エコキュートが故障?!お湯が出ない時などの対応と修理

エコキュートが故障?!お湯が出ない等の対処法やエラーコード

エコキュートが故障して突然お湯が出なくなってしまった時の原因と対処方法や、お湯が貯まらない、お湯がぬるいなど、エコキュートのトラブルを徹底解説いたします。エコキュートが故障して、お風呂に入れない・シャワーが使えない方は必見の内容です。

159,597view

最終更新:

メーカーへ点検・修理を依頼

メーカーへ点検・修理を依頼する前に、以下の項目を確認しておきましょう。

ちょっと待って!修理で損しないための最終確認!

メーカーへ点検・修理を依頼をする場合は、事前に以下のような情報を揃えておくとスムーズです。

  • エコキュートの型番(エコキュート本体に貼られたラベルに記載)
  • エコキュートの購入時期
  • 保証の有無
  • 故障の症状

なお、保証の有無に関して、延長保証などに加入している場合は、加入時に渡された書類などを揃えておきましょう。

エコキュートを10年以上お使いではないですか?

故障してしまったエコキュートは修理依頼をするのが一番だと思いがちですが、10年以上使用したエコキュートは修理するよりも新しいエコキュートに買い換えてしまったほうがお得な場合があります。

保証期間が過ぎたエコキュートの修理費用は10万円を超える場合も

エコキュートの寿命は約10~15年と言われており、使用年数が寿命に近づくほど、故障が発生しやすくなります。エコキュートの延長保証に加入していたとしても、最長で保証期間は10年間です。

そのため、10年以上使用して保証期間が切れたエコキュートの修理費用は、すべて有料になってしまいます。修理料金は故障箇所や内容によって異なりますが、高いと10万円をこえてしまう場合もあります。

修理をしても2~3年ですぐに故障する場合も

また、使用年数が経過しているにつれて故障頻度も増えるため、「修理しても2~3年ですぐ故障」ということが繰り返し起こる可能性が高まります。

いつ壊れるかと不安になりながら古いエコキュートを使い続けるよりも、最新のエコキュートに買い換えてしまったほうが、結果的に見ると安くすむ場合もあります。

10年以上たったエコキュートは部品が無いので修理できない場合も

使用を始めてから10年以上が経過したエコキュートは、修理を行うときに交換する部品の在庫がメーカーに無く、修理を行えない可能性があります。このような場合は、新しいエコキュートに買い換えるしか方法がありません。

以上の理由から、10年以上使用したエコキュートは、修理よりも買い替えを検討することをオススメいたします。

エコキュートの買い替えに関するポイントや注意点など、詳しくは以下の記事をご覧ください。



買い替えにおすすめ!人気エコキュート

エコキュート主要メーカーの修理時連絡先

エコキュートの修理に関するお電話をおかけになるときは、おかけ間違いのないようにご注意ください。

メーカー 修理時連絡先
三菱電機 三菱電機修理受付センター
電話番号:0120-56-8634
受付時間:365日24時間
WEBサイト:http://www.melsc.co.jp/repair/

【携帯電話・PHS・IP電話の場合】
電話番号:06-6454-3901

パナソニック パナソニックエコソリューションズテクノサービス(株)
電話番号:0120-872-150
受付時間:9:00~19:00(月~土)
受付時間:9:00~18:00(日・祝・年末年始)
WEBサイト:http://panasonic.co.jp/es/pests/inquiry/index.html
日立 日立アプライアンス修理コールセンター
電話番号:0120-649-020
受付時間:365日24時間
WEBサイト:http://kadenfan.hitachi.co.jp/afterservice/toiawase.html
ダイキン ダイキンコンタクトセンター
電話番号:0120-88-1081
受付時間:365日24時間
WEBサイト:http://www.daikincc.com/contact_phone.html
東芝 東芝電気給湯機ご相談センター
電話番号:0120-1048-19
受付時間:365日24時間
WEBサイト:http://www.toshiba-carrier.co.jp/contact/index_j.htm

【携帯電話・PHSの場合】
電話番号:03-5365-7420

コロナ コロナ修理受付専用ダイヤル
電話番号:0120-919-302
受付時間:365日24時間受付
WEBサイト:https://www.corona.co.jp/support/service/

【携帯電話・PHSの場合】
電話番号:0570-550-992(有料)

TOTO 修理受付センター フリーダイヤル
電話番号:0120-1010-05
受付時間:365日(8:00~19:00)
WEBサイト:http://www.toto.co.jp/Showroom/tom/

【携帯電話の場合】
電話番号:0570-05-1010

長州産業 エネルギー機器本部
電話番号:0836-71-1033
受付時間:9:00~17:00(土・日、祝日及び年末年始、夏期休業、ゴールデンウィーク等弊社が指定する休日を除く)

保証期間を過ぎたエコキュートは買い替えないと損!

エコキュートが故障してしまったら、修理連絡を行うのも大切ですが、保証期間を過ぎてしまっている場合は修理費用が高額になる可能性があるため、新しいエコキュートに買い替えたほうがお得な場合があります。

エコキュート主要メーカーの保証年数と故障時対応の違い

エコキュートの保証は、メーカーごとによってさまざまな違いがあります。

メーカー 保証内容
三菱電機 本体:2年
ヒートポンプユニット冷媒系統:3年
貯湯タンク:5年
有料延長保証:有(8年間、5年間)
パナソニック 本体:1年
ヒートポンプユニット冷媒系統:3年
貯湯タンク:5年
有料延長保証:有(8年、5年)
地下水利用認定保証:3年 ※水質検査で地下水がご使用可能か検査が必要
日立 本体:1年
ヒートポンプユニット冷媒系統:3年
貯湯タンク:5年
有料延長保証:有(10年、7年)
ダイキン 本体:1年
ヒートポンプユニット冷媒系統:3年
貯湯タンク:5年
有料延長保証:有(10年、8年)
東芝 本体、ヒートポンプユニット、貯湯タンク:5年
コロナ 本体:2年
ヒートポンプユニット冷媒系統:3年
貯湯タンク:5年
有料延長保証:有(10年、8年、5年)
※お買い上げ日(メーカー保証開始日)から6ヶ月以内にお申込みが必要

保証期間を過ぎると買い替えが「お得」になる理由

故障してしまったエコキュートは、メーカー保証期間内や購入時の有料延長保証の期間内であれば無料で修理が行えますが、保証期間外の場合は有料修理となります。有料修理となった場合、修理料金は故障箇所や内容によって異なりますが、高いと10万円をこえてしまう場合もあります。

また使用年数が10年をこえているエコキュートの場合、部品の製造が終了している場合もあり、たとえ修理できる場合でもすぐまた別の箇所が壊れる可能性が高いため、メーカーサポートからも「新しいエコキュートへの買い換え」を勧められます。

古いエコキュートは2~3年おきに故障しやすい

古いエコキュートを使い続けていると、2~3年おきに故障してしまう場合が多く、故障のたびに修理費用が最低でも数万円は必要になってしまいます。いつ壊れるかと不安になりながら古いエコキュートを使い続けるよりも、最新のエコキュートに買い換えてしまったほうが、結果的に見ると安くすむ場合もあります。
長期間エコキュートを使用されている方で、不具合が増えてきている方は、買い替えを検討されるのがオススメです。

エコキュートの買い替え・交換を検討される場合は、こちらの記事もあわせてご覧いただくと参考になると思います。



買い替えにおすすめ!人気エコキュート

PR