2021年最新!ポータブル電源の選び方とオススメ16選

キャンプやアウトドア、災害時の備えとして今大注目のポータブル電源!でも選び方を間違えると役に立たなかったり電化製品が壊れてしまう可能性も!動かしたい機器から電池容量を選ぶ方法や、正弦波・短形波といったタイプの解説、おすすめの製品もご紹介。

9,068view

最終更新:

2021年最新!ポータブル電源の選び方とオススメ16選

目次

近年、台風や地震による停電災害が非常に増えつつあります。特に台風は昔に比べて勢力が非常に大きい印象で、ニュースなどでも大きく取り上げられるようになりました。

そこで非常用の発電機や、ポータブル電源をインターネットで検索する人も多いのではないでしょうか。

今回は非常用蓄電池として、またはキャンプ等のアウトドアで活躍するポータブル電源を、選び方のコツや、それぞれの商品内容をランキング形式でご紹介します。

ポータブル電源を選ぶポイント

災害用?キャンプ・レジャー?蓄電池の利用目的を確認!

ポータブル電源を購入検討する際の目的から、適切な商品を選択する必要がありますので、目的別に最低どれくらい必要か?を解説します。

停電を想定した災害時用は大容量「500Wh以上」がおすすめ

災害対策としてはポータブルとしては大容量と呼ばれる500Wh以上の購入をオススメします。

停電の心強い存在として、一家に一台として購入を検討されてる方も多いかと思います。
もちろん定置型蓄電池は、容量が4~5kWh以上のものが主流で非常に大容量のため、こちらの方が安心であるに変わりはありませんが、金額も高額です。
※ポータブル電源でのmAhの表記にすると、4000Wh(4,000,000mAh)

災害用としては、ポータブル電源として500Wh前後が主流商品として販売されております。
500Whあれば、下記のような家電製品が使うことができます。
※実際の使用感に近づけるため使用容量を500Whの7割と計算し、実質350Whとして計算します

扇風機30W、LED投光器50W、スマートフォン充電10Wの合計90Wが、約4時間連続で使用できます。

これはあくまで連続使用の計算のため、実際は断続的に使用していただく形であればさらに長時間の使用が可能です。

キャンプ等のアウトドア用は使いたい機器から検討

非常用以外では、アウトドア好きな方はキャンプ用品として購入される方もいらっしゃると思います。

キャンプでは、車から電気が取れたり、最近は電源があるキャンプ場も増えてきているようですので、そこまでの大容量タイプは要らないかと思いますが、スマートフォン充電や、小さめのライトの充電用であれば160~200Whの容量で十分です。

車中泊や、消費電力の大きい電気毛布やサーキュレーター、夜間に長時間照明を運転させたい場合は300Wh以上に容量をオススメします。

蓄電池容量の見方と必要容量の計算方法

ポータブル電源で肝心になってくるのが、やはり電池容量です。
ただ各サイトや広告では、mAh(ミリ・アンペア・アワー)や、Wh(ワット・アワー)等、普通の方には結構難解で統一された表記になっていないのが現実です。

ここで表記の見方と、使える時間の算出方法等を教えます。

電池の容量の計算方法

基本的にはWhで商品を検討するか、記載がない場合はWhに変換した方が、電池の容量としてはわかりやすいです。
mAhからWhへの変換方程式はこちらです。

mAh÷1000×放電電圧

放電電圧とは電池の種類に応じて異なってきます。
ここでは、主流となりつつあるリチウムイオン電池は3.7Vが主流ですが、各商品でoutput(出力)と記載の○○Vを確認してみましょう

※計算例
60000mAh÷1000×3.7=約222Wh

上記にようにmAhだけで、大容量の蓄電池?と勘違いしてはいけないので、まず容量を落ち着いてご確認ください。

※ミリは1/1000の単位のため、÷1000をします
※mAhは、単位のミリ×アンペア(電流)×アワー(hourの略で時間)
※Whは、ワット(電力)×アワー(hourの略で時間)

使える時間の計算方法

先程変換した例でご紹介をします。

222Whの蓄電池で、仮に5Wのスマートフォンの充電が何時間できるか?
222Wh÷5となりますので、約44時間充電可能となります。

ただし放電ロスや、電池自体のへたりもあるため、現実的に使える電気量としては7~8割程度とお考えください。

正弦波?短形波?「正弦波」の蓄電池は使える家電が多い

ポータブル電源には2種類の出力波形があります。
「正弦波(せいげんは)」と「短形波(くけいは)」の2種類がありますが、一般的な家電製品で使えるものが多いのが「正弦波」、安価で手軽なものが「短形波」です。

ここを間違えると使いたい家電製品が使えない、最悪の場合は家電製品側が壊れる可能性もあるため注意が必要です。

使用したい家電の販売元や、購入予定の蓄電池の販売元、アマゾン・楽天等の購入者のレビューなどを確認の上、購入されることをおすすめします。

使える電化製品が多い「正弦波」

正弦波とは、家庭の電力状況(AC)とほぼ同じ、電気の流れが安定しているため、照明やパソコンなどの機器を接続するのに向いております。

現在アマゾンなどで販売されているポータブル電源のほとんどは正弦波ではありますが、災害向けに購入される方は正弦波のポータブル電源をご購入いただくことをおすすめします。

正弦波で使える家電例

  • LED照明
  • パソコン
  • 扇風機
  • テレビ
  • 冷蔵庫(ミニ冷蔵庫想定)
  • 電気毛布

など一般的な家電製品です。

安価で簡易的な電池「短形波」

反対に短形波は、先ほどの正弦波と異なり電気の流れが滑らかではなく、精密な周波数を必要とする家電製品は使用できません。そのため、アウトドアなどでの簡易的な電池としての使い道に限られてきます。

短形波で使えると想定される家電例

  • LED照明(調光がないもの)
  • ラジオ等(ノイズが入る可能性がある)
  • ACアダプターを介したパソコン

などです。

短形波で使えない家電例

  • 冷蔵庫
  • 電子レンジ
  • 医療機器などの精密機器 ※正弦波でも不可

などです。

東日本・西日本で家電の「周波数」が違う

家電製品の中にはHz(ヘルツ)、すなわち周波数(プラスとマイナスに変化するサイクルの周期)の問題があります。
東日本は50Hz、西日本は60Hzとなっていますが、これは電気の周波数の違いで、使えない家電や電池の種類もあるため注意が必要です。

ポータブル電源によっては50Hz固定式、60Hz固定式、50Hz/60Hz切り替え式などがあります。
正しく使わないと、そもそも使えなかったり出力が落ちたりする可能性があります。

「定格出力」が大きいと使える家電が増える

ポータブル電源では、一度に電気を送り出せる量があります。
これを「定格出力」と言います。

この定格出力が低いと、

  • 家電の使用電力量が多いと動かせない
  • 一度に動かせる家電製品の数が限られる

といったことが起こり、思ったように家電が使えない場合があります。

そのため、ご自身がポータブル電源を使う時を想定して、定格出力も選ぶ基準で重要なポイントです。

例えば定格出力が300Wであれば、下記の家電機器を足し算して300Wまでであれば、同時に家電製品が使える、ということになります。

正弦波で使える家電例のおおよその消費電力

  • LED照明:コンセントに差して使う電気スタンド(6W~10W)
  • パソコン:デスクトップPC(150W~300W)・ノートPC(100W~150W)
  • 扇風機:50~60W
  • テレビ:液晶テレビ(100W~250W)
  • 冷蔵庫(ミニ冷蔵庫想定):50W~100W
  • 電気毛布:50~60W
  • 携帯電話充電:5W~10W(1台あたり)

※例:300Wの定格出力のポータブル電源

LED照明スタンド(10W)+ 液晶テレビ(150W)+ 電気毛布(50W)+ 携帯電話の充電3台(15W)=合計225Wで、300Wの定格出力で使える許容範囲内となります。

出力ポートの形状・種類・数量も確認!

これらのポータブル蓄電は、基本的には本体にそのままコンセントなどを差して使用するタイプがほとんどとなります。
そのため、出力(給電)の電源ポートがどういった種類のものが何個あるか?は購入前に要確認です。また災害時や、アウトドアの際に使うと思われる家電はどういったものがあるか?から必要個数を考えておきましょう。

USBポート

モバイル製品一式がこちらのポートで利用できます。やはり現代において充電する機器で、最重要なものの1つがスマートフォンの充電かと思いますが、このUSBポートがあれば非常に便利です。
最近では、USBで充電する手持ち扇風機や、非常用ライトなどもあるため重宝するポートになります。

AC電源ポート

いわゆる、家庭用の「コンセント」の差し口となります。
おそらく最も汎用性があり重宝する電源ポートになると思いますが、このAC電源ポートはできれば2つ以上あれば便利です。
災害時においても、扇風機を動かしながらラジオを聴いたり、と家電製品でよく使用すると想定されますので同時使用できる体制が不可欠ではないでしょうか。

DC電源ポート

これは車のシガーソケットと同じタイプか、ピンジャックのタイプに分かれます。
今持っている(これから買おうと思っている)家電製品によっては、どちらを使うか、は考えておかないと対応できないことになる可能性があります。

シガーソケットタイプ:元々キャンプ用品であったり、車載用の電化製品はこのソケットがあると便利です。

ピンジャックタイプ:LEDランプなど一部ピンジャックタイプのものがありますので、こちらも同様に確認が必要です。

メーカー保証や寿命は?品質の規格も確認!

メーカーや商品により異なりますが、概ね1年~2年の保証となっているものが多いです。
リチウムイオン電池の場合、その性質上、寿命について明記しているメーカーは調べた限りではありませんが、非常時やアウトドアの際に持っていく程度の、月に1度程度の頻度であれば、10年程度は電池自体の性能は若干劣化しつつも80%程度は維持できると考えられます。

そして品質についてはやはり最低限担保しておきたいところです。
リチウムイオン電池は最悪発火の可能性もあるため、PSE検査(電気用品安全法)の合格品を選ぶようにしましょう。

災害時に活躍!コンセント以外で充電可能な蓄電池も!

やはり停電時における心配な事項としては、電池を使い切ったらどうしよう、という不安です。
そんな不安を解消してくれるのが、太陽光パネルや車のシガーソケットをつないで充電することができるモデルであれば、停電の時でも充電することができます。

これらの商品は何日も続く停電の災害時も、コンセントから充電できなくても活躍することができるため、災害対策として購入を検討されている方は、簡易的な太陽光発電や、車のシガーソケットからの充電ができるかどうかもチェックした方が良いです。

使ってなくても電池残量が減る!?月に一度の充電をオススメ

リチウムイオン電池には「自然放電現象」というものが存在し、フル充電して全く使わなかったとしても徐々に電池残量が減っていきます。
どの商品でも「非常時用として1度充電したからOK」と思って放置しておくと自然放電により電気が減っていきます。
停電になった時には、自然放電で電気がほとんどなかった、ということがないように定期的に(1ヶ月~数か月に1度ぐらいがベスト)動作確認して、追加で充電しておくことをおすすめします。

ポータブル電源で使えない家電製品

一般的にですが、以下のような電化製品はポータブル電源なので使えない・動かさないほうがよいとされています。

  • 計測器や人命にかかわる恐れのある精密機器
  • モーターを使う家電製品(洗濯機など)
    ※動作するものが多いですが、異常を引き起こす可能性あり
  • マイコンが組み込まれている家電製品
    ※現在多くの家電製品で組み込まれていますが、動かない可能性があります(すべて動作しないわけではない)

上記のように、使えない家電製品がありますが、実際には個々の品番やシリーズによっても、仕様等が異なり実際接続してみないと分からないのが現実です。
接続して動作したとしても、異常な発熱や異音などがある際は使用をストップしましょう。

おすすめポータブル電源

災害時用、キャンプや屋外作業用としても容量やトータルの機能バランスが優れている3機種を紹介していきます。

Jackery ポータブル電源 「ポータブル電源 700」

Jackery ポータブル電源ポータブル電源 700

Jackery ポータブル電源

ポータブル電源 700

参考価格74,800円~(2021/03/08時点)

こちらの商品は700Whの大容量でなおかつ、価格とのバランスも良く、最低限の災害対策としては投資しやすいバランスが取れている商品になっています。
液晶ライト(5W)が約130時間、ノートパソコン(50W)が約12-15回、携帯電話(12W)が約56-60回、ミニ冷蔵庫(40W)が約16-18時間使用できるだけの十分な容量があります。

Jackery ポータブル電源 「ポータブル電源 700」のスペック

  • 容量:192000mAh / 700Wh
  • 出力:定格出力 500W / 瞬間最大出力 1000W
  • 重量:6.3kg
  • 外形寸法:幅299.7×奥行192.9×高さ191.5mm
  • ポート:ACポート×2(100V)、DCシガーソケット×1・DCピンジャック×2(12V/10A)、USBポート×3(5V/2.4A)
  • 充電方法:コンセント充電(約8.5時間)、シガ-ソケット(約12時間)、ジェネレーター(約8.5時間)、ソーラーパネル60W(約17時間)、ソーラーパネル100W(約13時間)
  • 波形:純正弦波
  • 機能:4WAY充電・4WAY出力・冷却ファン搭載
  • 保証:FCC、RoHS、PSE、UN38.3認証取得・2年保証

Jackery ポータブル電源 「ポータブル電源 700」の評判・口コミ

鉛バッテリーの感覚で持つと拍子抜けする位に軽いです。
冬季の車中泊の電気毛布に夏キャンプの車載冷蔵庫に、停電時のライフラインに使える逸品です。ガソリン発電機だとうるさかったり、故障したり手間がかかりましたがポータブルバッテリーだとそん事から解放されます。
もう少し安くなると◎です。

出典元:楽天市場

Jackery ポータブル電源 「ポータブル電源 240」

Jackery ポータブル電源ポータブル電源 240

Jackery ポータブル電源

ポータブル電源 240

参考価格19,800円~(2021/03/08時点)

こちらの商品は、上記で紹介したJackeryポータブル電源 700の約3分の1程度の容量である240Whで、コストを最重視しつつも最低限の災害対策はしたい、と思われる方に丁度いい商品になっています。
使用できる機器と時間の目安は、スマートフォンの充電が約24回分、ノートパソコンが約3回分、テレビが約3時間、5WのLED照明が21時間、となっています。

Jackery ポータブル電源 「ポータブル電源 240」のスペック

  • 容量:67200mAh / 240Wh
  • 出力:定格出力 200W / 瞬間最大出力 400W
  • 重量:3.2kg
  • 外形寸法:幅230×奥行133×高さ167mm
  • ポート:ACポート×1(100V)、DCシガーソケット×1、USBポート×2(5V/2.4A)
  • 充電方法:コンセント充電(約6.5時間)、シガ-ソケット(約6.5時間)、ソーラーパネル60W(約7時間)
  • 波形:純正弦波
  • 機能:3WAY充電・4WAY出力・冷却ファン搭載
  • 保証:FCC、RoHS、PSE、UN38.3認証取得・2年保証

Jackery ポータブル電源 「ポータブル電源 240」の評判・口コミ

主にアウトドア用に購入しました。キャンプでの電気毛布や冷蔵庫などで利用したいと思っています。購入した翌日には届き、梱包もしっかりしていると思います。
持った印象としてはすごくコンパクトで軽量なため車への持ち運びも問題ないと思いました。33%ほど充電されていてまたので試しにスマホの充電を試すことができました。災害時の予備電源としても利用できると思いますので、定期的に充電していざということきでも利用できるようしておこうと思います。

出典元:楽天市場

SmartTap ポータブル電源 「PowerArQ2」

SmartTap ポータブル電源PowerArQ2

SmartTap ポータブル電源

PowerArQ2

参考価格59,800円~(2021/03/08時点)

SmartTapの500Whの最新ポータブル電源です。
キャンプや普段使いでもデザイン性がよく、家電製品というよりもむしろアウトドア製品のような風貌です。カラーバリエーションも、ジェットブラック・オリーブドラフ(深緑)・コヨーテタン(クリーム色)・レッド・スノーホワイト・チャコール(藍色)の6色あります。
そして、性能面でも万能な1台です。
充電容量などの基本機能に加えて、パススルー(本体に充電しながら給電する)機能や、520ルーメンのLED照明内蔵、スマートフォンのワイヤレス充電に対応、製品保証も2年(公式ストア経由での購入・レビューで3年保証)などおすすめの1台です。

SmartTap ポータブル電源 「PowerArQ2」のスペック

  • 容量:45000mAh / 500Wh
  • 出力:定格出力 300W / 瞬間最大出力 450W
  • 重量:6.2kg
  • 外形寸法:幅260×奥行191×高さ195mm
  • ポート:ACポート×2(100V)、DCシガーソケット×1、DC5.5mm×2、USBポート×4(タイプA)、USBポート×1(タイプC)、ワイヤレスチャージ×1
  • 充電方法:コンセント充電(約6~7時間)・ソーラーパネル120W(約6~7時間)・シガーソケット
  • 波形:正弦波
  • 機能:2WAY充電・6WAY出力・冷却ファン内蔵
  • 保証:FCC、RoHS、PSE、UN38.3認証取得・2年保証(公式ストア購入・レビューで3年保証)

SmartTap ポータブル電源 「PowerArQ2」の評判・口コミ

キャンプ用にモバイルバッテリーを探していました。
電気毛布を2日間程度利用できる容量があり、AC電源二口の物を探していたので、ジャストでした!
しかも四角いので収納しやすくて、見た目がかわいい!
キャンプで使うのが楽しみです。

出典元:楽天市場

価格が安いポータブル電源

価格をそこまでかけれない方、または最低限の容量でコストメリットの高い機種を探している方におすすめの3機種です。

FlashFish ポータブル電源「小型発電機 40800mAh/151Wh」

FlashFish ポータブル電源小型発電機 40800mAh/151Wh

FlashFish ポータブル電源

小型発電機 40800mAh/151Wh

参考価格12,850円~(2021/03/08時点)

151Whでコンパクト容量で、価格がリーズナブルで購入しやすいポータブル電源です。
日常のアウトドアや、車中泊などで使いやすいのはもちろん、通常のコンセントからの充電以外にソーラー充電・車用シガーソケットで充電もできることから災害にも強い1台です。

FlashFish ポータブル電源「小型発電機 40800mAh/151Wh」のスペック

  • 容量:40800mAh / 151Wh
  • 出力:定格出力 200W / 瞬間最大出力 250W
  • 重量:1.85kg
  • 外形寸法:幅208×奥行110×高さ155mm
  • ポート:ACポート×2(110V)、DC5.5mm×2(12V/10A)、USB QC3.0ポート×2(5~12V/2.1A)、USB出力ポート×1(5V/2.4A)
  • 充電方法:コンセント充電(約5時間)、シガ-ソケット、ソーラーパネル
  • 波形:純正弦波
  • 機能:3WAY充電・3WAY出力・冷却ファン搭載
  • 保証:PSE、UN38.3、MSDS、1年保証

FlashFish ポータブル電源「小型発電機 40800mAh/151Wh」の評判・口コミ

ソーラーパネルとセットで購入し、一緒に箱に入って届いたのですが、あまりの軽さにびっくり!パネルもスリムで場所を取らず、女性でも持ち運びが楽で助かります。早速動作確認で、iPhone充電しました。バッテリー届いた時点でフル充電されてる状態でした。
iPhoneが充電完了になっても、バッテリーのメモリは減ってませんでした。続けて翌日ポータブルDVDを完全に充電がない状態でも、充電してみました!充電完了まで3時間位だったかと。バッテリーのメモリは半分くらいまで減っていました。休みの日にソーラーでの充電や、コンパクト扇風機も試してみたいと思います!非常時に備え、とても心強いです。

出典元:楽天市場

PAXCESS ポータブル電源「小型発電機 45000mAh / 167Wh」

PAXCESS ポータブル電源小型発電機 45000mAh / 167Wh

PAXCESS ポータブル電源

小型発電機 45000mAh / 167Wh

参考価格10,350円~(2021/03/08時点)

167Whでコンパクト容量で、価格がリーズナブルで購入しやすいポータブル電源です。
日常のアウトドアや、車中泊などで使いやすいのはもちろん、通常のコンセントからの充電以外にソーラー充電・車用シガーソケットで充電もできることから災害にも強い1台です。

PAXCESS ポータブル電源「小型発電機 45000mAh / 167Wh」のスペック

  • 容量:45000mAh / 167Wh
  • 出力:定格出力 150W
  • 重量:1.6kg
  • 外形寸法:幅196×奥行108×高さ126mm
  • ポート:ACポート×2(110V)、DC5.5mm×3(9~12.6V/10A)、USBポート×2(5V/3.1A)、
  • 充電方法:コンセント充電(約5時間)、シガ-ソケット(時間不明)、ソーラーパネル(時間不明)
  • 波形:修正正弦波
  • 機能:3WAY充電・3WAY出力・冷却ファン搭載
  • 保証:1年保証(レビュー記入で2年)

PAXCESS ポータブル電源「小型発電機 45000mAh / 167Wh」の評判・口コミ

到着後、早速満充電して先ずUSB出力からスマートフォンの充電を試しましたが異常な発熱も無く普通に充電完了。続いてAC出量よりノートPCのACアダプターを繋いで使ってみるも問題なし。
取りあえず今のところ問題なく使えてます。今後、内臓のリチウムイオンバッテリーがどのくらい寿命があるか懸念が残ります。いずれにしても非常時などに重宝しそうな逸品だと思います。

出典元:楽天市場

Seneo ポータブル電源「OD265A」

Seneo ポータブル電源OD265A

Seneo ポータブル電源

OD265A

参考価格9,998円~(2021/03/08時点)

167Whでコンパクト容量で、価格がリーズナブルで購入しやすいポータブル電源です。
形状はPAXCESS ポータブル電源「小型発電機 45000mAh / 167Wh」とかなり類似しています。

Seneo ポータブル電源「OD265A」のスペック

  • 容量:45000mAh / 167Wh
  • 出力:定格出力 150W
  • 重量:1.6kg
  • 外形寸法:幅196×奥行108×高さ126mm
  • ポート:ACポート×2(110V)、DC5.5mm×3(9~12.6V/10A)、USBポート×2(5V/3.1A)、
  • 充電方法:コンセント充電(約9~11時間)、シガ-ソケット(約10~12時間)、ソーラーパネル(約13~22時間)
  • 波形:記載なし
  • 機能:3WAY充電・3WAY出力・冷却ファン搭載
  • 保証:PSEマーク、MSDS、FCC、ROHS、1.5年保証

Seneo ポータブル電源「OD265A」の評判・口コミ

車中泊が趣味の為、購入させていただきました。
容量・出力的な観点から、消費電力の高いものは使えませんが、シングルの電気毛布と簡易USBライトぐらいなら一晩はもった為、充分です。AC出力時にはファンが回る為、とにかく静かで無いと~…という方は要注意です。

出典元:楽天市場

電池容量が大きいポータブル電源

Jackery ポータブル電源 「ポータブル電源 1000」

Jackery ポータブル電源ポータブル電源 1000

Jackery ポータブル電源

ポータブル電源 1000

参考価格134,000円~(2021/03/08時点)

こちらの商品は、人気機種のJackeryの大容量タイプ・1000Whタイプです。
災害対策として安心の1000Whで、液晶テレビ(60W)が約14時間、ノートパソコン(30W)が約12回、電気毛布(55W)が約13時間、ミニ冷蔵庫(60W)が約14時間使用できる容量があります。

Jackery ポータブル電源 「ポータブル電源 1000」のスペック

  • 容量:278400mAh / 1002Wh
  • 出力:定格出力 1000W / 瞬間最大出力 2000W
  • 重量:10.6kg
  • 外形寸法:幅332×奥行233×高さ243mm
  • ポート:ACポート×3(100V)、DCシガーソケット×1・USBポート×2(2.4A×1、3.0A×1)、USBポート/タイプC×2
  • 充電方法:コンセント充電(約7.5時間)、シガ-ソケット(約14時間)、ジェネレーター(約7.5時間)、ソーラーパネル100W(約17時間)
  • 波形:純正弦波
  • 機能:4WAY充電・4WAY出力・冷却ファン搭載
  • 保証:FCC、RoHS、PSE、UN38.3認証取得・2年保証

Jackery ポータブル電源 「ポータブル電源 1000」の評判・口コミ

届いて早速フル充電しいろんな家電をテスト。事前に知っていたものに加えて電子レンジと洗濯機が使えるのが災害時に便利そうです。長めの温め系(ポット、100Vのエアコン、IH)は動作はましたが電力はどんどん食うので、やはりカセットコンロなどに任せて使い分けしようと思います。
お風呂ですが外のコンセントをJackeryから取るとお湯はりや追い焚きができました。もしガスと水がOKなら停電中でもこれは使えます。ガスファンヒーターも同じく使えました。
1000のタイプにしておいたので少し余裕と安心感があります。

出典元:楽天市場

suaoki ポータブル電源 「G1200」

suaoki ポータブル電源G1200

suaoki ポータブル電源

G1200

参考価格89,820円~(2021/03/08時点)

こちらの商品は何といってもポータブル電源に中では特大容量!こちらの商品は1000WのAC出力ができるため、電子レンジや小型冷蔵庫などハイパワーな家電にも対応することができます。この特大容量は安心できる容量とスペックです。

suaoki ポータブル電源 「G1200」のスペック

  • 容量:332000mAh / 1200Wh
  • 出力:定格出力 1000W / 瞬間最大出力 1200W
  • 重量:12.6kg
  • 外形寸法:幅530×奥行390×高さ265mm
  • ポート:ACポート×2(100V)、DCシガーソケット×1(12V/9A)、USBポート×4(5V/3A)、タイプC-PDポート×1(45W)
  • 充電方法:コンセント充電(9時間)、ソーラー充電(10~12時間)※充電電力160W
  • 波形:正弦波
  • 機能:2WAY充電・4WAY出力・冷却ファン搭載・液晶あり
  • 保証:PSE、2年保証

suaoki ポータブル電源 「G1200」の評判・口コミ

大容量のポータブル電源を探していたところ、とてもお得に購入でき満足しております。
まだ使用してませんが、災害用にもですが、キャンプにも使用したいと思います。
ひとつ持っているととても安心です。ありがとうございました。

出典元:楽天市場

SmartTap ポータブル電源 「PowerArQ Pro」

SmartTap ポータブル電源PowerArQ Pro

SmartTap ポータブル電源

PowerArQ Pro

参考価格132,000円~(2021/03/08時点)

SmartTapの1000Whの最新ポータブル電源です。
デザイン性がよく災害に心強い1台です。通常1000W、瞬間最大2000Wの高出力に対応しているため、消費電力が高い機器や、できるだけ長時間の使用を求める方におすすめです。カラーバリエーションは、オリーブドラフ(深緑)・コヨーテタン(クリーム色)の2色です。
ポータブル電源として充電容量が大容量というポイント、製品保証も2年(公式ストア経由での購入・レビューで3年保証)で安心の1台です。

SmartTap ポータブル電源 「PowerArQ Pro」のスペック

  • 容量:1002Wh
  • 出力:定格出力 1000W / 瞬間最大出力 2000W
  • 重量:10.4kg
  • 外形寸法:幅333×奥行235×高さ273mm
  • ポート:ACポート×3(100V)、DCシガーソケット×1、USBポート×2(タイプA・5V/2.4A)、USBポート×2(タイプC)
  • 充電方法:コンセント充電(約7.5時間)・ソーラーパネル70W(約15時間)・シガーソケット(普通車12V/約15時間)
  • 波形:正弦波
  • 機能:3WAY充電・4WAY出力・冷却ファン内蔵
  • 保証:PSE認証取得・2年保証(公式ストア購入・レビューで3年保証)

SmartTap ポータブル電源「PowerArQ Pro」の評判・口コミ

パワーアーク二台目です。今回の地震で停電、一台目はライト機能と携帯の充電で活躍したが湯沸かしが出来ず。今回はMAX1000wで10分かからず湯沸かし成功!価格は結構しましたが概ね満足してます。あとは一台目同時購入のソーラーを試してみます。

出典元:楽天市場

軽い・小さいポータブル電源

iForway ポータブル電源 「iForway PS100 Plus Portable Solar Generator Set」

iForway ポータブル電源iForway PS100 Plus Portable Solar Generator Set

iForway ポータブル電源

iForway PS100 Plus Portable Solar Generator Set

参考価格32,780円~(2021/03/08時点)

iForwayの172Whで1.8kgの手軽なポータブル電源です。
持ち手も付いており、女性やお子さんでも手軽に運ぶことができるので、キャンプや屋外作業、釣りなどでも活躍できます。

iForway ポータブル電源 「iForway PS100 Plus Portable Solar Generator Set」のスペック

  • 容量:46400mAh / 172Wh
  • 出力:定格出力 120W / 瞬間最大出力 200W
  • 重量:1.8kg
  • 外形寸法:幅232×奥行90×高さ90mm
  • ポート:ACポート×1(100V)、USBポート×2(タイプA・5V/2.4A)、USBポート×1(タイプA・QC3.0)、DC5.5mm出力×1(19V/2A)
  • 充電方法:コンセント充電(時間不明)
  • 波形:純正弦波
  • 機能:コンセント充電・3WAY出力・LEDライト搭載
  • 保証:1年保証

iForway ポータブル電源 「iForway PS100 Plus Portable Solar Generator Set」の評判・口コミ

車中泊用に購入しました。取り扱う部分がすべて集中している形で、車への取り付けに適している形だと思って購入しましたが、思った通り、バッチリです。運転席と助手席の間の収納BOX後ろに、縦向きで取り付けました。運転中でも取り扱いできる場所に取り付けができて、とても便利になりました。差し込み位置も分かりやすく、見なくても取り扱いができるので、安全運転もできます。

出典元:楽天市場

EENOUR ポータブル電源 「ENNOUR P302」

EENOUR ポータブル電源EENOUR P302

EENOUR ポータブル電源

EENOUR P302

参考価格22,990円~(2021/03/08時点)

296Whの容量で手軽さがポイントの商品です。重量は3kgと女性でも持ちやすい重量になっており、屋外や車内への持ち込みも手軽にできます。
またUSBタイプCの出力・充電ができたりと、最新のPC機器などにも対応できる充実した機能も満足の1台です。

EENOUR ポータブル電源 「ENNOUR P302」のスペック

  • 容量:8000mAh / 296Wh
  • 出力:定格出力 300W / 最大出力 600W
  • 重量:3kg
  • 外形寸法:幅215×奥行150×高さ205mm
  • ポート:ACポート×4(100V)、USBポート×2(タイプA・5V/2.4A)、USBポート×1(タイプC・DC100W)、USBポート×1(タイプA・QC4.0)、DCポート×4
  • 充電方法:コンセント充電(約7~8時間)・ソーラーパネル80W奨励(約6~7時間)・シガーソケット(7~8時間)・USBタイプC(約5~6時間)
  • 波形:純正弦波
  • 機能:4WAY充電・4WAY出力・パススルー・LED照明内蔵
  • 保証:PSE認証取得・1年保証(商品レビュー記入で+2年延長)

EENOUR ポータブル電源 「ENNOUR P302」の評判・口コミ

前々から欲しいなーとは思っていたが安価ではなく、躊躇していたが、今回のクーポン利用と孫が生まれたのを機に購入しました。災害用と自身キャンプ用が目的であり到着後の充電値ば8割程度、満タンまで1時間以上かかりました。LEDライトが明るく調整も可能でありキャンプにはモッテコイです。良い買い物が出来ました。

出典元:楽天市場

LACITA ポータブル電源 「ENERBOX-01・CITAEB-01」

LACITA ポータブル電源ENERBOX-01・CITAEB-01

LACITA ポータブル電源

ENERBOX-01・CITAEB-01

参考価格44,850円~(2021/03/08時点)

LACITAのポータブル電源で容量は444Wh、同等容量のポータブル電源の中では軽量に設計された商品です。
重量は5kgで、持ち手は重さをあまり感じさせないFITグリップにより、持ちやすさも考えられています。

LACITA ポータブル電源 「ENERBOX-01・CITAEB-01」のスペック

  • 容量:120000mAh / 444Wh
  • 出力:定格出力 400W / 最大出力 600W
  • 重量:5kg
  • 外形寸法:幅303×奥行134×高さ184mm
  • ポート:ACポート×3(100V)、USBポート×3(タイプA・5V/2.4A)
  • 充電方法:コンセント充電(約7時間)・ソーラーパネル80W~100W奨励(80W使用時推定約6時間)・シガーソケット(時間不明)
  • 波形:純正弦波
  • 機能:3WAY充電・3WAY出力・パススルー
  • 保証:PSE認証取得・1年保証(商品レビュー記入で+2年延長)

LACITA ポータブル電源 「ENERBOX-01・CITAEB-01」の評判・口コミ

この製品の特長や性能に関してはWEBサイトで確認し、他とは異なる三元系リチウムポリマー電池の使用による充電効率や安全性の高さに加え、実際に公共施設や福祉施設で利用されているという情報もあったことから購入候補の上位と考えていました。そのような中、とある家電量販店に立ち寄った際にいくつか展示されていたポータブル電源の中にこの製品があり、他社製品と現物比較ができました。その結果・・・、そのサイズ感と重量感、見た目のシンプルさ等から購入する決断ができました。

出典元:楽天市場

太陽光パネルで充電できるポータブル電源

SmartTap ポータブル電源 「PowerArQ2」

SmartTap ポータブル電源PowerArQ2

SmartTap ポータブル電源

PowerArQ2

参考価格59,800円~(2021/03/08時点)

SmartTapの500Whの最新ポータブル電源です。
キャンプや普段使いでもデザイン性がよく、家電製品というよりもむしろアウトドア製品のような風貌です。カラーバリエーションも、ジェットブラック・オリーブドラフ(深緑)・コヨーテタン(クリーム色)・レッド・スノーホワイト・チャコール(藍色)の6色あります。
そして、性能面でも万能な1台です。
充電容量などの基本機能に加えて、パススルー(本体に充電しながら給電する)機能や、520ルーメンのLED照明内蔵、スマートフォンのワイヤレス充電に対応、製品保証も2年(公式ストア経由での購入・レビューで3年保証)などおすすめの1台です。

SmartTap ポータブル電源 「PowerArQ2」のスペック

  • 容量:45000mAh / 500Wh
  • 出力:定格出力 300W / 瞬間最大出力 450W
  • 重量:6.2kg
  • 外形寸法:幅260×奥行191×高さ195mm
  • ポート:ACポート×2(100V)、DCシガーソケット×1、DC5.5mm×2、USBポート×4(タイプA)、USBポート×1(タイプC)、ワイヤレスチャージ×1
  • 充電方法:コンセント充電(約6~7時間)・ソーラーパネル120W(約6~7時間)・シガーソケット
  • 波形:正弦波
  • 機能:2WAY充電・6WAY出力・冷却ファン内蔵
  • 保証:FCC、RoHS、PSE、UN38.3認証取得・2年保証(公式ストア購入・レビューで3年保証)

SmartTap ポータブル電源 「PowerArQ2」の評判・口コミ

キャンプ用にモバイルバッテリーを探していました。
電気毛布を2日間程度利用できる容量があり、AC電源二口の物を探していたので、ジャストでした!
しかも四角いので収納しやすくて、見た目がかわいい!
キャンプで使うのが楽しみです。

出典元:楽天市場

Jackery ポータブル電源 「ポータブル電源 240」

Jackery ポータブル電源ポータブル電源 240

Jackery ポータブル電源

ポータブル電源 240

参考価格19,800円~(2021/03/08時点)

こちらの商品は、上記で紹介したJackeryポータブル電源 700の約3分の1程度の容量である240Whで、コストを最重視しつつも最低限の災害対策はしたい、と思われる方に丁度いい商品になっています。
使用できる機器と時間の目安は、スマートフォンの充電が約24回分、ノートパソコンが約3回分、テレビが約3時間、5WのLED照明が21時間、となっています。

Jackery ポータブル電源 「ポータブル電源 240」のスペック

  • 容量:67200mAh / 240Wh
  • 出力:定格出力 200W / 瞬間最大出力 400W
  • 重量:3.2kg
  • 外形寸法:幅230×奥行133×高さ167mm
  • ポート:ACポート×1(100V)、DCシガーソケット×1、USBポート×2(5V/2.4A)
  • 充電方法:コンセント充電(約6.5時間)、シガ-ソケット(約6.5時間)、ソーラーパネル60W(約7時間)
  • 波形:純正弦波
  • 機能:3WAY充電・4WAY出力・冷却ファン搭載
  • 保証:FCC、RoHS、PSE、UN38.3認証取得・2年保証

Jackery ポータブル電源 「ポータブル電源 240」の評判・口コミ

主にアウトドア用に購入しました。キャンプでの電気毛布や冷蔵庫などで利用したいと思っています。購入した翌日には届き、梱包もしっかりしていると思います。
持った印象としてはすごくコンパクトで軽量なため車への持ち運びも問題ないと思いました。
33%ほど充電されていてまたので試しにスマホの充電を試すことができました。災害時の予備電源としても利用できると思いますので、定期的に充電していざということきでも利用できるようしておこうと思います。

出典元:楽天市場

多機能なポータブル電源

【防水】LACITA ポータブル電源 「ENERBOX-SP・CITAEB01-SP」

LACITA ポータブル電源ENERBOX-SP・CITAEB01-SP

LACITA ポータブル電源

ENERBOX-SP・CITAEB01-SP

参考価格72,800円~(2021/03/08時点)

上記で紹介したLACITA ポータブル電源 「ENERBOX-01・CITAEB-01」の防水仕様の商品です。
IP44という防水規格になっており、「防沫レベル」の防水機能があります。「防沫レベル」はいかなる方向からの水しぶきでも有害な影響を受けない」というレベルです。

なお、電池容量などは「ENERBOX-01・CITAEB-01」と同じ仕様になっています。

LACITA ポータブル電源 「ENERBOX-SP・CITAEB01-SP」のスペック

  • 容量:120000mAh / 444Wh
  • 出力:定格出力 400W / 最大出力 600W
  • 重量:5kg
  • 外形寸法:幅303×奥行134×高さ184mm
  • ポート:ACポート×3(100V)、USBポート×3(タイプA・5V/2.4A)
  • 充電方法:コンセント充電(約7時間)・ソーラーパネル80W~100W奨励(80W使用時推定約6時間)・シガーソケット
  • 波形:純正弦波
  • 機能:3WAY充電・3WAY出力・パススルー
  • 保証:PSE認証取得・1年保証(商品レビュー記入で+2年延長)

LACITA ポータブル電源 「ENERBOX-SP・CITAEB01-SP」の評判・口コミ

注文からすぐ届きました。趣味のアウトドアでポータブル電源というものを持っている人を見かけることが増えていて、気になって調べていき購入に至ったのがこの商品。
知人からも聞いていた点で、表記容量と実際に使える容量は違うというところを重視した。それに加えて防沫という水に強いモデルというのも決め手となった。
実際にアウトドアユーザーとしては水滴など、かなり身近な存在なので非常に助かる仕様。
ソーラーパネルやシガーから充電できるオプションもあり、これから夏のシーズンに迎え購入を検討したい。

出典元:楽天市場

【BluetoothスピーカーとLEDランタン同時搭載】ポタデン ポータブル電源「ポタデン」

ポタデン ポータブル電源ポタデン

ポタデン ポータブル電源

ポタデン

参考価格24,800円~(2021/03/08時点)

こちらの商品は「キャンパーが初心者にオススメするポータブル電源」、「キャンパーが選ぶポータブル電源」、「キャンパーが2019年注目するアウトドア商品」こちらの3部門で第1位に選ばれました。蓄電池業界初のBluetoothスピーカーとLEDランタン同時搭載ということもあり、キャンプにはもってこいの商品ですが、容量も中規模の大きさがあるので災害向けとしても活躍できそうです。

ポタデン ポータブル電源「ポタデン」のスペック

  • 容量:124800mAh / 462Wh
  • 出力:定格出力 300W / 最大出力 600W
  • 重量:5kg
  • 外形寸法:幅290×奥行155×高さ190mm
  • ポート:ACコンセント×2(100V~120V、正弦波)  USB×3(QC3.0×1、急速2.4A×2) 、USB Type-C ×1、DCシガーソケット×1(9~12.6V / MAX10-15A) 、DC outputx4
  • 充電方法:ACアダプタ充電(約7時間)、シガーソケットコード充電(約10時間)、 ソーラーチャージャー150W充電(約12時間)
  • 波形:正弦波
  • 機能:5WAY出力・3WAY入力・液晶モニター・充電状態監視制御・LEDランタン・Bluetooth 4.0 スピーカー
  • 保証:PSE認証取得・3年保証

ポタデン ポータブル電源「ポタデン」の評判・口コミ

大容量で助かってます。車に積んでおけばどこに行くにも安心。
多機能かつコスパも良く、数ある他社の商品と比べても優れていると思います。

出典元:楽天市場

【コンパクト・パススルー】Anker ポータブル電源 「Anker PowerHouse 200」

Anker ポータブル電源Anker PowerHouse 200

Anker ポータブル電源

Anker PowerHouse 200

参考価格25,330円~(2021/03/08時点)

こちらの商品は充電しながら、別の接続機器へも同時に充電をする「パススルー充電」が可能です。充電中は使えないというジレンマがなく、お値段も手軽なためアウトドアや、最低限の災害対策として小規模ポータブル電池ではおすすめの1つです。
※USB-AおよびCポート経由でのパススルー充電はできません。

Anker ポータブル電源 「Anker PowerHouse 200」のスペック

  • 容量:57600mAh / 213Wh
  • 出力:定格出力 100W
  • 重量:2.7kg
  • 外形寸法:幅190×奥行138×高さ118mm
  • ポート:ACポート×1(110V)、DCシガーソケット×1(12V/10A)、USB-A×2・USB-C×1(5V /3A)
  • 充電方法:ACアダプター・カーチャージャー・USB急速充電器 ※時間不明
  • 波形:正弦波
  • 機能:4WAY出力・3WAY入力・液晶モニター
  • 保証:PSE認証取得・1.5年保証

Anker ポータブル電源 「Anker PowerHouse 200」の評判・口コミ

持ち運びがしやすいこと、DCサーキュレーターが一晩は使用できることを目的に購入しました。非常に軽量で、サーキュレーターも中の風量なら二晩はもちそうで、満足しています。

出典元:楽天市場