも345mmや360mm程度と、そこまで大きな差はありませんので、奥行に関してはあまり気にする必要はないかもしれません。

ティファール卓上IHクッキングヒーターIH2028JP

ティファール卓上IHクッキングヒーター

IH2028JP

50×300×342mm / 2.2kg / 4つの調理コース / タイマー設定

調理メニューの豊富さで卓上IHクッキングヒーターを比較

豊富な調理メニューならパナソニックがオススメ

卓上IHクッキングヒーターを調理メニューの豊富さで選ぶなら、パナソニックの「KZ-PH33」がオススメです。たとえば、吹こぼれを防止して鍋のダシを簡単にとることができる「鍋だし作りコース」や、煮崩れを防いで味がよくしみこんだ煮物を作れる「味しみこみコース」、油の温度を一定に保つことで、揚げ物をカラッと仕上げることができる「揚げ物温度自動コントロール」など。「とろ火」と「強火」もワンタッチで切替ができるので、料理もはかどります。

パナソニック卓上IHクッキングヒーターKZ-PH33

パナソニック卓上IHクッキングヒーター

KZ-PH33

幅30.4cm×奥行34.5cm×高さ5.4cm / 約2.5kg / ワンタッチ火力操作 / 鍋だし作りコース / 静音設計

細かい火力調節なら日立「HIT-S55」がオススメ

より細かい火力調節をしたいのなら、日立の卓上IHクッキングヒーター「HIT-S55」がオススメです。日立の「HIT-S55」は、「とろ火」から「強火」まで8段階の細かい火力調節が可能なので、料理に応じて最適な火力に調節することができます。

また、保温機能も「約60度」「約70度」「約80度」から選ぶことができるので、チーズフォンデュなら「約60度」、カレーなら「約70度」、おでんなら「約80度」といった具合に、料理にあわせて最適な保温温度に設定することができます。

日立の卓上IHクッキングヒーターHIT-S55

日立の卓上IHクッキングヒーター

HIT-S55

幅30.0×奥行36.6×高さ5.5cm / 2.7㎏ / 8段階火力調整 / 3段階保温機能

使いやすさで卓上IHクッキングヒーターを比較

様々な便利機能を備えたパナソニックがオススメ

使いやすさで卓上IHクッキングヒーターを選ぶのなら、様々な便利機能を搭載したパナソニックの「KZ-PH33」がオススメです。中でも、特に便利な機能を以下でご紹介します。

1000Wセーブモード

パナソニックの卓上IHクッキングヒーター「KZ-PH33」は、最大火力が1400Wです。環境によっては、1400Wで使用するとブレーカーが落ちる場合があります。「1000Wセーブモード」を使用すれば、1000W以下に自動でパワーを抑えてくれるので、食事中でもブレーカーが落ちる心配が少なくなります。

吹こぼれ防止機能(鍋だし作りコース)

パナソニックの卓上IHクッキングヒーター「KZ-PH33」に搭載れている「吹こぼれ防止機能(鍋だし作りコース)」は、鍋が煮立つと自動で火力を抑え、吹こぼれを防止してくれる便利機能です。鍋料理中に吹きこぼれる心配がないので、鍋のダシを取っているあいだに他の料理の準備をすることもできます。

パナソニック卓上IHクッキングヒーターKZ-PH33

パナソニック卓上IHクッキングヒーター

KZ-PH33

幅30.4cm×奥行34.5cm×高さ5.4cm / 約2.5kg / ワンタッチ火力操作 / 鍋だし作りコース / 静音設計

はじめてのIHなら鍋探知機能を備えたアイリスオーヤマ

はじめて卓上IHクッキングヒーターを使用される場合は、IHで対応可能かどうかを自動で判定してくれる「鍋探知機能」を搭載したアイリスオーヤマの「IHK-T34-B」がオススメです。使えるかどうかわからない鍋でも、実際にIHヒーターに乗せてみることで、自動で判別を行ってくれます。

また、アイリスオーヤマの「IHC-TM141」なら、切タイマーも9時間59分まで設定が可能です。このタイマー設定時間の長さは他のメーカーと比べても一番で、料理の幅を広げたり、色々と便利な使い方ができそうです。

アイリスオーヤマ卓上IHクッキングヒーターIHK-T34-B

アイリスオーヤマ卓上IHクッキングヒーター

IHK-T34-B

幅約24×奥行約28.5×高さ約6.5 / 5段階加熱調理モード / 5段階揚げ物調理モード

見た目(デザイン)で卓上IHクッキングヒーターを比較

オシャレな見た目ならコイズミ「KIH-1402/R」

見た目がオシャレな卓上IHクッキングヒーターをお探しなら、コイズミの「KIH-1402/R」はいかがでしょうか。IHヒーターはブラック、操作部はレッドに配色コイズミの「KIH-1402/R」のデザインは、口コミでも評判です。

コイズミ卓上IHクッキングヒーターKIH-1402/R

コイズミ卓上IHクッキングヒーター

KIH-1402/R

50×280×360mm / 約2.2kg / 6段階加熱モード / 7段階揚げ物調節

シンプルなブラックならティファール「T-fal デイリーIH IH2028JP」

ブラック一色に統一されたシンプルなデザインがお好みであれば、ティファールの「T-fal デイリーIH IH2028JP」がオススメです。操作部が黒以外が多い卓上IHのなかで、ティファールの「T-fal デイリーIH IH2028JP」は操作部まで黒に統一されているため、スタイリッシュな印象をあたえてくれます。

ティファール卓上IHクッキングヒーターIH2028JP

ティファール卓上IHクッキングヒーター

IH2028JP

50×300×342mm / 2.2kg / 4つの調理コース / タイマー設定

安全機能で卓上IHクッキングヒーターを比較

「マグネット式プラグ」ならパナソニック、アイリスオーヤマ

卓上IHクッキングヒーターは、主にテーブルの上で使用することが多いと思いますが、電源は近くのコンセントに差すことになるため、電源コードに足をひっかけてしまう危険があります。特にお子様がいるご家庭などでは、お鍋中にコードに足をひっかけてしまうと、料理がダメになるだけではなく煮汁が身体にかかるなどの危険も伴います。

「マグネット式プラグ」は、そんな卓上IHクッキングヒーターの危険を解消する工夫で、卓上IHの電源プラグがマグネット式になっているため、足をひっかけてもすぐに電源プラグが外れる仕組みになっています。これなら、お子様が足をひっかえてケガをする心配を減るのではないでしょうか。

「マグネット式プラグ」を採用した卓上IHクッキングヒーターには、パナソニックの「KZ-PH33」や、アイリスオーヤマの「IHC-TM141」「IHK-T34-B」などがあります。

パナソニック卓上IHクッキングヒーターKZ-PH33

パナソニック卓上IHクッキングヒーター

KZ-PH33

幅30.4cm×奥行34.5cm×高さ5.4cm / 約2.5kg / ワンタッチ火力操作 / 鍋だし作りコース / 静音設計

アイリスオーヤマ卓上IHクッキングヒーターIHK-T34-B

アイリスオーヤマ卓上IHクッキングヒーター

IHK-T34-B

幅約24×奥行約28.5×高さ約6.5 / 5段階加熱調理モード / 5段階揚げ物調理モード

掃除・お手入れのしやすさで卓上IHクッキングヒーターを比較

セラミックガラスを採用したティファール卓上IHがオススメ

卓上IHクッキングヒーターは、ほとんどのメーカーでお手入れがしやすいガラストップを採用しているため、あまり差はありません。その中でも特にオススメしたいのが、「セラミックガラス」を採用しているティファールの卓上IH「T-fal デイリーIH IH2028JP」です。

セラミックガラスは、特殊な処理によって結晶化させたガラスのことで、通常のガラスに比べて強度と耐熱性にすぐれていることが特徴です。そのため、トッププレート(卓上IHの上面部分)が吹こぼれなどで汚れても、サッと拭くだけでキレイにすることができるガラストップの特性に加えて、強度や耐熱性も向上していることになります。

ティファール卓上IHクッキングヒーターIH2028JP

ティファール卓上IHクッキングヒーター

IH2028JP

50×300×342mm / 2.2kg / 4つの調理コース / タイマー設定

静音性(モーター音)で卓上IHクッキングヒーターを比較

静音設計のパナソニックがオススメ

騒音(運転音)は、卓上IHクッキングヒーターには関係がないと思われがちですが、そんなことはありません。場合によっては、運転音がうるさく、食事中の家族との会話が聞き取りづらかったり、食事に集中できないこともあります。

パナソニックの卓上IHクッキングヒーター「KZ-PH33」は、運転音に配慮した静音設計。火加減「弱」で約25dBなので、食事中でも運転音が気になることはありません。卓上IHクッキングヒーターの運転音にわずらわされたくない人は、パナソニックの「KZ-PH33」がオススメです。

パナソニック卓上IHクッキングヒーターKZ-PH33

パナソニック卓上IHクッキングヒーター

KZ-PH33

幅30.4cm×奥行34.5cm×高さ5.4cm / 約2.5kg / ワンタッチ火力操作 / 鍋だし作りコース / 静音設計

本体重量で卓上IHクッキングヒーターを比較

最も軽いのはアイリスオーヤマ「IHK-T34-B(1000W)」で1.8kg

卓上IHクッキングヒーターの中で最も軽く、持ち運びしやすいのは、アイリスオーヤマの「IHK-T34-B」で1.8kgです。ただし、卓上IHクッキングヒーターの重量は平均的に2kg台と軽い機種が多いので、最軽量機種を選ぶメリットはあまり無いかもしれません。火力が強い1400Wの卓上IHクッキングヒーターを選んだほうが、何かと使い勝手が良い場合もあるでしょう。

アイリスオーヤマ卓上IHクッキングヒーターIHK-T34-B

アイリスオーヤマ卓上IHクッキングヒーター

IHK-T34-B

幅約24×奥行約28.5×高さ約6.5 / 5段階加熱調理モード / 5段階揚げ物調理モード

1400Wの中で最も軽いのはティファールとコイズミで2.2kg

1400Wの卓上IHクッキングヒーターの中で最も軽く、持ち運びしやすいのが、コイズミ「KIH-1402/R」とティファール「T-fal デイリーIH IH2028JP」で2.2kgになります。なお、最も重い日立の卓上IHと比べても0.5kgしか変わりませんので、1400Wの卓上1口IHクッキングヒーターであれば、そこまで重量を気にする必要はないかもしれません。

ティファール卓上IHクッキングヒーターIH2028JP

ティファール卓上IHクッキングヒーター

IH2028JP

50×300×342mm / 2.2kg / 4つの調理コース / タイマー設定

コイズミ卓上IHクッキングヒーターKIH-1402/R

コイズミ卓上IHクッキングヒーター

KIH-1402/R

50×280×360mm / 約2.2kg / 6段階加熱モード / 7段階揚げ物調節

魚焼きグリルも使用したい場合は、据置IHを検討

これまで紹介してきたように、卓上IHクッキングヒーターには魚焼きグリルが搭載されておりません。もし、ガスコンロの代わりにIHクッキングヒーターの導入を考えていて、魚焼きグリルも使いたいような場合は、据置IHクッキングヒーターがオススメです。

据置IHクッキングヒーターも多数のメーカーから発売されておりますので、選び方のポイントや比較については、こちらの記事をご覧ください。

2018年最新比較!おすすめ卓上IHクッキングヒーター

目次